まぶたのくぼみ

手軽にケアしよう!自宅で目のくぼみを改善する方法まとめ

目のくぼみは自宅でも簡単にケアできる

最近顔が老けて見える、全然覇気が感じられない…そのような悩みを抱えている人もいるのではないだろうか?
老け顔に見えたり、覇気が感じられなかったりする原因はいくつも考えられるが、もしかすると、目のくぼみが原因になっている可能性もある。
一度鏡で顔を見て、目の周辺がへこんでいないか、くぼみができていないかチェックしてみるのもいいだろう。

目のくぼみは老け顔などの大きな原因で、加齢によって引き起こされる場合が多い。
いずれにせよ、老け顔などを改善したいのであれば、目のくぼみを何とかしたほうがいいだろう。

目のくぼみは改善方法も無数にある。
実は自宅でも簡単にケアができるので、悩んだ時は後述の方法を試してみてもらいたい。

なお、自宅だけでなく、美容外科で改善することも不可能ではない。
むしろ即効性があるので、人によっては美容外科で目のくぼみを改善する施術を受けてみるのもおすすめだ。

しかし、美容外科はメリットが少なく、むしろデメリットのほうが目立つ。
特にリスクを取りたくない人や、費用を節約したい人は、自宅でケアしたほうがいいだろう。

・美容外科は費用が高く付く

美容外科で目のくぼみを改善する時、注意しないといけないのが費用だ。
基本的に自由診療なので、健康保険がいっさい適用されない点には気を付けてもらいたい。
美容に関する治療は保険診療が適用されないことから、全額自己負担しなくてはいけない。

例えば治療費が10万円かかったとしよう。
これが保険診療であれば、自己負担は1・3万円で済んでしまう。
負担が少なくていいので、安心して治療を受けられるだろう。

一方、美容外科のように自由診療の場合だと、10万円支払わなくてはいけない。
保険適用も割引もないので、出費がかさむ原因になる。

特に目のくぼみの治療は、10万円以上かかることも珍しくない。
このため、出費がかさむことは覚悟しておくべきだろう。

・即効性はあっても定着率に問題が…

美容外科で目のくぼみを改善するメリットは、即効性があることだろう。
例えばヒアルロン酸や脂肪注入の場合、施術を受けた直後から目のくぼみが改善される。
1日でも早く改善したいのであれば、施術を受けてみる価値は十分にある。

ところが、定着率というやっかいな問題が存在する。
ヒアルロン酸や脂肪は、徐々に体内へと吸収されるので、数カ月後に再び施術が必要になることも珍しくない。
もし永続性を求めるのであれば、定期的に通院して施術を受ける必要が出てくるだろう。

・リスクも大きい

美容外科の各種施術はリスクもある。
施術方法によって異なるが、例えば内出血したり、患部が腫れたりする危険があるのだ。
実際に起こる可能性は低いものの、ゼロではないことを覚えておいてもらいたい。

美容外科で施術を受ける際に説明されると思うが、数日間はこのような症状が続くことも多い。
中々治らない可能性もあるので、気軽に利用することだけは避けたほうがいいだろう。

目のくぼみを自宅で改善する方法

このように、美容外科で目のくぼみを改善することは決しておすすめはできない。
何よりも費用がかさんでしまうので、手軽に利用できるものではないのがネックだ。

自宅で目のくぼみをケアする場合、費用はほとんどかからない。
後述のアイクリームでさえ、1ヶ月あたり数千円の出費で済むほどだ。

それ以外の方法は0円で取り組むことができる。
ただし、効果が高いとはいえないので、アイクリームと組み合わせて取り組むのがいいだろう。

・マッサージをして血流を改善

まず試してみてもらいたいのがマッサージだ。
目のくぼみの原因の一つに、血流の悪化がある。
目の周辺には筋肉があるが、血流が悪化すると必要な栄養が届かず、少しずつ衰えていくのだ。
このため、マッサージをすることで目の周辺の血流を促進し、くぼみを改善する方法もある。

なお、マッサージ自体はとても簡単で、気が向いたらすぐにでも取り組める。
眼精疲労を軽減することもできるため、目が疲れてきた時に試してみるのもいいだろう。
こまめに行えば、血流を改善して目のくぼみを緩和することが期待できる。

・蒸しタオルでケアも最適

目のくぼみの原因は血流の悪化だが、マッサージと同様に簡単なケア方法がある。
電子レンジなどで蒸しタオルを作り、しばらく目に当てることだ。

蒸しタオルは眼精疲労を緩和する目的が多いが、血流が改善される点に注目してもらいたい。
温熱効果で血流が改善されるので、目のくぼみの緩和にも効果が期待できるのだ。

蒸しタオルは簡単に実践できることも魅力といえる。
マッサージと合わせ、こまめにケアするのもいいだろう。

・眼輪筋を鍛えよう

眼輪筋という言葉を聞いたことがある人は少ないだろう。
これは目の周りにある筋肉のことで、まぶたの動きに大きな関わりを持っている。

だが、眼輪筋は衰えることも珍しくはなく、衰えると目がくぼんでしまう場合もあるのだ。
特に年齢とともに筋力が衰えることはあるが、眼輪筋が影響を受けると、目がくぼんで老け顔の原因を作り出してしまう。

眼輪筋は注目されにくいが、鍛えることも不可能ではない。
むしろ日頃からトレーニングを行っておけば、目のくぼみの改善が期待できる。
もし加齢による筋力の衰えを感じている人は、眼輪筋のトレーニングも検討してほしい。

・生活習慣と食習慣を見直そう

生活習慣や食生活の乱れも目のくぼみに影響を及ぼす可能性が高い。
血流が悪化するのはもちろん、必要な栄養が不足することが大きな問題である。
目のくぼみの主な原因とはいえないが、間接的に影響を及ぼしている場合が多いため、ぜひ見直してみることをおすすめしたい。

生活習慣は、まず十分な睡眠とストレスの発散・改善、規則正しい生活を意識しよう。
急に変えるのは難しいので、少しずつ取り組めるものから変えていってほしい。

食生活も同様で、外食など栄養が偏った食事ばかりではなく、肉・野菜・魚のバランスを心がけよう。
魚中心・野菜中心もNGなので、全てのバランスが大切だ。

・アイクリームでお手軽&短時間ケア

マッサージや習慣の見直しなど、目のくぼみを改善する方法は多数ある。
だが、それでは十分とも言い切れないし、効果が実感できない可能性も高いだろう。
もし上記の手段を実践するなら、アイクリームと合わせて取り組んでもらいたい。

アイクリームは、目のくぼみ改善に有用な成分が含まれている。
30日分で数千円ほどの出費にはなるものの、どのようなケアがいいか悩んだら、まずは試してもらいたいくらいだ。

