まぶたのくぼみ

目の下にくぼみが…気になる目のくぼみにはアイクリームがおすすめ

目のくぼみは改善することができる

Asian man insomnia, with big eyes bag, on plain background

加齢とともに顔つきが変わることは珍しくないが、徐々に目の下がくぼんでくる人も中にはいる。
目のくぼみは老け顔の原因の一つで、人によっては年齢以上に見られてしまうこともある。
美容にとっての大敵といってもよいが、改善は難しいと思っている人も少なくはないだろう。

確かに目のくぼみをそのまま放置したとしても、自然に改善されることはまずない。
むしろ悪化するパターンのほうが多いといえるだろう。

しかし、何も対策をしなかった場合の話である。
しっかりと対策をすれば、目のくぼみを改善することは難しくないのだ。

問題はどのような対策を取るかだが、アイクリームを利用すれば簡単にケアできる。
どんな対策を取ればいいか分からない場合は、まずアイクリームを試してみるとよい。

そもそもアイクリームは、目のさまざまな悩みにアプローチするためのスキンケア用品だ。
例えば目元のシワ予防に特化したクリームもあるし、シミやクマを改善したり、美白効果があったりする製品も存在する。

このようにバリエーション豊富なアイクリームだが、目のくぼみを改善するための製品もあるのだ。
逆に言えば、目のくぼみの改善効果がない製品を選んでもまったく意味がない。
これからアイクリームを購入する人は、しっかりと確認してから選んでほしい。

いずれにせよ、アイクリームは手軽な目のくぼみのケア手段といえる。
他にもさまざまな対策はあるが、くぼみが気になり始めた人は、アイクリームから始めてみてはいかがだろうか。

アイクリームがおすすめの理由

ただ、どうしてアイクリームは目のくぼみ対策に最適なのかと、疑問が浮かぶ人も中にはいるだろう。
目のくぼみは整形や生活習慣の見直しなど、他にも改善する方法は色々あるし、費用をかけずに取り組めるものだってある。

そう考えるとアイクリームは候補に入らないかもしれないが、実はおすすめできる理由は多いのだ。
以下ではアイクリームをおすすめする理由を7つ挙げるが、一つでも当てはまるものがあれば検討してみてほしい。

いつでも始められる

アイクリームは後述するネット通販を利用すれば、いつでもすぐに購入することが可能だ。
このため、いつでも好きなタイミングで始められる点が魅力といえるだろう。
これがアイクリームをおすすめする理由であり、目のくぼみ対策にピッタリなのだ。

好きな時に始められるメリットは大きいといえよう。
例えば今日アイクリームを注文すれば、数日後には目のくぼみ対策が始められる。
先に他の方法を試し、効果が実感できなかったら試してみるのもいいだろう。

いずれにしても、自分の好きなタイミングで始められるのは魅力といえる。
これはアイクリームに限った話でもないが、買うだけで取り組める点は他に代えがたい。

なお、アイクリームなら外出先でも使うことができる。
スティックタイプやチューブタイプの製品があるが、どちらもコンパクトで持ち運びやすい。
バックに入れておけば、旅行中や出張中でも目のくぼみ対策が可能だ。

目のくぼみに合わせた製品もある

上記で触れたとおり、一口にアイクリームといっても非常に多くの製品がある。
目の悩みごとに特化した製品が多いが、もちろん目のくぼみ専用のアイクリームも販売されているのだ。
購入方法や価格などについては後述するが、目のくぼみをピンポイントでケアできるのがメリットだろう。

もちろん目のくぼみに合ったアイクリームを選ばなくてはいけないが、さまざまな製品から選ぶことができる。
いくつか購入して、使い分けてみるのもよいだろう。
肌との相性はもちろん、効果をチェックしながら選べる点もアイクリームがおすすめできる理由だ。

毎日続けやすい

目のくぼみケアは継続しなくては意味がないが、中には続けづらい方法もある。
最初のうちは頑張ろうと思っていても、面倒になってしまったり、飽きてしまったりするだろう。
このため、目のくぼみ対策は継続性も考慮しなくてはいけない。

その点アイクリームは毎日続けやすい点が強みだ。
1日1~2回好きなタイミングで塗るだけでいいので、習慣化もしやすいだろう。
この点は他の対策方法と比べても魅力的ではないだろうか。

アイクリームは塗り方も簡単で、くぼんだ部分へ塗り込むだけでよい。
塗るのに必要な時間も2~3分程度で済むため、朝のように忙しい時間帯でも難なくケアできるだろう。

ネット通販で購入できる

アイクリームをどこで買えるのか分からない人もいると思うが、実はネット通販を使えば簡単に買うことができる。
なお、アイクリームそのものはドラッグストアやコスメショップでも売られているが、目のくぼみ対策に作られているとは限らない。
そのため、ネット通販のほうが確実に購入できるだろう。
ネット通販を利用すれば、自宅にいながらアイクリームを買えるのが魅力だ。

製品によっては定期コースもあるため、単品購入より出費を抑えられる可能性もある。
一概にはいえないが、単品より1・2割程度は安く買えるだろう。
1年間に換算すると大きな節約になるため、アイクリームを買う時は定期購入も検討してほしい。

1ヶ月数千円と非常に安い

アイクリームは価格が高い、と感じている人も少なくないだろう。
確かに価格が割高な製品も中にはあるが、基本的に1ヶ月あたり数千円ほどで済む。
一般的なスキンケア用品とほぼ同じため、出費もさほど気にはならないだろう。

仮に1ヶ月5,000円のアイクリームの場合、1日あたりの費用は約167円だ。
1年間で6万円ほどの出費になるが、美容整形に比べると非常に手頃だし、定期コースなどの割引を活用すれば出費は抑えられる。

他にも、キャンペーンやポイント還元なども利用すれば、更にお買い得になるだろう。
もちろん5,000円以下の製品もあるので、予算に合わせて選ぶのもおすすめだ。

お試し商品を使えば比較しながら選べる

スキンケア用品は試してから選びたい、比較して買いたいという人も少なくはないだろう。
確かに肌に合わない場合も考えられるし、人によっては痒みや発疹などの症状が出てしまう可能性もある。
これはアイクリームも同様だが、お試し商品を使えば簡単に比較できるだろう。

アイクリームのお試し商品は非常に安く、気軽に購入できるのが魅力だ。
もちろん製品によりけりだが、出費を抑えながら複数のアイクリームを使うことが可能になる。
いくつかの製品を購入して、それぞれ使い分けてみるとよいだろう。

ただし、一度に複数のアイクリームを使うのはおすすめできない。
完全に使い切ってから新しい製品を試すようにしてほしい。

人によっては数週間で効果が現れる

アイクリームは医薬品とは違うため、必ずしも効果が出るとは限らない。
できれば2~3ヶ月間は使い続けてみるべきだろう。

しかし、人によっては数週間で効果が実感できることもある。
製品との相性もあるが、もし数週間で効果が出たらそのまま使い続けてみよう。

ちなみに他の方法だと2~3ヶ月でも効果が出ないことも多い。
そう考えると、最短数週間で効果を実感できる可能性があるアイクリームは魅力的だろう。

なお、アイクリームはマッサージしながら塗るのがおすすめだ。
肌に成分を浸透させるようにすれば、さらに効果が期待できる。

まとめ

目のくぼみは放置しても改善されることがない一方、老け顔の大きな原因となる。
ただ、対策方法はたくさんあるので、日頃からケアしてあげるとよいだろう。

アイクリームは気軽に始められるケア手段で、購入すればいつでもすぐに始められる。
価格も決して高くはないため、ぜひ始めてみてはいかがだろうか。

目のくぼみを美容整形で改善するメリットとデメリット

目のくぼみは美容整形で改善できる

目のくぼみは加齢や皮下脂肪の減少など、さまざまな原因がある。
改善方法もいくつかあるものの、生活習慣を改善したりアイマッサージをしたりするだけでは少々頼りない。
いずれも時間がかかるどころか、改善されるか分からない方法もあるからだ。

時間をかけて改善するならアイクリームが最適だが、すぐ改善したいと考えている人も多いだろう。
中にはそんなことは無理だと考えている人もいると思うが、美容整形ならすぐに目のくぼみを改善できる。

プチ整形を始め、美容整形はもはや一般的なものといえるだろう。
その多くは顔の整形を目的としているが、目のくぼみを改善・解消するために施術を受ける人もいる。
手軽に受けられるので、人によっては最適な方法となるだろう。

ただし、メリットとデメリットを理解したうえで検討してほしい。
もし整形に不安を持っている人は、先にアイクリームを試したほうがいいだろう。

美容整形するメリット・デメリット

まず美容整形で目のくぼみを改善するメリットだが、主に4つが挙げられる。
以下に魅力を感じたら、前向きに検討してみてもいいだろう。

簡単に目のくぼみを改善できる

美容整形の最大のメリットともいえるのが、簡単に目のくぼみを改善できる点だ。
例えばアイクリームを使う場合、少なくとも数週間は使い続けなくてはいけない。
毎日使う必要があるので、少々面倒に感じる人もいるだろう。
アイクリームを塗り忘れてしまう場合も考えられるため、習慣化することも重要だ。

一方の美容整形は、基本的に自分が行うことは何も無い。
目のくぼみの施術を行っている美容整形クリニックを探し、予約する程度だろう。
自らは何も対策をしなくていいし、事前の準備もほぼ不要だ。