アイクリームのメリットは、手軽さに優れていることだろう。
1日1・2回使うだけでいいし、1回あたりのケアも短時間で済んでしまう。
1分か2分もあれば問題ないので、普段は忙しい人でも、空き時間を活用して目のくぼみケアに取り組むことができる。

また、ヒアルロン酸などの成分が配合されているのもポイントだ。
目のくぼみはヒアルロン酸不足も考えられるので、それを補給できるのは魅力的な点だろう。

費用面が気になる人でも、数千円なら十分許容できる範囲だと思う。
もし高いと感じる場合でも、定期コースやまとめ買いなどの割引を活用すれば、出費を抑えることができる。

アイクリームは基本的にデメリットと呼べるほどの欠点がない。
他の方法より優れているので、一度試してみてはいかがだろうか。

まとめ

目のくぼみは自宅でも簡単にケアすることができる。
美容外科へ通うよりも手軽だし、費用がかかることもない。

マッサージを始め、さまざまな手段でケアできるので、くぼみが気になり始めたら、ひとまず実践してみよう。
本格的にケアしたい時は、アイクリームを使ってみることをおすすめしたい。

目のくぼみが起こる原因は?改善には美容外科よりアイクリームがいい理由

目のくぼみが起こる主な原因とは?

現在、目のくぼみで悩んでいる人も多いのではないだろうか。
目のくぼみは老け顔の原因の一つで、目の下にクマができることから、年齢以上に見られる場合も珍しくはない。

だが、老けて見られて嬉しい人はまずいないだろう。
女性はともかく、男性だって若く見られたいのが普通であり、老けて見られるのは決して好ましくはない。
そのため、老け顔の原因たる目のくぼみも改善するべきだが、そもそも何が原因なのだろうか?
実は目のくぼみと一口にいっても、原因は大きく分けて3つある。

加齢によるもの

まず挙げられるのが加齢によるものだ。
人間は歳を重ねることで、体にさまざまな変化が現れる。
例えば以前よりも運動が辛くなったり、体力が落ちたりといった変化を感じている人は多いだろう。
それと同じように、歳を重ねると容姿にも変化が現れるのだ。

その代表たるものが目のくぼみで、加齢によってくぼんでくる人は珍しくない。
若い頃と比べ、いわゆる眼力がなくなり、どこか暗く見えてしまうこともあるが、それも目のくぼみが原因と考えられる。
最近覇気がなくなったように見える、眼力がなくなった…そう感じている人は、目のくぼみの改善も検討してもらいたい。

皮下脂肪またはコラーゲンの減少

目の周囲にある皮下脂肪や、コラーゲンの減少も目のくぼみを誘発することがある。
これも加齢が影響しているが、食生活や生活習慣の乱れ、過度なダイエットなどによって引き起こされることも多い。

食生活や生活習慣が乱れると、肌の代謝が低下してコラーゲンの生成も衰えてしまう。
結果、目の周囲のコラーゲンが足りなくなってくぼみが生じてしまうのだ。

無理なダイエットをすることで、皮下脂肪が減少してしまうパターンもある。
ダイエットは二の腕やお腹周りのシェイプアップが目的だと思うが、目の周辺の脂肪も減り、くぼみにつながることもあるのだ。

年齢に関わらず、皮下脂肪が足りなくて目がくぼむ可能性はある。
他にも悪影響が及ぶので、急激なダイエットは絶対に避けたほうがいいだろう。

筋肉の衰え

目の周りには眼輪筋という筋肉があるが、これが衰えてくぼみができる場合もある。
筋肉の衰えも加齢で起こりやすいが、眼輪筋の劣化は年齢を問わず、10代・20代でも起こる可能性が高い。

眼輪筋の衰えの原因とされるのがスマホやパソコンの使いすぎだ。
画面を長時間見続けることで、まばたきの回数が減少し、目を動かす機会が少なくなる。
すると目の周囲の血流も悪化し、筋肉が凝ってしまうのだ。

凝ってしまった筋肉は働きが落ち、次第に衰えていく。
そして眼輪筋の量が減り、目の周辺がくぼんでしまうのだ。
目のくぼみで悩んでいる10代・20代の人は、スマホなどの使いすぎを疑ってみるといいだろう。

痩せ方体型の人はくぼみができやすい

目のくぼみが生じる主な原因は以上の3つだが、体型もできやすさに関わっている。
主に太り気味か、肥満体型の人はくぼみができにくく、痩せている人ほどできやすいとされる。
これは皮下脂肪の量の影響と思われるが、痩せている人ほど気を付けるべきだろう。

特にダイエットを実践中の人は、くぼみに注意しながら取り組んでほしい。

目のくぼみは美容外科よりアイクリームで改善すべき

やっかいな目のくぼみだが、改善する手段もいくつかある。
中でも定番の手段が美容外科やアイクリームで、いずれも改善効果が期待できる。

このうち、即効性を求めるなら美容外科が最適だが、迷ったらアイクリームを試してもらいたい。
美容外科よりもメリットが多く、優れた手段だからだ。

美容外科は費用が高額になる

美容外科は全国に数え切れないほどあるが、費用は医院によりけりだ。
中にはリーズナブルな料金を設定しているところもある一方、高額な料金を設定しているところも多い。
このため、美容外科は費用が高額になりがちで、目のくぼみ改善に最低でも10万円程度、多ければ50万円以上の出費を覚悟しないといけない。

これを安いと見るか高いと見るかは人それぞれだが、大半の人は高いと感じるだろう。
美容へのお金に糸目を付けない人か、お金に余裕がないと少しためらうレベルかもしれない。

自由診療は全額自己負担

なぜ美容外科は費用が高いのか。
その理由は自由診療に該当するからだ。

日本の医療機関で受けられる治療は、大きく保険診療と自由診療に分けられる。
保険診療は健康保険の対象になるもので、患者は本来の1・3割負担で済むのが特徴だ。
対する自由診療は保険の対象外となっており、治療費は全額自己負担が原則である。

美容外科の治療は、ほとんどが自由診療で、目のくぼみの各種施術も該当する。
もし治療費が50万円だった場合、50万円を支払わなくてはいけない。
なお、医療費控除にもならないので注意しておこう。

即効性はあっても持続性に疑問

美容外科では、ヒアルロン酸や脂肪を注入する施術のほか、切開してくぼみを改善する方法などがある。
いずれも施術を受けた直後から効果を得られるのが強みだが、持続性については何ともいいがたい。

確かに即効性はあるものの、ヒアルロン酸の注入などは何度か施術を受ける必要がある。
切開する方法は長期間持続するが、多少なり傷跡が残る可能性も否定できない。

いずれにせよ、デメリットがあることには注意してもらいたい。

アイクリームなら月数千円でOK

対するアイクリームだが、コストパフォーマンスはすこぶるよい。
特に毎月数千円程度で済んでしまうので、美容外科に比べて安く済ませられるだろう。

もちろん全ての製品が効果的とは限らないが、目のくぼみケアにほぼ特化しているものもある。
美容外科に比べて出費を抑えられるので、くぼみが気になり始めたら、まずはアイクリームを試してもらいたい。