目のくぼみ改善する手段は多いが、美容整形が一番お手軽といえる。
ただし、後述するように施術回数や仕上がりには注意したほうがいい。

施術後すぐに効果を実感できる

目のくぼみを改善するとはいっても、効果を実感できなければ意味がないだろう。
そういう点では生活習慣の改善や、目のマッサージのような手段は効果を実感しづらいし、判断できるまでには時間を要するのが欠点だ。
できれば短期間で効果を得たい、実感したいと考える人は多いが、こうした手段は不向きとなる。

しかし、美容整形に限ってはすぐに効果を実感できる。
施術後は即座に目のくぼみが改善ないし緩和されるため、すぐ実感したい人にとっては大きなメリットといえよう。
もちろんどのような方法を選ぶかにもよるが、文字通り”目に見えて”効果を体感できるのは美容整形ならではだ。
なんとしてでも改善したい人は、美容整形を検討する価値があるだろう。

自分に合った方法を選べる

一口に美容整形とはいっても、実にさまざまな方法がある。
目のくぼみの治療に限った場合、ヒアルロン酸や脂肪の注入、まぶたの切開などの方法が存在する。
それぞれの方法にはリスクこそあるが、自分に合ったものを選択できるのは魅力だ。

例えば費用を少しでも抑えたいなら、ヒアルロン酸の注入が候補に入る。
確実に治療したいのであれば、まぶたを切開してくぼみを改善する方法も検討するべきだろう。
このように自分好みの施術方法を選べるが、クリニックに予算などの希望を伝えたり、相談したりして決めるのもいい。

ただし、いずれの方法にもデメリットやリスクがある点には気を付けてほしい。
後でトラブルにならないよう、慎重に選んだほうがいいだろう。

ヒアルロン酸注入はリスクが少ない

美容整形はリスクなどがあると述べたが、ヒアルロン酸注入はリスクが少ない方法だ。
例えば似た成分としてコラーゲンが挙げられるが、アレルギー反応が出てしまう人もいる。
一方のヒアルロン酸は元々人の体内でも生成されるため、アレルギーテストを実施する必要がない。
また、無色透明であることから注入後に肌の色が変わらず、自然な状態を保てるのも特徴だ。
目のくぼみを改善するには他の方法もあるが、ヒアルロン酸注射はリスクが少ないため、迷ったら一度試してみるのもいいだろう。

美容整形で目のくぼみを改善するメリットは多い。
ところが、メリットばかりとはいかず、美容整形特有のデメリットも少なくはない。
特に以下で挙げる4点は注意したほうがいいだろう。

費用が高い

特に気を付けておきたいのが費用だ。
美容整形は基本的に保険が使えないうえ、クリニックによって具体的な料金が異なる。
もちろん相場もあるにはあるが、当てにならない場合も珍しくはない。
どのような施術を受けるにせよ、最低でも数万円の出費は覚悟したほうがいいだろう。
それ以上の費用がかかることもあるため、予算には余裕を持っておくか、ローンの利用も検討するべきだ。

一方、アイクリームは1本あたり数千円台で購入できる。
1本で約1ヶ月使えることを考えると、コストパフォーマンスは非常によい。
仮に5千円のアイクリームを1年間使うと6万円の出費になるが、美容整形よりは安く済むだろう。
費用をかけたくない人にはアイクリームが最適だ。

数回施術を受ける必要がある

ヒアルロン酸や脂肪を注入する方法は、数ヶ月で効果が失われてしまうこともある。
注入したばかりの頃は何ら問題はないが、時間が経つにつれて吸収され、再び注入が必要になるのだ。
このため、数回は施術を受けることを覚えておいてほしい。

なぜ数回も施術が必要になるのだろうか?
その理由はヒアルロン酸・脂肪それぞれの特徴が関わっている。

ヒアルロン酸は元々体内に存在する成分で、注入したものが時間をかけて吸収されていく。
一概にはいえないが、数ヶ月で全て注入されてしまうのだ。

脂肪は生着率というものがあり、主に注入した量の3~5割ほどが目のくぼみ付近に吸着する。
ところが、残りの半分以上は体に吸収されてしまうため、時間が経つと再びくぼみ始めてしまう。
このような理由があるため、ヒアルロン酸・脂肪とも数回は施術を受ける羽目になるのだ。

仕上がりに差が出てしまう

美容整形は仕上がりが重要だが、施術の担当者の力量に左右される面が大きい。
目のくぼみも同様で、下手な担当者が施術すると仕上がりが不自然になったり、余計目立ったりする可能性が出てくる。
必ずしも想定通りとはいかないので、それなりの覚悟はしておいたほうがいい。

少しでもリスクを抑えるなら、クリニックを選ぶ際に実績と評判をチェックしよう。
実績が少ないか、評判が思わしくないところは避けたほうがいい。

切開する方法はデメリットが多い

まぶたの周辺を切開して目のくぼみを改善する方法もある。
効果が持続するのでヒアルロン酸注入などより確実といえるが、実はデメリットが多いのだ。

特に修正が難しい点が欠点である。
もし仕上がりが不自然になっても、それをリカバリーするのは決して容易ではない。
それに2~3ヶ月は傷跡が残るので、その間は跡を隠すなどの工夫も必要だろう。

ダウンタイムが長いこともデメリットだろう。
抜糸するまではメイクができないし、1~2週間は傷口が腫れたり内出血したりする。
もし切開するなら、こうしたデメリットを受け入れたうえで施術を決断するべきだろう。

まとめ

美容整形によって目のくぼみを改善することは可能だ。
しかしメリットやデメリットがあるので、それらを総合的に考えて判断してもらいたい。

判断に迷った時は、一度アイクリームを試してみるのもおすすめだ。
出費を抑えられるうえ、美容整形のようなリスクもない。
効果が出るまでに時間はかかるが、手軽にくぼみをケアした人は検討してみてほしい。

アイクリームを目のくぼみ対策に使う時に押さえておきたいポイント

目のくぼみの対策を対策する手段はさまざま

美容に気を使っている人は多いと思うが、目のくぼみは解決が難しい大敵の一つだろう。
主な原因は加齢であるものの、人によっては生活習慣や筋肉の衰えのように、一見気が付きにくいものもある。
いずれにしても、くぼんだ部分を何とかしたい・少しでも改善したいと考えることに変わりはないだろう。

実は目のくぼみを改善するための手段は非常に多い。
例えばマッサージやトレーニングで改善できる場合もあるし、ヒアルロン酸の注入など外科的手段で対策することもできる。
だが、いずれも時間や労力がかかるので、気軽にできるとは言い難いのが実情だ。

どうすれば改善できるか悩むかもしれないが、費用や手間を考えるとアイクリームが適しているだろう。
アイクリームは目のくぼみの対策に最適な選択肢で、人によっては短期間で改善効果が期待できる。

だが、アイクリームといっても完全にくぼみを改善できる保証はない。
これから使うのであれば、以下で紹介するポイントをしっかりと押さえておいてほしい。

アイクリームを使うときに心がけたいポイント

それでは、アイクリームはどのようにして使えばよいのだろうか。
もっとも悩むべき点だが、以下で解説する7つのポイントはしっかりと心がけておいてほしい。
そうすることでアイクリームの効果が高まったり、短期間で改善される可能性もある。

毎日決められた回数を使う

まず押さえておきたいのが、毎日決められた回数をしっかり使用することだ。
アイクリームは毎日コツコツと使わないと効果が出ないため、これは習慣化しておきたいところである。
2日おき・数日おきのように、期間を空けてしまうことだけは絶対に避けてもらいたい。
このため、アイクリームを毎日使うことは大前提といっても過言ではない。

なお、使用回数は1日あたり1~2回が一般的だ。
どのアイクリームも同じとは限らないが、基本的に使う回数は少なくて済む。
忙しい人でも続けやすいのではないだろうか。

問題は使用するタイミングだが、習慣化しやすいタイミングで問題ない。
例えば朝起きた時でもいいし、就寝前に使用するのもよいだろう。
これについては人それぞれのタイミングだ。

しっかり塗り込む(奥まで浸透させる)

アイクリームはスティックタイプの製品とクリームタイプの製品がある。
いずれも塗りやすいことに違いはないが、しっかりと目のくぼみの奥まで浸透させることが重要だ。
適当に塗っただけではくぼみの奥まで届かず、せっかくの効果が台無しになってしまう可能性がある。

特にクリームタイプの場合、奥まで塗り込むことを意識しよう。
表面にさっと塗るだけでは浸透しない可能性が高い。
ただし、製品によっては浸透しやすい成分を配合しているので、さほど神経質にならなくてよいだろう。

一方のスティックタイプだが、目のくぼみの表面を撫でるように塗り込むとよい。
クリームタイプよりも塗りやすいため、奥まで浸透させやすいだろう。
こちらも成分次第では強く塗り込む必要性は低くなる。

他のアイクリームとの併用は避ける

アイクリームを数種類使えば効果も高まるのでは?…そんな考えが浮かぶ人も少なくはないだろう。
確かに効果が高まるように思えるかもしれないが、実は決して良い方法とはいえない。

アイクリームは、単体でもさまざまな成分が配合されており、目のくぼみケアに必要な成分が補給できる。
しかし、他の製品も同じような成分が使われていることも多く、結局は重複してしまうだけなのだ。
肌への影響が及ぶ可能性も高まるので、アイクリームは単体で使ったほうがよい。

また、どのアイクリームがもっとも効果があるか判断しづらくなる。
複数の製品を併用するとこうした弊害が起こるので、単体で使うことをおすすめしたい。
もし何種類か使ってみたい場合、2週間のように期間を決め、その間は一つの製品だけ使い続けるのがよいだろう。