1日1・2回塗るだけで済む

アイクリームは面倒だと感じる人も多いと思うが、実際はそんなこともない。
毎日のケアが必要ではあるものの、1日1・2回塗るだけで済む。

もちろん塗るタイミングは任意だが、朝と晩など、しっかり決めておくと楽だろう。
特定のタイミングに決めることで、習慣化させやすい点もメリットである。

1日1・2回とはいえ、1回のケア時間は30秒から1分程度だ。
忙しい人でもケアしやすいし、朝晩の空き時間を利用するだけでよい。

ケアする場所を問わない

アイクリームはスティックタイプや、小さなクリームタイプの製品がほとんどだ。
このため、簡単に持ち運べることもメリットとなっている。
自宅はもちろん、外出先でもケアできるので、使用する場所を問わないのは美容外科との大きな違いだ。

美容外科は通院しなくてはいけないので、医院の場所によっては時間がかかってしまう。
その点、アイクリームは家から出ないでケアできるので、美容外科よりも手軽さに優れるだろう。

通販を利用すれば簡単に買える

アイクリームは通販で買うことが可能だ。
インターネットで検索すれば、多数の製品が出てくるし、お試しや定期コースなど、お得に購入できる方法もある。
月数千円程度とはいえ、出費が増えることに変わりないので、割引を駆使するといいだろう。
うまく行けば年間1万円以上の節約になる。

前述したが、美容外科は1回あたり10万円程度だ。
割引を利用しても初回のみなので、2回目以降はお得感がほとんどない。

まとめ

目のくぼみはできる原因は人それぞれだが、老け顔に見られる点は共通している。
もし気になる始めたら、しっかりケアを考えたほうがいいだろう。

目のくぼみの改善方法は、美容外科やアイクリームなど複数ある。
だが、美容外科は金銭的に余裕がある人向けなので、まずは手軽なアイクリームを試してほしい。

実は色々とある!目のくぼみを改善する方法を徹底解説

目のくぼみの改善は決して無理じゃない

加齢とともに押し寄せてくる目のくぼみ。
現在悩んでいるという人も少なくはないだろう。

目のくぼみができるかは人それぞれで、気にならないという人も中にはいると思う。
しかし、決して他人事ではなく誰にでも起こりうるし、これがトラウマになるケースもあるのだ。
そのため、自分は大丈夫と思わないことも必要だろう。

なお、目のくぼみは改善が難しい、無理と考えている人もいると思われる。
確かにそのままにしても改善はされないし、むしろ悪化するパターンも珍しくはないだろう。

だが、目のくぼみは改善することが可能だし、後述するように複数の方法がある。
どれが自分向きか選ぶのは難しいが、改善できる、ということはしっかりと覚えておこう。

老け顔の原因になってしまう

目のくぼみは改善する必要がないと感じている人もいるとは思う。
そもそも気にならないのであれば問題はないが、目のくぼみが老け顔の原因になっている、と言ったら、ほとんどの人は驚くかもしれない。

しかし、これは事実である。
もちろん老け顔の原因は数え切れないほどあるが、目のくぼみもその一つになっているのだ。
もし老け顔が気になるのであれば、まずは目のくぼみの改善を考えてみてはいかがだろうか。

目のくぼみが起こる原因は人それぞれ

なぜ目のくぼみが起こるのかと、疑問を感じる人もいるのではないだろうか。
目の周辺がくぼむ年齢は人によるし、その程度も個人差があるが、原因も人それぞれという点を覚えておいてほしい。

例えば加齢が目のくぼみを引き起こしている場合もあれば、急激なダイエットが影響していることもある。
このほかにも、生活習慣が原因にというパターンも少なからずあるので、原因を知ることも重要だ。

しっかりとケアすることが求められる

ただし、原因がどのようなものであれ、ケアすることが欠かせない点は変わらない。
たとえ加齢であっても生活習慣であっても、目のくぼみが気になるのであれば、何らかの対策が必要不可欠だろう。
現在目のくぼみで悩んでいる人も多いと思うが、しっかりケアをして、改善することを意識してほしい。

先に少し触れたが、目のくぼみが自然に改善されたり、治ったりするケースはまれといってもいいだろう。
それくらい厄介な問題なので、気になるなら自分にあった方法を選び、試してみることをおすすめしたい。

目のくぼみを改善する方法とメリット・デメリット

では、目のくぼみを改善する方法はどのようなものがあるのだろうか?
ここでは、その方法についていくつか紹介し、メリットとデメリットについても説明していきたい。
もしこれから目のくぼみ改善を検討中の人は、ぜひ参考にしてもらえたらと思う。

目の周辺マッサージで血流から改善する

一番手軽な方法ともいえるのが、目の周辺のマッサージだろう。
目のマッサージをすることで血流を改善し、ひいては目のくぼみの改善にも繋げるというものだ。

マッサージのメリットは、何よりもすぐ始められる点や、特別な道具を必要としない点だろう。
今この瞬間にでも始められるので、ひとまず日課にしてしまうのも悪くはない。
簡単に取り組めるため、他の方法とセットで実践してみるのもいいだろう。
お金もかからないので、費用をかけずに改善したいという人も試す価値がある。

一方、効果を実感しにくいという点が最大のデメリットである。
マッサージは毎日コツコツ実践が必要になるため、すぐに変化が起こるわけではない。
長い目で考えるのが一番だろう。

美容外科でヒアルロン酸や脂肪を注入してもらう

2つめの手段がヒアルロン酸や脂肪の注入だ。
いずれも美容外科や、美容整形外科などで施術を受けることができる。

ヒアルロン酸・脂肪注入は、針を用いて目のくぼみの部分に注入を行っていく。
たったそれだけだが、即効性があるので、すぐに改善したい人にはうってつけだろう。
これがヒアルロン酸注入などのメリットでもあるからだ。
施術時間も数十秒で済んでしまうため、忙しい人にもぴったりかもしれない。

ところが、ヒアルロン酸や脂肪注入もデメリットは多い。
何より費用が1回数万円と、高額になることがネックといえよう。
美容にかけるお金を惜しまないならまだしも、お試し感覚で実践できる値段とは言いづらい。

効果の持続性もネックで、くぼみが改善されるまで年に1〜2回は施術を受ける必要がある。
そのため、費用を気にする人には向かない手段だろう。

食生活や生活習慣を見直してみる

食生活や生活習慣の見直し・改善も目のくぼみを緩和する方法の一つだ。
意外かもしれないが、目のくぼみは日頃の習慣が大きく関わっている人もいる。
不摂生な生活や偏った食事をしている人は、一度見直して見るんもいいだろう。

食生活や生活習慣の見直しは、目のくぼみを改善するだけでなく、体の健康にもよい影響を与えてくれる。
例えば、栄養バランスに注意した食生活を送ることで、病気にも強く、疲れが溜まりにくい体に変化する可能性もある。

一方で、一度身についた食生活や生活習慣は、そう簡単に変えられないことがデメリットだ。
意思も重要なので、時間をかけて変えていく必要があるだろう。

質のよい睡眠を心がける

もし眠りが浅い、どれだけ寝ても足りないと感じている人は、眠りの質を見直してみてはいかがだろうか。
実は眠りの質も目のくぼみと関わりが深く、睡眠不足などから目の周囲がくぼんでしまうケースもあるのだ。
寝不足はストレスを蓄積し、血流を悪くしてしまうため、まずは寝具を変えてみるといいだろう。

質のよい睡眠は、目のくぼみだけでなく、心身ともによい影響を与えてくれる。
一方、自分に合った寝具を見つけるのは意外に難しい。
時間をかけて改善することが望まれるだろう。

アイクリームで毎日コツコツとケアをする

そして最後の方法がアイクリームだ。
どの方法がいいか悩んだ時は、ぜひアイクリームを試してみてほしい。
それくらいメリットが多く、デメリットがほとんどない改善方法なのだ。

アイクリームは使用方法がシンプルで、1日1〜2回塗るだけでよい。
目のくぼみが気になる部分に塗り込むだけで、簡単にケアすることができる。

なお、アイクリームのメリットは価格の安さにあるだろう。
製品による違いはあるが、1ヶ月あたり数千円で買うことができる。
塗る回数も少なくて済むので、手軽さでも優れているだろう。

その一方、即効性を求める人にはおすすめできない。
人によるが、数カ月間は使い続ける必要があるからだ。
すぐに改善したいという人は、ヒアルロン酸や脂肪注入を試したほうがいいだろう。

迷った時はアイクリームがおすすめ

だが、他の方法と比べてデメリットと呼べるものは少ない。
アイクリームはメリットがとても多いので、迷ったら一度試してみることをおすすめしたい。

現在は通販サイトで簡単に買えるし、お試し品や初回限定品を安く売っている場合もある。
こうした割引を活用すれば、通常よりも安く買うことができるだろう。

なお、定期コースを利用すれば、1割程度安くなる場合もある。
解約の手間はかかるが、安く買うなら検討してみるといいだろう。

まとめ

目のくぼみは老け顔の原因になるし、美容面においては何らよい影響がない。
そのままにすると悪化することもあるので、気になる人はできるだけ早く改善に取り組むべきだ。

マッサージやヒアルロン酸注入など、目のくぼみを改善する方法は多数ある。
しかし、悩んだ時はアイクリームを試してみてほしい。
通販ですぐに買えるので、まずは購入してみてはいかがだろうか。

ヒアルロン酸は欠点が多い?目のくぼみ改善はアイクリームがおすすめ

目のくぼみ改善にヒアルロン酸注入をするメリット・デメリット

目のくぼみは老け顔の大きな原因であり、人によっては見た目のコンプレックスをまねく要因となる。
このため悩んでいる人は多いと思うが、どうやって解消するべきか迷っているのではないだろうか。

実は目のくぼみを解消する方法は意外と多く、ヒアルロン酸注入もその中の一つだ。
外科的な手法だが、ヒアルロン酸そのものは非常に安全な物質で、人間の肌の中に存在する。
そのため、直接注入するとは大きな不安を感じたり、無駄に心配したりする必要性は薄い。

また、ヒアルロン酸注入はいくつかのメリットもある。
特に即効性を求めるのであれば、一度真剣に検討するだけの価値があるだろう。

メリット

すぐに効果が現れる

ヒアルロン酸注入が他よりも優れている点は、すぐに効果が現れることだ。
後述するアイクリームは、効果が現れるまでに時間がかかるが、ヒアルロン酸は注入してすぐに変化が出る。
すぐにでも改善したい・くぼみをなくしたいといった人には、非常に魅力的な点といえるだろう。

なお、施術自体もほとんど時間がかからない。
一般的な注射と変わらないため、忙しい人でも安心して施術を受けられる。

注射痕がまったく目立たない

外科的な手法としては、目のくぼみを切開する施術方法もある。
しかし、切開痕が残ってしまうため、見た目を気にする人には決しておすすめできない。
現在は医療技術が進んだとはいえ、数ミリほど痕が残る点には注意が必要だろう。

一方、ヒアルロン酸注入は目元に注射するだけなので、痕がほぼ残らない。
注射痕が目立たないし、しばらくすれば痕もきれいに消える。
見た目が気になる人でも気軽に施術を受けられるだろう。

しばらくは効果が続く

ヒアルロン酸を注入した後は、数ヶ月ほど効果が持続する点もメリットといえる。
人によって持続時間は変わるものの、しばらくの間はいっさい何もせずに済むのは魅力だ。
効果が長期間持続すれば、ケアの手間を省けるし、見た目のコンプレックスも解消できるだろう。

以上のように、ヒアルロン酸を注入するメリットは3つもある。
これだけでも十分魅力的かもしれないが、実はデメリットもかなり多いのが実情だ。
下記4つのデメリットに少しでも不安を感じたら、アイクリームを試してみてはいかがだろうか。

デメリット

年に数回は注射をしなくてはいけない

ヒアルロン酸注入は、あくまでも一時的な効果改善効果しかない。
この点が最大のデメリットといっても過言ではないだろう。

ヒアルロン酸注入で目のくぼみを改善するためには、年に数回は注射をしてもらう必要がある。
なぜなら、ヒアルロン酸は徐々に皮膚へと吸収されるからで、人によっては1年程度で完全に吸収されてしまう。
もし目のくぼみを克服したいなら、他の方法も考えたほうがよいだろう。

保険がいっさい適用されない(費用が高い)

ヒアルロン酸注入は保険が適用されないことも注意が必要な点といえる。
一般的な保険診療とは異なり、ヒアルロン酸注入などの美容系は自由診療にカテゴリされている。
自由診療は健康保険がきかず、全額自己負担となってしまうのだ。

一概にいえないが、1回の注入で数万円の出費は覚悟したほうがいい。
もし年2回受けたとすれば、10万円をオーバーする可能性も出てくるだろう。

数日間ほど内出血や腫れが出る場合もある

ヒアルロン酸は安全な物質だが、注入後に内出血したり、目の周囲が腫れたりすることもある。
もちろん数日ほどで症状は引くものの、こうした副作用が気になる人は少なくないだろう。
アイクリームは事前にパッチテストできるので、副作用の心配は少なめだ。
一方のヒアルロン酸注入はパッチテストができないため、施術を受けるまで分からないのがネックといえる。