他のケア方法も合わせて実践する

アイクリームは目のくぼみを手軽にケアできる手段だ。
くぼみに塗るだけで済むため、時間も取らないし手間もかからない。
だが、くぼみの状態によってはアイクリーム以外のケアも必要になるだろう。

もちろんアイクリームだけでも十分ケアは可能だ。
しかし、他の方法と組み合わせることで、さらに改善されることもある。
ぜひアイクリームと合わせ、他の方法も実践してはいかがだろうか。

例えばマッサージや目の周辺にある筋肉のトレーニングは比較的簡単に行える。
いつでもできるし、時間も1回あたり数分程度と手軽だ。

ただし、これらの方法も取り入れる時は毎日欠かさず行うこと。
この点はアイクリームと同じだが、目のくぼみのケアはコツコツと続けることが大切だ。

原因のチェックと改善も行う

アイクリームを使うことで目のくぼみをケアできるが、くぼみの原因も改善する必要がある。
むしろ原因を改善しないとくぼみも緩和されないし、アイクリームの効果が落ちてしまう可能性があるからだ。

目のくぼみの主な原因だが、筋肉の衰えや加齢のほか、血行不良も考えられる。
他にも眼精疲労がくぼみの原因になることもあるが、改善は必須といえるだろう。

改善策としては、上で触れたトレーニングやマッサージのほか、生活習慣や食事の改善もある。
特に生活習慣は重要で、例えば睡眠不足やストレスから血行不良が起き、目のくぼみを悪化させる場合もあるのだ。
生活習慣の乱れを感じている人は、一度見直してみるのがいいかもしれない。

食事も重要で、偏食は美容にも健康にもよろしくない。
こちらも生活習慣と合わせ、一度見直してみるとよいだろう。

最低でも1カ月間は続ける

アイクリームの中には、目のくぼみケアに特化した製品もある。
しかしすぐに効果が出るものではないので、しばらくは使い続けなければ意味がない。
前述のとおり毎日コツコツ続けることが重要だが、最低でも1カ月間は続けたほうがいいだろう。

複数の製品を試す場合は2週間ほど様子を見るのがいい。
一方、1つのアイクリームを続けるのであれば、1ヶ月程度は様子を見てほしい。
どの製品が自分に合っているかはすぐ判断できないうえ、使い続けても効果が実感できない場合もある。

だが、製品によっては数週間で違いが出てくることもあるだろう。
もし改善効果を感じた時は、1本使い切るまで続けることをおすすめする。

続けやすい価格の製品を購入する

一口にアイクリームといっても多数の製品がある。
配合成分や添加物はもちろん、価格もバラバラだ。
いわゆるプチプラもあれば、1万円を超えるような高級品も存在する。
どれを選ぶか迷うところだが、基本的に続けやすい価格のものがおすすめだ。

アイクリームは長く使い続けなければ意味がない。
しかし、価格が高いと財布へのダメージが大きくなるし、続けにくくなるだろう。
いずれにしても、アイクリームを選ぶ際は予算を立てるか、本体価格を確認してから買うべきだ。

なお、製品によっては初回のみお試し価格で購入できたり、定期購入で割引されたりする。
単体で買うよりも安くなるので、まずはお試し品を購入してみるといいだろう。
そして効果が実感できたら、定期購入を選ぶとお得に買うことができる。

まとめ

目のくぼみは老け顔の原因になるため、日頃からケアをしたいところだ。
アイクリームは簡単にケアできるので、迷ったら一度試してみるとよいだろう。

ただし、使う時には心得ておきたいポイントがある。
特に上記で触れた点については心にとどめておいてほしい。

目のくぼみを改善するならアイクリームがおすすめの理由

目のくぼみはアイクリームでケアできる

目のくぼみで悩んでいる人も多いのではないだろうか。
気づいたらまぶたの周囲がくぼんでいたり、顔が老けて見られるようになったこともあると思う。
ただ、私生活に影響が及ぶことはないため、何もせず放置してもいっさい問題はない。
気にならないのであれば、そのままにしておいてもいいだろう。

しかし、美容面においては良いことはない。
目の下にクマがあると勘違いされてしまうし、何より老け顔に見られてしまうのはネックだろう。
それに実際の年齢より上に見られて喜ぶ人はほぼいないはずだが、目のくぼみは老け顔の大きな原因となる。
このため、気になる人はアイクリームを使ってケアすることが望ましい。

目のくぼみはアイクリームを使えば簡単にケアできる。
他にもさまざまなケア方法があるものの、毎日行うには大変な方法も少なくはない。
一方、アイクリームは非常に簡単にできるため、もっともおすすめのケア方法だ。

アイクリームをおすすめする理由

だが、どうしてアイクリームが目のくぼみに最適なのかと疑問が浮かぶだろう。
確かに他の方法でもケアはできるが、以下のような理由からアイクリームが最適なのだ。

時間がかからない

目のくぼみケアにアイクリームが最適な一番の理由は、やはり時間がかからない点だろう。
他のケア方法に比べても手軽さに優れているのが大きなメリットだ。

例えば食生活を改善したり、目の筋肉を鍛えたりすることでくぼみを改善できる場合がある。
しかし、こうした方法はすぐに実践するのは難しいし、手間がかかるのがネックになる。
それをずっと続けるとなると、途中で嫌になってしまうだろう。

アイクリームの場合、途中で嫌になることはめったにないといえる。
何よりも塗るだけで済むので、時間を取られることがないのは魅力といえるだろう。

アイクリームを塗るのに必要な時間は1・2分程度だ。
忙しい朝でも時間を取られないし、就寝前もすぐ塗ることができる。

1日1~2回塗るだけでケアできる

アイクリームを塗る回数は1日あたり1~2回程度で問題ない。
ケアの手間がほとんどかからないので、他の方法と比べても非常に楽ではないだろうか。

1日1~2回というと塗るのを忘れてしまいがちだが、就寝前と起床時など、塗りやすいタイミングを決めておけば大丈夫だ。
毎日塗る必要はあるが、負担にはならない回数だし、習慣化もしやすいだろう。

これは他の方法だった場合、毎日続けることは負担になりがちである。
例えば毎日何分も眼球周辺の筋肉を鍛えたり、アイマッサージをしたりするのは大変だろう。
これらは目のくぼみのケアに最適な方法だが、面倒なために途中で止めてしまうケースも少なくないと考えられる。

アイクリームなら1日1~2回と手間がかからず、続けやすいのが大きなメリットだ。
目のくぼみは時間をかけて改善する必要があるため、続けやすさはもっとも重要な点でもある。

より効果を高めたいなら、他の方法と組み合わせてもいいだろう。
手間は増えてしまうが、目のくぼみをしっかり改善したい人は検討してみてほしい。

どこへでも持ち運べる

持ち運びやすい点もアイクリームをおすすめしたい理由だ。
アイクリームはスティックタイプや、コンパクトな容器に入れられているものは多い。
まずかさばることがないし、どこへ行く時にでも簡単に持ち運ぶことができる。

バッグへ入れておけば、外出先はもちろん、旅行や出張など宿泊を伴う場合にも出先で使えるのだ。
毎日使うことを考えると、コンパクトなサイズはアイクリームのメリットといえる。

その反面、紛失しやすいことには注意してほしい。
後述するように、アイクリームは単体でも安いとはいえ、紛失すると全部無駄になってしまう。
再購入するまで使えない期間ができるので、外出時は置き忘れないように気をつけるべきだ。

自宅で使う場合、置き場所を固定しておけば紛失のリスクは防げる。
鏡で見ながら使うことを考えると、洗面所に置いておくのが望ましいだろう。

出費が少なくて済む

アイクリームと聞いて、価格が高いイメージを持っている人も多いではないだろうか。
確かに1本1万円を超える製品も中にはあるが、ほとんどの商品は1本数千円程度で買うことができる。
目のくぼみをケアする製品は他にもあるものの、比較的少ない出費で済むのが強みだ。

どのアイクリームを買うかによるが、1本で30日程度使えることを考えた場合、コスパは非常によい。
1日数十円・100円程度でケアできるため、出費が気になる人や少しでも抑えたい人でも始めやすいだろう。

なお、アイクリームも人により相性があるので、まずは1ヶ月ほど試してみるのがよい。
もし肌に合わなかったり効果が実感できなかった時は、今度は他の製品を試してみるのがおすすめだ。
製品によっては初回のみ安く買えるため、自分に合った製品を見つけよう。

通販で簡単に買うことができる

アイクリームをどうやって買うか分からない人もいると思う。
アイクリーム自体はドラッグストアやコスメショップに行けば売られているが、目のくぼみのケアに特化した製品は少ない。
もし気軽に買いたいなら、通販で買うのが一番だろう。

アイクリームは通販でさまざまな製品が売られており、自宅から簡単に購入できる。
むしろお店で買うよりも通販を使ったほうが確実だ。

色んな製品が売られているため、成分や価格を比較しながら買うこともできる。
無添加の製品のみをピックアップして買えるのも通販ならではだ。
何を重視するかによって選び方は変わるが、時間をかけてじっくり選ぶのもいいだろう。

定期購入なら買い忘れを防止可能

アイクリームは長く使わないといけないが、買い忘れてしまうことも出てくるだろう。
それを防ぐためには、定期購入を利用することをおすすめしたい。

通販で購入できるアイクリームは、定期コースを利用できる場合もある。
月に1回届けてくれるため買い忘れも防止できるし、まとめ買いをする必要もない。
もし無くなりかけたとしても、その頃には新しいアイクリームが手元に届くのだ。