クリニックまで通うのが面倒

施術を受けるためには、クリニックまで通わなくてはいけない。
自宅から徒歩数分の場所にあるならよいが、距離があると通うことすら面倒になってしまうだろう。
年に1〜2回とはいえ、時間をかけて通院するほどなら、自宅で可能なケアを選んだほうがよい。
通院する手間を省けるし、何より手軽に目のくぼみをケアできるだろう。

目のくぼみの改善にはアイクリームがおすすめの理由

ヒアルロン酸注入はメリットとデメリットが明確に分かれている。
費用を気にせず、即効性を求めるなら最適な方法だが、そうでなければアイクリームがおすすめだ。

アイクリームには即効性がない反面、ヒアルロン酸注入とは違った強みを持っている。
費用も高くないので、ケア方法で迷ったら試してみてもよいだろう。

自宅にいながら目のくぼみがケアできる

アイクリームが優れている点は、自宅にいながらでも目のくぼみをケアできることだ。
わざわざクリニックへ通わなくて済むので、手軽さという点ではヒアルロン酸注入に勝っている。
気が向いたらいつでも使えるし、マッサージなど、他の方法と合わせることで、さらに効果が期待できるだろう。

アイクリームはサイズも小さいため、自宅だけではなく、外出先でもケアすることも可能だ。
出張や旅行で自宅を離れるような時でも、アイクリームを持ち歩いておけば問題ない。

1回数分のケアでOK

アイクリームは使うのに手間がかかる、と思っている人も少なくはないだろう。
確かに毎日使わないといけないので、手間に感じることは多いかもしれない。
だが、1回わずか数分で済んでしまうため、面倒に感じるほどのレベルではないだろう。

なお、使用回数は製品によって異なるが、1日あたり1〜2回でよい。
基本的に朝と晩の2回で済むので、こまめに使用する必要はないだろう。
万が一使い忘れたとしても問題はない。

通信販売で買うことができる

ヒアルロン酸注入はクリニックや美容外科まで足を運ぶ必要がある。
それを面倒に感じる人は多いと思うが、アイクリームは自宅でケアできるうえ、通信販売で購入が可能だ。

楽天やAmazonなどの大手通販サイトはもちろん、各アイクリームの公式サイトから買うことができる。
どちらが安いかは製品によって変わるものの、通販で買える手軽さは代えがたいメリットだろう。

月数千円の出費で済んでしまう

出費が少なくて済むのもアイクリームのメリットだ。
ヒアルロン酸注入は1回あたり数万円もするため、年間10万円以上の費用がかさむこともある。
出費が気になる人にとって、少し手が出しづらい金額といえよう。

しかし、アイクリームなら1本30日分が数千円ほどで購入できてしまう。
仮に1本4,000円とした場合、1年間でも5万円以下の出費で済む計算だ。
ヒアルロン酸注入1回分の費用で1年間使えるのは魅力的ではないだろうか。

なお、定期コースや割引を活用すれば、出費をさらに抑えることができる。
いくつかのアイクリームを購入し、使い分けたり、比較したりするのもいいだろう。

副作用の心配は少ない

副作用に不安がある人もいると思うが、アイクリームは副作用のリスクも低めだ。
先にも触れたとおり、パッチテストを実施できるためである。
パッチテストを行えば、アイクリーム使用後にかゆみ・痛みなどの症状が出るか確認できる。

反対にいえば、パッチテストを実施せずにアイクリームを使うのは少々不安が残る。
これまで副作用の経験がない人も、念のためテストを行うとよいだろう。

まとめ

ヒアルロン酸注入は決して悪い選択肢ではない。
アイクリームにはない即効性があるので、すぐ目のくぼみを改善したい人には最適な方法だ。

しかし、費用が気になる人や、もっと簡単にケアしたい人は、アイクリームを試してみてほしい。
気軽に使えるので、目のくぼみが気になり始めたら使ってみるとよいだろう。

目のくぼみを改善するなら美容外科とアイクリームのどちらがいい?

美容外科で目のくぼみを改善することも可能

目のくぼみは老け顔の大きな原因となるだけでなく、自分の自信喪失につながってしまうおそれすらある。
健康に与える影響はいっさいないし、気にしないのであれば問題はないのだが、やはり鏡を見た時に気にしてしまう人は少なくないだろう。

このような場合、目のくぼみの改善することを真剣に検討するべきだ。
そのままの状態では改善されることはないし、むしろ悪化する可能性すら考えられる。

問題は改善方法だが、自宅で改善する手段もあれば、美容外科に通って改善することもできる。
特に確実性が高いのは美容外科で改善する手段で、以下のような方法を利用すれば短期間で目のくぼみが改善されるだろう。

主な改善方法

ヒアルロン酸やコラーゲン、脂肪注入

もっともポピュラーな方法がヒアルロン酸やコラーゲン、脂肪注入などの方法だ。
これらは目のくぼんだ部分へ注射器で注入するだけのお手軽な手段で、注入してからすぐに変化が現れる。
即効性が高く、かつ長期にわたって効果が持続する方法だ。

ヒアルロン酸やコラーゲンは元から肌にある成分なので、注入しても副作用のリスクが非常に低い。
脂肪注入も自分の脂肪を注入する方法であり、拒絶反応が出る可能性はめったにない。
そう考えると、魅力の多い方法ともいえるのではないだろうか。

外科的手術もある

ヒアルロン酸などの注入では改善効果が見込めない場合や、目のくぼみが影響してシワ・たるみができている場合などは、外科的な手段で改善をする方法もある。
簡単にいえば皮膚の一部を切除し、目がたるんだり、くぼんだり見えている状態を緩和するものだ。

こうした手段は上記のヒアルロン酸などを注入する施術と比べて効果が永続的なうえ、施術後はすぐに効果を実感できるのが強みである。
だが、後述するように傷跡が残る点などは注意しなくてはいけない。

一部では切らない手術も受けられる

一方、切らずに目のくぼみを改善する施術を導入している美容外科もある。
方法はクリニックによって異なるが、小さい傷跡も残したくない人なら候補に入るだろう。
ただし、一度クリニックでカウンセリングを受けるか、相談して決めることをおすすめしたい。

このように、美容外科で目のくぼみを改善する方法はいくつもある。
そのほとんどに即効性があるので、すぐ改善したい・短期間でなんとかしたいといった人にはピッタリだろう。

しかし、美容外科の各種施術はさまざまなデメリットがあり、決して気軽にできるものではない。
何よりも費用が高く付いてしまうし、方法によっては傷跡が残ってしまう危険すらある。
もちろん効果は期待できるが、よほどのことでなければアイクリームを使ったほうがいいだろう。

もし美容外科で施術を受けるか、アイクリームを使うか悩んだ場合、迷わずアイクリームを選ぶべきだ。
詳しくは後述するが、目のくぼみケアに最適な理由がいくつもある。

美容外科よりアイクリームが最適な理由

美容外科で受けられる目のくぼみの改善方法はメリットもあり、どれも魅力的に映ってしまうだろう。
人によってはクリニックなどで施術を受けるべきだが、ほとんどの人はまずアイクリームを試したほうがいい。