また、単品で買うよりも安く済むパターンが多い。
例えば単品で1本5千円のアイクリームがあったとしよう。
本来なら5千円に送料などがかかるが、定期購入だと1・2割程度安く買えるし、送料が無料になることも珍しくない。
お得に購入できるので、自分に合った製品が見つかったら定期コースを検討してほしい。

ただし、休止や解約に条件が付いている場合もある。
もし不安がある人は、契約前にしっかりと確認しておこう。

人によってはすぐに効果が実感できる

アイクリームを使えば目のくぼみを簡単にケアすることができる。
効果の出方は人それぞれだが、人によっては1ヶ月も経たないうちに効果が実感できるだろう。

もちろん配合されている成分やくぼみの状態により効果の出方は変わる。
だが、早い段階から効果を実感しやすいのがアイクリームなのだ。

他のケア方法だと、そもそも効果が出ているのか分からない場合も多い。
その点アイクリームは分かりやすいので、目に見えた効果を優先する人におすすめだ。

まとめ

老け顔の原因になる目のくぼみだが、日頃からケアを怠らなければ改善される人も少なくはない。
特にアイクリームは続けやすいため、くぼみの状態に関わらず最適な手段だ。

目の周りがくぼんできた、老け顔になってきたとお悩みではないだろうか。
もし心当たりがある人は、一度試してみることをおすすめしたい。

目のくぼみケアの定番アイクリームを使うメリットとデメリット

目のくぼみはアイクリームでケアできる

目のくぼみでお悩みの人は多いのではないだろうか。
顔が痩せこけたように見えたり、老けて見られるようになるため、決して良いことは何も無い。
悩んでいる人は、少しでも改善したいとと考えているだろう。

実は目のくぼみをケアする方法は非常に多くある。
例えば整形外科でヒアルロン酸の注射を行う方法があるが、すぐに目のくぼみを和らげることが可能だ。

しかし、ヒアルロン酸注入は費用が高額で、数ヶ月に一度は注射を受けなくてはいけない。
即効性はあるものの、金銭面などのデメリットは少なくないため、人を選ぶ方法といえるだろう。

他にも様々あるが、もっと手軽にケアしたいなら、アイクリームを使ってみるとよいだろう。
アイクリームは、目のくぼみが気になる部分に塗るだけでケアできるアイテムだ。
現在は多数の製品が売られており、中には大人気になった製品や、リピーターが多い製品もある。
非常に多くのメリットがあるため、目のくぼみで悩んでいる全ての人におすすめできる方法だ。

だが、アイクリームにもデメリットはいくつかある。
特にすぐ効果を実感したい人は、ヒアルロン酸注入やシワ除去など、直接改善する方法を実行したほうがよいだろう。

アイクリームのメリットとデメリット

では、アイクリームにはどのようなメリットとデメリットがあるのだろうか。
まずメリットだが、以下の6つが挙げられる。
特にコストパフォーマンスを重視する人、手軽にケアしたい人は、アイクリームを試してみるとよいだろう。

1本あたり数千円と非常に安い

まず挙げられるメリットが価格だ。
アイクリームは1本あたり数千円~1万円ほどで販売されている。
ヒアルロン酸注入に比べてもコストパフォーマンスが非常に良く、気軽に購入できるのが魅力だろう。

一般的なスキンケア化粧品も1つ数千円程度はするので、極端に高いといったことはない。
仮に1本5千円で30日使えるアイクリームの場合、年間で6万円ほどの出費になる。
だが、1本で2ヶ月程度使える製品もあるし、より安く購入できる製品も少なくない。
うまく行けば、更に費用を抑えられるだろう。

年齢を問わず誰でもケアできる

誰でもケアできることもアイクリームのメリットだろう。
ほとんどの製品は、特に年齢を問わずに使えるため、例えば30代の人はもちろん、70代の人でも問題なく使用できる。
目のくぼみは加齢によって目立つことも多いが、アイクリームなら誰でもケアできるため、まず始めてみるとよい。

ただし、後述する肌トラブルが起こる可能性もある。
もし気になる人は、パッチテストを行うか、成分表示を確認して買うことをおすすめする。

すぐに始められる

すぐに始められる目のくぼみのケアは様々ある。
例えばマッサージや眼球周辺のトレーニングが代表だが、アイクリームも同様に始められるのがメリットだ。
購入すれば、その日からすぐに目のくぼみをケアすることができる。

なお、アイクリームはドラッグストアやコスメショップで売られている場合もある。
おすすめの購入方法は後述の通販だが、今日から始めたいという人は、最寄りのお店で探してみるのもおすすめだ。

通販でいつでも購入可能

アイクリームは様々な製品があるが、そのほとんどは通販で買うことができる。
Amazonや楽天、Yahooショッピングなどの大手通販サイトはもちろん、各メーカーが公式サイト経由で販売していることも珍しくない。
いずれにせよ、通販ならいつでも買えるのがアイクリームのメリットだ。

恐らく多くの人はAmazonなどを選ぶだろうが、少しでも安く買いたいなら公式サイトもおすすめだ。
限定キャンペーンを行っていたり、お試しセットを販売していることもあるため、まず覗いてみるとよいだろう。

1日数回塗るだけでケアできる

アイクリームは1日に数回塗る程度でケアすることが可能だ。
他の方法よりも手間がかからないため、忙しい人にもおすすめのケア方法といえるだろう。

アイクリームを塗る際に必要な時間は、1回あたり数十秒~1分程度である。
それを1日2~3回行うだけでよいため、マッサージなどよりも手軽ではないだろうか。

様々な製品を試しやすい

アイクリームは数千円程度で買えるが、少し高いと感じている人も多いだろう。
仮に複数の製品を試す場合、数万円の出費になるが、お試し品やお試しセットを買えば出費を抑えられる。
メーカーによるが、アイクリームをお試し購入できることも多い。
お試しなら数百円で買えるため、様々な製品を試すことができるだろう。

アイクリームは様々なメリットがある。
特に手軽さについては他の方法よりメリットが大きいといえるだろう。

だが、アイクリームもデメリットはいくつかある。
考えられるのは以下の4つだが、捉え方次第ではメリットになるし、さほど大きなネックとは言えないデメリットもある。
自分にとってデメリットとなるかどうか、一度チェックして判断してみてほしい。

少なからず出費が生じる

アイクリームは1本あたり数千円~1万円程度で購入できるが、出費が生じることに変わりはない。
少しでも出費を抑えたい、1円もかけずケアしたい、という人には適さないだろう。

もし費用をかけずにケアしたいなら、マッサージやストレッチを試してみるとよい。
しかし、毎日何回も行わないといけない、続けなければならない点はアイクリームと同じだ。
そう考えると、毎月数千円を支払い、アイクリームを使ったほうが手軽ではないだろうか。

アイクリームによっては目のくぼみをケアできない

ただし、製品によっては目のくぼみがケアできないこともある。
一口にアイクリームといっても様々あるが、中には目の乾燥を防ぐものや、シワを予防するだけのものもあるからだ。
このため、目のくぼみをケア可能な製品を選ぶ必要がある。

逆にいえば、確認せず買ってしまうとお金を無駄にするか、後悔する可能性が考えられる。
アイクリームを買う時は成分をチェックし、更に効果も確認してほしい。
ネットの口コミを参考にしてみるのもよいだろう。

効果を実感できるまでに時間がかかる

ヒアルロン酸注入はすぐに改善効果が現れる。
だが、アイクリームはすぐ効果が出ることはなく、人によっては変化が現れるまでに時間がかかる。
効果を実感するまでの期間は個人差があるが、最低でも半月は様子を見る必要があるだろう。
できるならアイクリーム1本を使い切るまでは様子を見てもらいたい。

ネットで利用者の体験談をチェックし、どの程度使ったか見てみるのもよい。
口コミを見れば、効果が出てくるまでの大まかな期間が判断できるだろう。
ただ、100%効果を実感できるとは限らないので注意してほしい。

肌トラブルが起こる可能性も捨てきれない

アイクリームには様々な成分が配合されている。
肌に触れる製品のため、基本的に刺激は少なめだが、敏感肌の人は注意してほしい。
特に添加物を使った製品だが、肌トラブルが起こる可能性も否定はできないからだ。

スキンケア化粧品では、パラベンやエタノールなどが広く使われている。
しかし、これらは肌に与える影響が大きく、肌トラブルの原因にもなっているのだ。
もし過去に肌トラブルを経験した人は、低刺激か無添加のアイクリームを選ぼう。
使用前のパッチテストもおすすめだ。

まとめ

アイクリームは目のくぼみの手軽なケア手段で、特に費用を抑えたい人に適している。
1日数回の使用で済むため、忙しくても楽にケアできるだろう。

効果が出るまでに時間がかかるなどのデメリットもあるが、他の方法よりもデメリットは少ない。
どんなケアがよいか悩んだら、まずアイクリームを使ってみるとよいだろう。

揉んで目のくぼみを改善!マッサージの方法とおすすめケアまとめ

目のくぼみはマッサージで改善できる?