アイクリームは即効性がなく、目のくぼみがすぐに改善されるわけではないし、効果の実感も個人差が大きい。
だが、そうしたデメリットを差し引いても美容外科の各種方法より利点が多い。
特に下記の6つは大きな利点といえるが、少しでも魅力を感じたらアイクリームを試してみるべきだろう。

費用が抑えられる

美容外科よりもアイクリームが優れている最大の理由は、やはり費用が安く済むことだろう。
アイクリームは一本あたり数千円という低価格で販売されており、1日わずか数十円でケアできるのだ。
定期コースやまとめ買いなど各種割引を利用すれば、よりお得に購入することができる。

美容外科はヒアルロン酸などの注入でさえ1回あたり数万円、場合によっては10万円近い出費になる。
手術も基本は自由診療なので、保険が適用されず、数十万円の出費を強いられる可能性もあるだろう。

自宅にいながらケアできる

自宅でケアできることもアイクリームの魅力である。
美容外科の場合、クリニックまで通院しなくてはいけない。
自宅の近くにあれば通うのも楽だと思うが、逆に遠ければ苦労するだろう。

アイクリームなら外出する必要がない。
自宅にいながら簡単にケアできるので、通院の手間を省くことができる。
その分楽だし、手軽に始められることはメリットといえるだろう。
そもそも通院するのが面倒という人にとっては、かなり大きな魅力ではないだろうか。

傷跡が残るリスクがない

美容外科で皮膚を切除したり、何らかの施術を受けた時、傷跡が残ってしまう可能性もある。
現在は技術も向上しており、昔ほど大きな傷跡が残ることはないが、数ミリでも気になってしまう人はいるだろう。
このため、カウンセリングの段階からしっかりと考えておく必要がある。

一方のアイクリームだが、傷跡が残ることはいっさいない。
基本的に手術などは必要ないし、くぼみが気になる部分にクリームを塗るだけなのだ。
傷跡のことを気にせずに済むのは魅力といえる。

だが、副作用がでないとも限らないので注意してほしい。
特に肌が弱い人は、パッチテストを実施してから使用の判断をおすすめする。

気が向いたらすぐ始められる

アイクリームはいつでも好きな時に始められるのがメリットだ。
これも美容外科と比べて大きなアドバンテージとなるだろう。

もちろん美容外科も好きなタイミングで通うことができる。
しかし、アイクリームほど手軽とは言いがたいし、やはりキッカケが必要になるだろう。
費用のことも考えなくてはいけない。

アイクリームは先述どおり費用が安くて済むし、いつでも買うことができる。
いずれにせよ、目のくぼみが気になってきたら始めてみるべきだろう。

1日わずか数分のケアでよい

毎日のスキンケアは面倒だと感じる人は少なくないだろう。
できれば手間を省きたい・楽したいと考えるかと思う。
確かにスキンケアは手間がかかるが、アイクリームならほとんど気にしなくていいだろう。

製品にもよるが、アイクリームは1日わずか数分のケアで済んでしまう。
1日1~2回、1回あたり2~3分程度で終わるので、ほとんど手間を感じることはないだろう。

なお、美容外科は数ヶ月に1回の通院でよいが、やはり手軽さで劣るのだ。
アイクリームは毎日のケアが必要だが、1日数分で済む分手軽にできるだろう。

インターネットの通販で気軽に購入できる

インターネットの通販を利用すれば、さまざまな商品を買えるが、当然アイクリームも売られている。
パソコンやスマホからすぐに購入できる点もアイクリームの強みだろう。

なお、通販を利用して複数のアイクリームを購入し、いくつか試してみるのもよい。
その分費用はかさんでしまうが、自分に適した製品を見つけることができる。

製品によっては初回お試し価格で購入できたり、割引が使えたりする。
これらを活用すれば、出費を抑えることも可能だ。

まとめ

目のくぼみをすぐにでも直したいのであれば、美容外科へ通うことをおすすめしたい。
だが、費用を少しでも抑えたい・もっと手軽にケアしたいと考えているなら、アイクリームの使用を検討してほしい。

アイクリームは美容外科と比べても手軽だし、費用を抑えることができる。
即効性では劣ってしまうが、それ以外ではアイクリームが勝っているだろう。
目のくぼみが気になり始めたら、まず試してみてはいかがだろうか?

目のくぼみ改善にアイクリームを使うメリットとデメリット

アイクリームを利用するメリット

目のくぼみが気になり始めたら、まずはしっかりとケアしてやることが大切だ。
そのままにしておくと悪化するだけだし、改善するケースはほとんどない。
このため、何らかの手段でケアをしなくてはいけないが、もっともおすすめの方法がアイクリームである。

アイクリームは目のくぼみ改善に特化したものも多く、さまざまなメーカーが販売している。
インターネットの通信販売で購入できるので、ぜひ一度試してみてはいかがだろうか。

目のくぼみを改善する方法は他にもいくつかあるが、アイクリームはメリットが多い。
くぼみの状態・大きさに関わらず、迷ったら使ってみるべき、と断言してもよいほど利点があるのだ。
なお、主なメリットは以下に挙げる5つがある。

 

5つのメリット

手頃な費用で取り組むことができる

まず挙げられるのが価格だ。
アイクリームは一本数千円ほどで購入できる製品ばかりで、お試しセットとなるとさらに安い。
コストパフォーマンスは優れているといってもよいだろう。

たとえばヒアルロン酸を注射した場合、1回10万円ほどの費用がかかることもある。
それを数回は繰り返さないといけないから、最終的な費用は数十万円にもなってしまう。
さすがに手が出せない、高いと感じてる人は少なくないだろう。

一方のアイクリームだが、30日分で4~5千円ほどの値段になっている。
1年間使用しても5~6万円の出費で済んでしまうのだ。

安い製品だとさらに費用を抑えられるし、定期コースなどの割引を駆使すれば、年間5万円以下の出費で済むだろう。
出費を抑えつつ目のくぼみをケアしたい人には大きなメリットとなる。

通信販売で簡単に買える(試しやすい)

現在はディスカウントショップなどでもスキンケア用品を買うことは可能だ。
だが、アイクリームは通信販売で買ったほうがやすいし、明らかに手軽である。
特に目のくぼみをケアできるアイクリームは通販のほうが楽なうえ、口コミや評判を確認しながら選べる。

また、最初はお試し価格で購入できる製品も中にはある。
いきなり特定のアイクリームを買うことに抵抗がある人は、自分に合った製品を探してみるのもいいだろう。
一度に数種類買って試してみるのもおすすめだ。

ただし、送料がかかることもあるので注意してほしい。
予想以上に出費が膨らむ可能性も否定できないので、購入時はしっかり確認しよう。

わずかなケアで済む(手間がかからない)

目のくぼみをケアする方法はたくさんある。
例えばマッサージをしたり目を休めたりする方法があるが、いずれも手間と時間がかかってしまうのがネックだ。

対するアイクリームは、ほとんど時間をかけずにケアすることができる。
製品によって変わるが、1日あたり2~3回使うだけで済んでしまう。
さらに1回あたりのケア時間も2~3分、長くても5分ほどで終わるので、負担を感じることも少ないだろう。

もし余裕があるなら、他の方法と組み合わせて目のくぼみをケアするのもよい。
アイクリーム単独でケアするよりも効果が期待できるだろう。
ただし、手間が増えてしまうので、簡単に取り組める方法を取り入れてほしい。

自宅でケアできる

ヒアルロン酸や脂肪の注入などは、目のくぼみを改善するポピュラーな手段だ。
しかし、自宅で取り組むことができず、美容形成外科やクリニックまで足を運ばなくてはいけない。
都市部に住んでいるなら問題はないだろうが、地方に住んでいると通うのに時間がかかったり、そもそも外科・クリニックがなかったりするだろう。
そのような場合、ヒアルロン酸の注入などは選択肢から外れることになる。

だが、アイクリームなら場所を問わずにケアすることができる。
わざわざクリニックまで行かずに済むし、自宅で手軽にケアできるのが魅力だ。

アイクリームは小型で持ち運びもしやすい。
そのため、外出先でもケアすることは可能だ。
バッグやかばんに入れておけば、例えば宿泊先でも使えるようになる。

目の周りのエイジングケアも可能

アイクリームはさまざまな成分が配合されている。
目のくぼみに特化した製品も多いが、コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など、肌によい成分を配合しているのが特徴だ。
このため、目のくぼみだけでなく同時にエイジングケアをすることもできる。

エイジングケアは化粧水や保湿クリームなどを使うのが一般的だろう。
だが、目のくぼみに限ればアイクリームだけでも十分事足りる。
スキンケアをしていない人も多いと思うが、アイクリームを使って目の周辺だけでもエイジングケアしてみるといいだろう。

アイクリームを利用するデメリット

一方、アイクリームも決して万能というわけではない。
いくつかのデメリットもあるので、しっかり把握したうえで使用するか検討をしてほしい。

だが、デメリットとはいえさほどネックにはならないだろう。
ほとんどの人にとって、アイクリームはメリットのほうが上回るはずだ。

効果の見極めに時間がかかる

ヒアルロン酸注射のような外科的手法は、施術後はすぐに効果が現れる。
このため、即座に目のくぼみを改善したいのであれば、検討の余地が出てくるのではないだろうか。

しかし、アイクリームはすぐ効果が出ることはなく、効果が現れるまでに時間がかかるので注意してほしい。
効果を見極めるためには最低でも数週間、できれば数ヶ月単位での判断が必要になるだろう。
もし本格的に始めるのであれば、一つのアイクリームをしばらく使い続けるのは望ましい。

絶対に改善されるわけではない

アイクリームはあくまでも化粧品であり、医薬品ではないことに注意が必要だ。
さまざまな成分が配合されているものの、目のくぼみを100%改善してくれるという保証はない。
目のくぼみケアに最適な化粧品であり、病院などで処方される薬とは異なるのだ。

だが、効果が出ないとも限らない。
人によって効果の出方は異なるので、一度試してから判断するべきだろう。
割引購入すれば出費を抑えられるので、定期コースなども上手に活用したいところだ。

アイクリーム選びが大変

目のくぼみをケアできるアイクリームは非常に多く、ネットで通販できるものだけでも数え切れないほどある。
選択肢の多さが魅力といえるが、逆にいえばアイクリームを選ぶだけで大変かもしれない。
どれを選んだら良いか悩んだり、決められなかったりするだろう。

アイクリームを選ぶのは一苦労するが、ネットの評判を参考にしてみるといい。
使用者のレビューや体験談を読めば、どの製品がよいか大まかに判断することができる。
ただし、嘘を書いている可能性もないとは言えないので、あくまで参考程度に留めておこう。

副作用に注意が必要

化粧品にはさまざまな添加物が使われている。
肌によい働きをもたらすものもあるが、体質によってはかゆみや痛みなど、副作用が出ることに気をつけてほしい。
アイクリームも非常に多くの成分が使われている反面、副作用が出るおそれもゼロではない。
肌の状態などの条件によるものの、敏感肌の人や過去に副作用が出た人は、注意しておいたほうがいいだろう。

もし不安があるなら、使用前にパッチテストを実施することをおすすめする。
副作用が出ないことを確認してから使おう。

まとめ

アイクリームを利用すれば簡単に目のくぼみをケアできる。
デメリットも少なくはないが、ケアの時間がかからず、費用をかけずにズムのがメリットだ。

手軽にケアしたい、費用を抑えたいと考えている人は多いと思う。
少しでも目のくぼみを改善したいなら、アイクリームを一度試してみてはいかがだろうか。

目のくぼみにヒアルロン酸注射より試してもらいたいおすすめケア方法

目のくぼみへのヒアルロン酸注射はポピュラー

目のくぼみで悩んでいる人も少なくはないだろう。
くぼんだ部分に影ができてクマのようになったり、老けて見られたりしたこともあるかとは思う。

美容面に限ってみると非常にやっかいともいえる目のくぼみだが、美容形成で緩和・改善をする方法もある。
特に定番なのがヒアルロン酸注射で、多くの人が利用しているのだ。
美容ネタに敏感な人は、ヒアルロン酸注射に関する情報を一度か二度は見たことがあるだろう。

ヒアルロン酸は体に害を及ぼすことはめったにない。
もともと人間の肌に含まれている成分で、潤いや保湿、肌年齢などに関わっている。
サプリメントなどの健康食品でも補給できるので、身近な成分といってもおかしくはないだろう。

そんなヒアルロン酸だが、目のくぼみを改善するためにまぶたへ注射することもできる。
決して珍しいものではないし、多くの美容外科が提供しているため、手軽に受けられる施術でもあるのだ。
もし悩んでいるなら一度施術を受けてみるのもいいだろう。

しかし、ヒアルロン酸注射も決して万全なわけではない。
もちろん効果的な方法ではあるのだが、デメリットも多く、人によっては他の方法を試したほうがいいだろう。

特にネックなのは費用と効果の持続時間だ。
ヒアルロン酸注射は保険が適用されず、施術費用は全額自己負担となる。
クリニックにより異なるが、1回あたり数万円の費用はかかってしまうのだ。

これを高いと見るか安いと見るかで判断が変わるだろう。
なお、ヒアルロン酸注射は数ヶ月しか持たず、何度か施術を受ける必要がある。
完全にくぼみを消すためには10万円以上の出費を覚悟するべきだ。

このように、ヒアルロン酸注射はデメリットもある。
特に費用が高いため、及び腰になる人も少なくはないと思う。

なら、どのような方法で目のくぼみをケアするべきか?
そんな疑問も浮かんでくると思うが、おすすめなのはアイクリームだ。
ヒアルロン酸注射よりもメリットが多く、優れているといっても過言ではない。

ヒアルロン酸注射も目のくぼみ改善に効果的だが、誰にでも最適な方法とは言いがたい。
検討中の人もいると思うが、ぜひアイクリームも試してみてほしい。

アイクリームがヒアルロン酸注射より優れる理由

アイクリームを利用すれば目のくぼみを気軽にケアできる。
だが、ヒアルロン酸注射と比べてどのようなメリットがあるのだろうか?