老け顔の原因になるばかりか、顔全体が暗く見せてしまうのが目のくぼみだ。
人によって原因は様々あるが、もっとも多いのは加齢によるもので、年齢とともに目がくぼみ、目の周囲に影ができてしまう。
現に何とかしたい、少しでも目立たなくしたい、と考えている人も少なくはないだろう。

確かに目のくぼみは非常にやっかいな悩みだし、美容面にもネガティブな影響を与えてしまう。
何より見た目が老けてしまうことから、少しでも改善したほうが良い場合もある。
ただ、問題はどのように改善するか、という点に尽きるだろう。

目のくぼみは老け顔を始めとしてネガティブな影響を与える場合が多い。
しかし、そのまま放っておいても変わることはないし、むしろ悪化する可能性が高いだろう。
このため何らかの改善に取り組むべきだが、その手段が浮かばない人も多いと思う。

様々な目のくぼみを改善する手段はあるものの、どれが効果的かは人による。
だが、費用や時間をかけずにケアしたいなら、マッサージを試してみると良いだろう。

マッサージの流れ

目のくぼみはマッサージすることで改善できる可能性がある。
効果は人によるが、ぜひ試してみてはいかがだろうか。
以下にマッサージの流れを記載するので、ぜひ一度読みながら試してもらえるとありがたい。

軽く閉じる

目を開けたままではマッサージできないため、まずは目を軽く閉じよう。
深呼吸して体を落ち着かせるなど、リラックスできる環境も整えるといいだろう。

強くぎゅっと力を入れて数秒キープする

目を軽く閉じたら、次はぎゅっと力を入れてみよう。
ただし、少し力を入れる程度でよく、逆に強く瞑りすぎるのはNGだ。
心地よい程度に目をギュッと瞑り、そのままの状態を数秒間キープしよう。

ゆっくりまぶたの力を抜いていく

強めに目を瞑ったら、今度はゆっくりとまぶたから力を抜いていこう。
いきなり力を抜くと意味がなくなるので、ゆっくり目を開けるような感覚でいい。
少しずつ力を抜き、目を開けていこう。

上記を数回繰り返す

ゆっくりとまぶたから力を抜いて目を開けたら、また軽く閉じよう。
そしてまぶたに力を入れて数秒キープし、もう一度まぶたの力を抜いていく。
この動作を数回程度繰り返せば、目のくぼみマッサージの完了だ。

 

このように、目のくぼみマッサージ自体は非常に簡単で、今すぐにでも実践することができる。
1セットあたり5~10回を基準に、1日数回行ってみるといいだろう。
ちなみに目の疲れも取れるので、眼精疲労を感じた時にマッサージしてみるのもおすすめだ。
お金も手間もかからないことから、非常に手軽な方法といえるだろう。

ただし、マッサージの効果は限定的で、即効性を求める人には向かない。
じっくり時間を掛けて行う必要があるし、毎日コツコツと実践することが大切だ。
実際に目のくぼみが改善される保証も無いため、確実に効果を求めるなら他の方法がいいだろう。

例えばヒアルロン酸注射のように、美容外科で施術してもらえる手段も存在する。
だが費用が高く付くため、マッサージと別の方法を併用し、改善効果を高めてみてはいかがだろうか。

マッサージ以外におすすめのケア方法は?

では、マッサージ以外にどのような方法があるのだろうか。
そのような疑問が浮かぶと思うが、大きく分けて以下のものが挙げられる。
いずれもマッサージと合わせて取り組みやすいため、くぼみが気になり始めたら試してみるといいだろう。

化粧水やクリームで保湿を行う

目のくぼみを改善するうえで、特に重要なのが日頃のケアだ。
普段から肌の手入れをしている人もいると思うが、逆に全くケアしていない人も少なくないだろう。
確かに面倒なので、保湿などを行うことはやや珍しいかもしれない。

だが、肌の感想は目のくぼみの原因になる場合がある。
加齢によって目の周辺のコラーゲンが減少し、肌の乾燥とともに目がくぼんでくることがあるのだ。
このため、化粧水や保湿クリームを使って毎日ケアすることも必要になる。
肌の乾燥を防止できるし、目のくぼみの予防にも繋がるので一石二鳥だ。

ただし、化粧水や保湿クリームは肌に合ったものを選ぼう。
余計な肌トラブルを招く可能性もあるため、慎重に買うことをおすすめしたい。

栄養を補給して目のくぼみを改善する

目のくぼみは栄養面も関わってくる。
食生活が乱れている人も多いと思うが、くぼみを改善したいなら一度見直してみてはどうだろうか。
劇的な改善効果は見込めないが、肌サイクルが正常に戻り、目のくぼみが徐々に良くなっていくことが期待できる。
体も健康的になるため、食生活の改善は様々な面で恩恵を受けられるだろう。

目のくぼみの改善をする場合、様々な栄養素をバランスよく補給することが望まれる。
肉と魚はもちろん、野菜もしっかりと食べ、ビタミンやミネラルを過不足なく補給しておきたい。
外食やファーストフードは極力避け、毎日バランスを意識して食べよう。

ただ、栄養バランスを見て食事を摂るのは難しいこともあるだろう。
もし大変だと感じたら、サプリメントに頼ってみてもいい。
ドラッグストアでも気軽に買えるので、試してみてはいかがだろうか。
マルチビタミンやマルチミネラルであれば、簡単に様々な栄養素を補給することができる。

アイクリームでケアする

目のくぼみで悩んでいる人に、もっともおすすめしたいケア方法がアイクリームだ。
初めて聞く人もいると思うが、化粧水や保湿クリームと同じく気軽にできるケアの方法である。
くぼみが気になるところに毎日1~2回塗るだけでケアできるため、マッサージと合わせて取り組んでみるといいだろう。

なお、アイクリームは1本あたり数千円で購入することができる。
化粧水などと比べて少し高く感じるかもしれないが、それらよりも目のくぼみの改善効果は期待できるだろう。
何よりも目のくぼみ向けに作られた製品があるため、マッサージ単体の時より改善可能と考えられる。

アイクリームにデメリットはほぼ無いが、唯一挙げられるのは製品が多い点だろうか。
一口にアイクリームといっても多数の製品が販売されており、効果や効能、配合成分などは千差万別だ。
もちろん目のくぼみを改善するのであれば、コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など、くぼみをケアできる成分を配合したものが好ましい。

また、敏感肌の人は添加物を多用した製品を避けたほうが良いだろう。
アイクリームの中にはパラベンやアルコールなど、様々な添加物を使用している製品がある。
こうした添加物は肌トラブルを招く場合があるため、できる限り避けたほうがいい。

目の周辺を鍛える

マッサージと同じく、手軽に取り組みたいなら目の周辺を鍛えるのもおすすめだ。
目の周囲には筋肉があるが、ここ筋肉が衰えることでくぼみに繋がる場合もある。
特に加齢で筋肉が衰えてくると、まぶたがくぼんで老け顔に見られてしまうのだ。
そのため、目の周辺にある筋肉もしっかり鍛えておいたほうがいい。

なお、鍛える方法は非常に多く、ネット上にも沢山の方法が出回っている。
ぜひ自分好みの方法を見つけてみてはいかがだろうか。
ただし、アイクリームや化粧水、サプリメントなどに比べて効果は劣る。

まとめ

目のくぼみは様々な原因が影響するが、マッサージで改善することも不可能ではない。
少しでもくぼみを治したい、改善したいと考えている人は、まずマッサージから初めて見ることをおすすめしたい。
しかし改善効果は薄いため、アイクリームなど他の方法と合わせて取り組むのが一番だろう。

目のくぼみの脂肪注入はアリ?なし?他にもある治し方まとめ

脂肪注入で目のくぼみを治す方法もある

突然だが、目の下にくぼみができていないだろうか?
もちろん人によっては全然できていない、ということも珍しくはないが、逆に自分で気付いていないことも度々ある。
特に年齢以上に老けて見られるようになったり、老け顔が気になり始めたりしている人は注意したほうがいい。
その老け顔の原因だが、実は目のくぼみが影響している可能性もあるのだ。

何らかの原因で目の周囲がくぼみ、骨格が浮かび上がった状態になると、人は年齢以上に老けて見られることが多い。
何故ならくぼみが疲れているような印象を与え、その結果老け顔と認識されてしまうからだ。
できるだけ目のくぼみは無いほうが良いが、現在は様々な治し方・改善方法が確立されている。

その最もたる手段が脂肪注入だ。
ほうれい線やおでこなどのシワを伸ばしたり、バストアップの方法になっていたりと、現在は様々な用途に使われている。
脂肪注入というとあまり良いイメージはないかもしれないが、現在は美容整形分野でポピュラーな手段となっているのだ。

目のくぼみも脂肪注入で解消できる場合がある。

それらと同じ用に、目のくぼみも脂肪注入で解消できる場合がある。
目のくぼみの治療法としてはヒアルロン酸などもあるが、脂肪注入もポピュラーな手段といえるだろう。
主なメリットは2つあり、人によっては他の方法よりも恩恵は大きくなる。

生着率が比較的高い

生着率は、副作用が出ずに安定する割合を表した言葉である。
自分の脂肪を注入するとはいっても、やはりアレルギー反応が出たり何らかのリスクをきたす可能性は決してゼロではない。
移植ではないのでリスクは低いといえるが、気になる方も少なくはないだろう

脂肪注入は基本的に生着率が高めで、副作用などはほとんど無いレベルといっても良い。
アレルギー反応も出ることはめったにないため、安全性は高い水準に達している

ダウンタイムがほぼ無い

また、ダウンタイムがほとんど無い点もメリットといえるのではないだろうか。
ダウンタイムは、脂肪を注入した後にシャワーを浴びたり、お風呂に入ったりできるようになるまでの時間を表している。
この言葉自体は他の意味もあるが、ここでは脂肪注入を基準に表現させてもらう。
なお、ダウンタイムは病院の施術方法によって異なる場合もあるが、通常は当日~翌日中にシャワーは入浴が可能になっている。
ただし傷口をさらすとNGのパターンもあるため、しっかり医師に話を聞いておこう。

 

脂肪注入はこのような利点があるが、特にダウンタイムが短くて済むという点はメリットとなるだろう。
一方でデメリットやリスクもあることから、誰にでも適している手段とは言いがたいのも実情だ。
例えば以下のような3つの欠点があるため、他の方法も検討したほうが良いだろう。

拒否反応が出る可能性もある

脂肪注入は決して万能な目のくぼみの治療方法ではない。
他の方法と比べて安全性は高く、古くから確立された治療方法ではある。
だが、拒否反応が出てしまう危険性も決してゼロではないのだ。
もし拒否反応が出た場合、アレルギー反応が出たときと同じような症状に悩まされることになる。
拒否反応が気になる人や避けたい人は、他の方法と比較してから決めるほうが良いだろう。
一度医師と相談してから判断しても遅くはない。

費用がやや高い

病院の治療は保険診療と自由診療の2種類に分けられるが、目のくぼみの脂肪注入は、自由診療と呼ばれるカテゴリに当てはまる。
自由診療は読んで字の如く病院が自由に行える診療のことで、ある程度治療方針や治療費などを自由に決められるようになっている。
つまり脂肪注入は料金設定が病院の自由であり、かなりの開きがあるのだ。
安いところでは数万円~10万円以下で済むが、逆に20万円以上の治療費を請求される病院・クリニックも少なくない。
あくまで自由診療であり、費用の相場は無いに等しいので注意が必要だ。

数回注入する必要がある

また、脂肪注入は1回で済む治療方法ではない。
最低でも2~3回は注入をしないといけないため、半年から1年程度は治療期間を要する点に注意しよう。
1回あたりの施術時間は短くて済むが、数ヶ月に1回は通院して注入が必要になっている。

脂肪注入以外のくぼみの改善方法・治し方

このように、脂肪注入はメリットもあればデメリットもある。
特に費用が高く付くため、目のくぼみ対策として見ると敷居も高い手段といえるだろう。

しかし、目のくぼみは他の方法でも治すことや改善することができる。
主な方法は5つだが、ぜひ検討してはいかがだろうか。

ヒアルロン酸を注射する

ヒアルロン酸の注射は定番の方法といって良い。
脂肪注入と同じく、目のくぼみにヒアルロン酸を注入するもので、様々なクリニックが施術を行っている。
なお、ヒアルロン酸は肌の潤いや保湿に関わる成分であり、不足すると乾燥肌を招いてしまう。
このため脂肪よりも安全性は高く、ダウンタイムなどもほぼ気にしなくて済む。

ただし施術費用は高く付いてしまうし、場合によっては長期間の注射が必要になる。
この辺りはくぼみの状態によるため、医師と相談しながら治療を行うと良いだろう。

アイクリームを利用する

各種注射は費用が高く付いてしまうのがネックとなる。
費用をかけずにくぼみを抑えたい、改善したいと考える人も少なくはないだろう。
もしそのように感じた時は、目のくぼみ対策にアイクリームを使ってみてはいかがだろうか?

アイクリームといっても様々あるが、目のくぼみのケア専用に作られた製品もある。
こうした専用クリームはヒアルロン酸などが配合されており、目のくぼみの改善に効果が期待できるのだ。
脂肪注入よりも費用を抑えられるし、1ヶ月あたり数千円でケアできるのは大きな魅力といえる。
特にデメリットはないため、まずはアイクリームでケアしてみると良いだろう。

毎日スキンケアをする

アイクリームと並んで重要性が高いのがスキンケアだ。
毎日保湿を始めとするスキンケアを行えば、目のくぼみを予防したり、改善したりすることが可能になる。
特に目の周辺が乾燥肌になりやすい人は、スキンケアを一度見直してみると良いだろう。
化粧水や保湿クリームを使うことで、就寝中の肌の乾燥を防ぐこともできる。

ただし、スキンケアは手間がかかるため、面倒に感じる人も多いだろう。
もちろん普段のスキンケアも重要性は高いが、その大半はアイクリームで済んでしまう場合がある。
そのためアイクリームなら手間を省けるので、保湿成分が配合されたアイクリームを使うのも一つの手だ。

食事で肌に良い栄養を補給する

私達にとって食事は健康と深い関わりがある。
しかし美容にも影響を及ぼすため、目のくぼみで悩んでいるなら見直す必要性が出てくるだろう。
目のくぼみと食生活は一見繋がりがないように思えるが、逆に大きな影響を及ぼしているケースも珍しくない。

特に注意したいのは栄養バランスだ。
偏った食事が続くと栄養も偏ってしまい、肌トラブルに繋がる可能性も出てくる。
ビタミンCやEなど、肌に良い栄養を意識して摂取することが望ましい。
もし普段の食事で摂取が難しい時は、サプリメントに頼るのも良いだろう。

 

まとめ

目のくぼみを改善するなら脂肪注入という手段もある。
だが費用とリスクを秤にかけると、それが正解とは言えないだろう。
もし本気で改善したいなら、食事の見直しやスキンケアの改善、アイクリームの使用などを考えてみることをおすすめする。
ヒアルロン酸の注射も候補に入るが、これは脂肪注入と同じく最終手段と捉えるべきだろう。

手軽だが…目のくぼみにヒアルロン酸を注射するメリット・デメリット

美容では定番となりつつあるヒアルロン酸

ヒアルロン酸は今や私達にとって身近な成分の一つとなっている。
美容分野で聞くことの多い成分だが、化粧品はもちろん、サプリメントにも配合されているほどだ。
いずれにせよ、肌に良い効果をうたわれるケースが目立つ。

なお、ヒアルロン酸は私達の身体の中にもある成分の一つだ。
美容成分と呼ばれることからも分かる通り、特に肌と非常に深い関わりがある。
実は肌の中に沢山含まれており、肌の水分を保持して潤いをキープする役割を持っている。

しかしヒアルロン酸は年齢とともに減少していくのがネックである。
肌の中から失われていくと、やがて乾燥肌が増えたり、肌がカサカサになったりするのだ。
ハリが失われると衰えて見えるため、ヒアルロン酸は保持するべき成分といえるだろう。

このように、美容には欠かせない成分のヒアルロン酸だが、実は目のくぼみができる原因でもあるのだ。
目の周辺は肌が薄く、簡単に水分が失われてしまう。
このため水分保持が非常に重要なのだが、ヒアルロン酸が減少すると水分が失われ、目がくぼんだように見えることがある。
そして肌が衰えたり老け顔に見られるようになることは決して少なくない。

現在目のくぼみでお悩みの人もいると思うが、ヒアルロン酸の減少も一度疑ってみるべきだろう。
逆に言えば、ヒアルロン酸を増やすことで目のくぼみが改善される可能性もあるのだ。
現在はサプリメントなどで補給する手段もあるが、より効果を求めるならヒアルロン酸注射も良いだろう。

ヒアルロン酸注射はシワを伸ばすためによく行われている手段だ。
美容外科や整形外科ではおなじみの手段となっており、現在は様々なクリニックで施術を受けることができる。
比較的ポピュラーなため、まず近くのクリニックで相談してみるのも良いだろう。
目のくぼみをすぐ改善したいと考えている人には魅力の多い手段だ。

目のくぼみにヒアルロン酸注射を利用するメリットとデメリット

ヒアルロン酸注射をするメリットは様々ある。
目のくぼみだけに絞った場合でも、主に4つのメリットを受けることができる。

①確実に目のくぼみを解消できる

ヒアルロン酸はサプリメントや食事による補給も可能だ。
しかし目のくぼみまで届くとは限らないし、長期的に継続しなければ効果の有無は判断できない。
目のくぼみを解消できない場合もあるだろう。

一方のヒアルロン酸注射は、確実に目のくぼみを解消することができる。
シワやくぼみが気になる部分に直接注射するため、施術後は目に見えて違いが分かるだろう。
注射してからすぐ効果が現れるため、サプリメントなどのように時間をかけなくて済むのが利点だ。

②副作用のリスクが低い

サプリメントなどの健康食品は、栄養素の過剰摂取による副作用が心配される。
何らかの副作用が出てしまうと、目のくぼみどころでは済まなくなるだろう。

その点ヒアルロン酸注射はリスクが低い手段といえる。
実は副作用がほとんど無い方法とされており、施術後に何らかのケアをする必要性も薄いのだ。
副作用が気になる人は非常に多いと思うが、ヒアルロン酸注射は安全性の高さがメリットだ。

③手術とは違って傷跡が無い

ヒアルロン酸注射は非常に細い針を使うため、傷跡はほとんど付かない。
一時的に小さな注射針の跡は付くが、数日もすれば消えてしまうのが一般的だ。
そのため傷跡を隠す必要がないし、それを気にしながら生活せずに済む。

現在は整形などの技術も進み、以前より傷跡が目立ちにくくなっている。
しかし手術をすると数ミリは傷跡が付いてしまう。
ヒアルロン酸注射は、見た目を気にする人でも安心して受けられるだろう。

④施術当日から普段の生活に戻れる

美容外科の施術などは様々あるが、施術後にダウンタイムが必要なケースもある。
当日中は入浴できなかったり、しばらくは安静にしないといけないことも珍しくはない。
一方、ヒアルロン酸注射は施術後すぐに日常生活を送れるのが特徴だ。
ダウンタイムを気にする必要はないし、当日入浴しても心配はない。
日帰りできることもメリットといえるだろう。

ヒアルロン酸注射を行うメリットは意外と多い。
目のくぼみを改善したいなら、一度検討してみるのも良いだろう。

ただしヒアルロン酸注射ならではのデメリットもある。
以下の欠点をネックに感じた人は、他の方法を選ぶべきだろう。

①持続時間が短め

ヒアルロン酸注射は持続時間の短さがネックになっている。
一般的な施術方法だと、およそ2~3ヶ月ほどで効果が失われてしまうのだ。
ヒアルロン酸は親和性が高く、数ヶ月ほどで肌に吸収されてしまうことが理由だ。

今後も効果を持続させるのであれば、数ヶ月に1回は施術を受けないといけない。
これでは何のために注射を打つのか分からなくなるだろう。

②高額な費用がかかる

しかし、ヒアルロン酸は費用が高額になることもデメリットだ。
ヒアルロン酸注射の効果は高いが、コストパフォーマンスは非常に悪い。
クリニックによって異なるが、1回あたり4~5万円ほどの施術費用がかかる。
2~3ヶ月に1回注射すれば、年間16~20万円程度の費用がかかってしまうのだ。
より安く済むクリニックも中にはあるが、最低でも10万円ほどの出費は覚悟しておこう。

③まれに感染症が起こる可能性もある

ヒアルロン酸注射は安全性が非常に高いとされるが、ごくまれに感染症が起こるおそれがある。
純粋なヒアルロン酸のみを用いた注射なら問題ないが、コスト削減のため何らかの添加物を混ぜたり、使い回しを行っているクリニックも中には存在する。
こうしたクリニックで施術を受けた場合、感染症になることがあるのだ。
めったなことでは起こらないが、可能性も捨てきれないので気をつけよう。
もしヒアルロン酸注射を希望する場合、クリニックの評判や信頼性は入念に調べることをおすすめする。

④注射する際に痛みがある

ヒアルロン酸注射では細い針を用いるクリニックも多いが、少なからず傷みを伴ってしまう。
人によってはほとんど傷みがないが、逆に激痛を感じるかもしれない。
そのため、傷みを伴うことは覚悟して施術を受けるべきだろう。
なおクリニックによっては皮膚表面に塗る麻酔を施している。
もし気になる人は、施術方法について詳しく確認するか、相談してみるのも良いだろう。

 

このように、ヒアルロン酸注射には様々なメリットとデメリットがある。
もし目のくぼみにヒアルロン酸注射を用いる場合、これらを秤にかけて検討すべきだろう。
ただし手軽ではないため、ハードルがやや高い手段といえるだろう。

より手軽にケアしたい、改善したいと考えている人も多いと思うが、もし当てはまるなら一度アイクリームを試してみるべきだ。
アイクリームは様々な製品が販売されており、中には目のくぼみをケアできるものもある。
しかし、通常のクリームでは意味がないため、必ずコラーゲンやヒアルロン酸も配合されている製品を選ぼう

なお、アイクリームは一本数千円ほどで購入できる。
ヒアルロン酸注射よりも安く済むため、費用を抑えつつ対策したい人にもおすすめだ。

まとめ

ヒアルロン酸は美容を気にする人にとって欠かせない物質だ。
肌の保水力や潤いと深く関係しているため、少しでも多くキープしておきたいところだろう。

だが、ヒアルロン酸は年齢とともに失われ、目のくぼみの原因となることもある。
現在は注射する手段もあるが、メリット・デメリットを考慮して施術を決めて欲しい。
心配ならリスクが少なく、手軽にケアできるアイクリームを使ったほうが良いだろう。

目のくぼみにどう対処すべきか?今一度基本のケアをおさらい

目のくぼみは老け顔の大きな原因となる

目の下にくぼみができて悩んでいる人もいるのではないだろうか?
目のくぼみは加齢とともに増える悩みの一つで、男女問わずに悩まされるのが一般的だ。
その原因は人によって異なるが、肌のハリや水分の減少、筋肉の衰えや眼精疲労など、様々な原因が考えられている。

いずれにせよ、目のくぼみは早急な解決が必要な悩みといってもいいだろう。
なぜ?と思うかもしれないが、以下のようなケースに繋がることがあるのだ。

 

年齢以上に見られてしまう

目のくぼみは老け顔の原因となっていることをご存知だろうか?
意外に思えるかもしれないが、目がくぼんでしまうと目の下にクマや影ができたように見え、老けて見られるようになるのだ。

もちろん老け顔の原因はそれ以外にも様々ある。
例えば肌の乾燥や肌荒れもそうだし、スキンケアを怠っている場合など、人それぞれ色んな原因が考えられる。
しかし、目のくぼみは最も大きな老け顔の原因であり、悩みのタネになりやすいのだ。
鏡を見た時「最近老けてきたな…」と感じたら、まず目の周辺の状態をチェックしてみると良い。

 

見た目に自信がなくなる

上記の通り、目のくぼみは老け顔の大きな原因となっている。
このため、人によっては見た目に興味肝心が薄れてしまったり、自信喪失に繋がったりするおそれもあるのだ。

人間はやはり誰でも若々しく見られたいものだろう。
年齢以上に見られるのは極力避けたいだろうし、それ自体が好ましいこととは言えない。
だが、目の下にできたくぼみが気になってしまうと、少しずつ見た目に自信がなくなる可能性がある。
鏡を見るたびにうんざりするだろうし、自分の老け顔を見るのが嫌になってくるだろう。
目のくぼみがストレス源となるが、ストレスそれ自体が体の老化を誘発しかねないため注意が必要だ。

このように、目のくぼみが好ましくない理由は老け顔と自信喪失の2つにある。
特に気を付けておきたいのは老け顔ではないだろうか?
美容に興味関心がある人はもちろん、そうでない人にとってもやはり気になってしまうものだ。

では、目のくぼみと一生付き合っていくことになるのかと言えば、実際はそうでもない。
くぼみができる原因は人それぞれだが、それを解消するための手段も多数あるのだ。
日頃からのケアが重要だし、くぼみを解消するには時間も必要だが、もし気になっているなら取り組むだけの価値があるだろう。
問題はどのような方法があるかだが、以下で挙げる7つによる改善・解消方法が考えられる。

目のくぼみの基本的なケアとは?

目のくぼみを解消するための方法を以下で紹介する。
多少面倒な方法や継続が必要な方法もあるが、何もやらないよりは遥かにマシだろう。
取り組みやすいものも多数あるので、ぜひ普段の生活に取り入れてみてほしい。

①スキンケアを欠かさない

肌の水分が失われると、乾燥肌や肌荒れなどのトラブルを招く。
しかし、実は目のくぼみも肌の水分減少が原因になっていることもあるのだ。

目の下の皮膚は非常に薄く、容易に水分が奪われてしまう。
すると目の周辺が乾燥してしまうだけでなく、一部が凹んだように見えてしまうのだ。
このため、日頃のスキンケアは目のくぼみを予防することにも繋がるといえよう。

②ポイントは保湿だ。

毎日化粧水で適度に目の下を保湿するだけでなく、場合によってはジェルやクリームとの併用も欠かせない。
特に肌が乾燥しやすい秋~冬はもちろん、夏場も冷房による肌の乾燥があるため、こまめな保湿を心がけよう。

③アイクリームで目元の乾燥と衰えを予防する

アイクリームで目元の乾燥などを抑える方法も考えられる。
化粧水などを使ったスキンケアは基本中の基本で、目のくぼみが気にならない人でも行ったほうが良い。
だが、これを毎日続けるとなると意外に大変だし、途中で面倒になってしまう人も少なくはないかと思われる。

そのため、アイクリームを利用して目のくぼみをケアすることもおすすめだ。
何故ならスキンケアの手間を削減できるし、目のくぼみ対策に効果的な成分を配合したアイクリームもある。
またスティックタイプの製品も多く、目の下にピンポイントで塗れることもメリットといえる。

他にも様々な方法があるが、悩んだ場合はアイクリームを取り入れてみてほしい。
1日1~2回のケアで済むようになるので、スキンケアに煩わしさを感じている人にも最適だ。

④ストレッチを行って目の周辺を鍛える

目の周辺にある筋肉の減少も目のくぼみの原因となっている。
普段は意識したことがないかもしれないが、加齢とともに筋肉は衰えていくものだ。
一般的には手足の筋肉の衰えを感じると思うが、目の周辺の筋肉が落ちてしまうこともある。
特に歳を重ねてから目がくぼんだ人は、筋肉に原因があると見ても良いだろう。

そうした目の筋肉の衰えに対処するには、ストレッチなどで目の周辺を鍛えることが一番だ。
決して面倒ではないので、毎日コツコツと続けてみてほしい。

⑤マッサージによる予防もおすすめ

目の周辺を定期的にマッサージし、目のくぼみを予防する手段も考えられる。
上でも触れたとおり、目のくぼみは筋肉の衰えによるものもあるが、マッサージはそれを予防したり、目の周辺の血流改善も期待できる。
眼精疲労の予防にも繋がるため、1日に数回はマッサージしてやると良いだろう。

ただし、何事もやりすぎは禁物だ。
目を傷めないように注意してほしい。

⑥サプリメントでコラーゲンやビタミンCを補う

現在は様々なサプリメントが市販されている。
中には美容に良い成分を配合した製品もあるが、特に目のくぼみを予防するならコラーゲン・ビタミンCを補うのが良いだろう。
コラーゲンは肌の保湿に欠かせない成分で、ビタミンCは抗酸化作用が強く美肌には欠かせない栄養素だ。

しかし、サプリメントのみで目のくぼみが改善される保証はない。
あくまでも栄養を補うものであって、間接的に目のくぼみ予防を行うようなものだ。
そのため、アイクリームなど他の方法とセットにするのが良いだろう。

⑦しっかりと睡眠時間を確保する(不眠や睡眠不足を改善する)

寝不足気味だったり、不眠で悩んでいたりはしないだろうか?
現代人は睡眠不足が多いとも言われているが、睡眠は美肌にとって重要なだけでなく、目のくぼみ予防にも欠かせないのだ。

睡眠不足が乾燥肌などの肌トラブルを招き、目の下にクマが生じる原因となりうる。
更に悪化すると目の下がくぼみ、老け顔に見られてしまうのだ。

もし睡眠不足を感じているなら、質の良い睡眠を覚悟できるよう環境を改善してみよう。
そうすることで目のくぼみだけでなく、健康面にも様々な良い影響が得られるだろう。

 

改善されない場合は外科的手法も検討する

アイクリームやマッサージなどを試しても目のくぼみ改善されない時は、クリニックへ行ってみることもおすすめする。
最終手段ではあるが、目のくぼみを外科的手段で解消することも不可能ではないのだ。
例えば目の周辺にヒアルロン酸を注入する方法は古くからあり、シワを伸ばしたりくぼみを改善する効果がある。
しかし費用がかかるだけでなく、料金が高額になる可能性もあるので気を付けてほしい。

まとめ

目のくぼみは老け顔の原因になるし、見た目に自信がなくなる可能性もある。
一方で様々な解決手段があるので、もしお悩みならケアに本腰を入れてみてはいかがだろうか?
アイクリームのように手軽な手段から始め、改善が見られないならクリニックで相談するのも良いだろう。

目のくぼみは美容外科・整形外科で治療することもできる

目は年齢が出やすい部位と言われている。


例えば加齢とともに小じわが目立ち始めるし人によっては乾燥肌が気になり始めるだろう。
つまり目を見れば大まかな年齢も判断できる、ということである。

歳を重ねると、他にも様々な体の変化が出てくると思うが、意外と悩みやすいのが目のくぼみだ。
目のくぼみは目立つ人とそうでない人がいるが、年齢の影響を受けやすく、状態によっては実年齢以上に老けて見られることもある。
いわゆる老け顔の原因とされており、コンプレックスも抱えやすいのがネックだ。

しかし、目のくぼみは治療したり改善することもできる。
特に即効性を求める人や、すぐにでも改善したい、という人は、美容外科で専門の治療を受けてみてはいかがだろうか。

プチ整形を始め、美容外科と整形外科では美容に関する様々な治療を受けられるのが強みだ。
現在は全国各地にクリニックがあるが、目のくぼみを改善・解消するためのメニューを提供しているところも多い。

例えば以下のような専門治療を受けることができる。
いずれも目のくぼみ改善に期待が持てるが、いくつかのデメリットもある。
もし美容外科で治療を受けようと考えている人は、デメリットも加味した上で決断してほしい。

 

ヒアルロン酸注射(注入)

目のくぼみを改善する方法は様々あるが、即効性を求めている人におすすめしたいのがヒアルロン酸注射だ。
美容外科や整形外科で施術を受けることができるポピュラーな方法で、今やプチ整形と並んで定番といってもおかしくないだろう。

ヒアルロン酸注射は、文字通りヒアルロン酸を目のくぼんだ部分に注射する施術法だ。
聞いたことがある人も多いと思うが、注射してすぐにくぼみが改善されたり、目元がふっくらとするのが特徴である。
そのため、即効性の高さが一番のメリットといっても良いだろう。

また、リスクの低さもヒアルロン酸注射の強みである。
元々ヒアルロン酸は私達の皮膚下にある物質で、常に体内で生成されているのだ。
それを注射するだけなので副作用はほぼ無いに等しく、肌トラブルになる危険性も非常に低い。
なお、ヒアルロン酸は年齢とともに減っていく物質のため、目のシワを改善するために注射する人もいる。

一方、ヒアルロン酸注射最大のデメリットは費用と施術回数だろう。
ヒアルロン酸は注射しても徐々に体内へ吸収され、最終的に注射した分が失われてしまう。
つまり再度注射が必要とされており、その回数は年に3~4回が目安なのだ。
各季節ごとに1回は注射を受けないといけない計算である。

更に費用も少々割高で、安くとも1回あたり3~4万円の費用が必要になる。
ヒアルロン酸注射は自由診療のため保険適用外で、原則として全額自己負担となっている。
クリニックによって実際の費用は異なる点にも気をつけよう。

レーザー治療

レーザーは脱毛でお馴染みかもしれないが、現在は目のくぼみの施術でも取り入れられている。
近年注目を集めている方法の一つで、何より安全性の高さが一番のメリットといえるだろう。

一般的なレーザー治療では医療用レーザーを使用している。
これは医療用のために出力が若干抑えられたレーザーで、安全性を確保しているのが特徴だ。
よく脱毛で使われるレーザーはすべて医療用で、目のくぼみを改善する際にも使われている。

一方のネックは費用と効果、そして何より施術を受けられるクリニックが少ない点だろう。
特にレーザー治療は自由診療が一般的であり、場合によっては費用が高額になるおそれがある。
ただし、これは他のレーザー治療や脱毛でも同じことだ。

またヒアルロン酸注射と違ってレーザーを照射するため、確実に効果が現れる保証はない。
人によって効果が全然出なかったり、さほど変化が見られない可能性もある。

施術を受けられるクリニックも少なく、住んでいる地域によっては一つも無い、といったケースも考えられる。
もし治療を受けたい人は、まずクリニック探しから始めることが重要だ。
ただ、他の方法と比べて総合的に判断するべきだろう。

 

まぶたの切開手術

そして3つ目がまぶたの切開手術である。
こちらも聞いたことがある人はいるだろう。

よくシワを伸ばす目的で施術を受ける人がいるが、目のくぼみを緩和させる手段としても有効である。
特にくぼみの周辺にシワができている場合、切開手術を受けてみてはいかがだろうか。
余っている皮膚を切除することで、くぼみを目立たなくすることができる。

ただし、まぶたの切開手術は傷跡が残る可能性が高い。
これが一番のデメリットであり、手術を受ける人が懸念している点でもあろう。
現在は技術が進歩しているため、昔のように大きか傷跡が残る可能性はほとんど無い。
しかし、小さい傷が残ることは考えられるので、クリニックでよく相談してから決めることをおすすめする。

なお、手術費用はクリニックによって異なる。
比較的安く済む場合もあるが、逆に高く付くこともあるため、事前に確認しておこう。

 

美容外科・整形外科以外の改善方法

目のくぼみは美容外科や整形外科で治療することができる。
ただ、費用が高くなってしまうし、手軽さでは欠けているだろう。

実はそれ以外にも目のくぼみを改善する方法は多数ある。
効果は外科的手法より薄れてしまうが、手軽さでは勝るため、まず実践してみてはいかがだろうか。
主に以下の手法が手軽でおすすめだ。

 

アイクリームの利用

目のくぼみで悩んでいる人全てにおすすめの方法がアイクリームだ。
アイクリームというと様々な種類があるが、目のくぼみをケアできる商品も多数販売されている。
つまり目のくぼみ専用の製品を使えば、美容外科などに通わずとも気軽に改善できるのだ。

もちろんながらアイクリームも万全ではなく、効果に関しては個人差がある。
だが、一本数千円という安さで買える点や、自宅でケアできる手軽さを考慮すると、美容外科や整形外科よりメリットが勝るだろう。
使用は1日1~2回、わずか数分で済んでしまうため、そもそもクリニックへ通う余裕がない人にも適している。

製品によっては初回割引や返金保証を受けられることがある。
こうした面も考えた場合、アイクリームが一番最適な目のくぼみ対策になるだろう。

 

サプリメントの使用と食生活の見直し

もう一つがサプリメントの使用や食生活の見直しだ。
現在は非常に多くのサプリメントが売られており、その中には美容に良い成分を含んだものもある。
特に目のくぼみを改善するのであれば、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌に良い成分を含んだサプリメントが適しているだろう。

サプリメントは健康食品扱いのため、効果が現れる保証はない。
だが、アイクリームと同じく費用を抑えられることから、試してみる価値は十分にあるだろう。

それと並行して食生活の見直しも必要になる。
不摂生な生活は美容に悪影響が及ぶし、目のくぼみが悪化する可能性も否定できない。
サプリメントを飲んでも効果が出ない、という事態に繋がる場合もあるだろう。

いずれにせよ、サプリメントの使用と食生活の見直しは目のくぼみ改善に最適な方法である。
より効果を高めたいなら、アイクリームと合わせて実践するのも良いだろう。

 

まとめ

美容外科・整形外科は全国に数多くあり、目のくぼみの治療を手掛けているところも少なくない。
だが、費用や手軽さがネックとなるため、実際は人を選ぶだろう。

その点アイクリームやサプリメントは手軽に始められる方法である。
ヒアルロン酸注射で改善するのも良いが、その前にアイクリームなどを試してみてはいかがだろうか。