そのような疑問が浮かんだ場合、以下を読んでもらいたい。
いかにアイクリームが優れているか分かるだろう。

費用が安い

ヒアルロン酸注射よりアイクリームが優れている点として、真っ先に挙げられるのが費用だ。
先ほど触れたように、ヒアルロン酸注射はトータルで10万円を超えることも珍しくない。
コストパフォーマンスがよいとはいえないし、気軽に出せる金額とも言いがたいだろう。
ローンや分割払いを使えるクリニックも多いが、そこまでしたくない人も多いと思う。

一方のアイクリームだが、1本あたりの価格は数千円で済んでしまう。
1本あれば1ヶ月程度は使えるから、仮に1本5千円とすれば1年間で6万円となる。

つまりヒアルロン酸注射1回とアイクリーム1年分はほぼ同等の出費だ。
実際はもっと安く購入できるので、出費も抑えられるだろう。

通販で購入できる

ネットで通販できることもアイクリームの強みといえる。
ヒアルロン酸注射はクリニックや美容外科へ通わなくてはいけないので、通販のような手軽さはない。
通う回数は数ヶ月に1回でよいが、近くにクリニックなどがないと大変だろう。
住んでいる地域によっては、片道1時間以上かけて通うことになると思われる。

一方、アイクリームはパソコンやスマホから注文するだけでいい。
わざわざ買いに行かなくていいし、商品が届くのを自宅で待っていれば済むのだ。

製品によっては定期コースも用意されている。
1ヶ月に1回程度のペースでアイクリームを届けてくれるので、何度も注文する手間を省ける。
買い忘れの防止にもなるだろう。
割引が適用されることもあるため、安く買いたい人にもおすすめだ。

さまざまな製品を試しやすい

アイクリームといっても多数の製品がある。
選ぶのに悩むところだが、お試し品価格で購入できる場合も多く、複数の製品を買って試すことも可能だ。
一番効果を実感できたものを選べば、目のくぼみもしっかりケアできるだろう。

一方、ヒアルロン酸注射は気軽に試すことができない。
キャンペーン価格で安く施術できる場合はあるが、複数のクリニックで施術を受け、その中から選ぶことは難しい。
施術してもらうクリニックを決めたら、簡単に変えることはできないのだ。

アイクリームは自分に合わなければ他の製品を試せる。
出費は増えるが、色々な製品を比較的できるのはメリットといえよう。

自宅でケアできる

ヒアルロン酸注射を受けるためにはクリニックへ通う必要がある。
注射後はすぐに効果が現れるが、裏を返せば自宅ではケアができないわけだ。

アイクリームは自宅で目のくぼみをケアできる。
後述するように、ケアにかかる時間もわずかで済むので、負担が増える心配もない。

気軽に自宅でケアしたい、忙しくて暇がないという人も多いと思う。
合間を見てクリニックへ行くのも手だが、アイクリームなら自宅でケアできるし、忙しくても問題ない。

ただし、アイクリームも人によって効果の出方が異なる。
効果が実感できなかったり、目のくぼみが改善されなかったりする可能性もあるので注意してほしい。

持ち運びも可能

持ち運んで使える点もアイクリームの魅力だ。
バッグに入れて持ち運べば、オフィスや宿泊施設など外出先でも使うことができる。

ヒアルロン酸注射と比べるのも変かもしれないが、それこそ忙しい人や、クリニックに行く暇がない人にとっては大きなメリットになるだろう。
時間をかけず、簡単に目のくぼみをケアできるからだ。

1日わずかな時間で済む

アイクリームは基本的に毎日使わなければいけない。
面倒に感じるかもしれないが、1日に必要なケアの回数は1~2回で、1回あたり2~3分のケア時間で済んでしまうのだ。
確かに毎日という点がネックではあるものの、習慣化してしまえば負担を感じることもないだろう。

ヒアルロン酸注射は数ヶ月に1回の施術で済むが、クリニックまで行く手間がかかる。
結局時間を取られてしまうので、回数は少ないものの面倒に感じるだろう。
その点1日数分のケアで済むアイクリームはヒアルロン酸注射より手軽である。

副作用のリスクが低い

ヒアルロン酸注射でネックとなるのは副作用だ。
全員に出るわけではないが、顔のほてりや発疹、腫れなどの症状が現れる場合もある。
生活に影響が及ぶ可能性もあるので、十分注意しなくてはいけない。

アイクリームも体質によっては副作用が出る危険はある。
だが、事前にパッチテストを実施できるので、ヒアルロン酸注射と比べてリスクは低いといえる。
ヒアルロン酸注射はそう簡単に試せないからだ。

なお、アイクリームをパッチテストなしで使うこともできるが、かゆみなどの症状が出る可能性は捨てきれない。
できればテストしてから使用を判断してもらいたい。

まとめ

目のくぼみを改善する方法は非常に多くある。
ヒアルロン酸注射は効果の高い方法の一つだが、費用を考えると気軽に利用できるとは言いがたい。
もっと手軽にケアしたいなら、まずアイクリームを試すべきだろう。

アイクリームもデメリットはあるが、ヒアルロン酸注射よりも優れる点が多い。
どのようなケア方法がよいか迷った場合、一度使ってみることをおすすめする。

目のくぼみケアに最適!アイクリームのメリットと使い方のコツ

目のくぼみをアイクリームでケアするメリット

目のくぼみをケアする手段は非常に多いが、アイクリームは手軽さが魅力だ。
アイクリームというと女性向けの製品が大半を占めるものの、男性が使っても何ら問題がない。
むしろメリットが多いので、迷った時は一度試してみることをおすすめしたい。
目のくぼみケアには最適といってもよいだろう。

だが、どのようなメリットがあるだろうか?
そのような疑問が浮かぶ人も多いのではないかと思うが、以下のようにさまざまなのメリットがある。

出費を少なく抑えられる

アイクリームのメリットとして挙げられるがコストパフォーマンスだ。
さまざまな製品があるとはいえ、その多くは1本数千円で買うことができる。
1日100円程度、1ヶ月でも数千円ほどの出費で済んでしまうのだ。

もちろん製品によって値が張ってしまうのは難点だが、高い製品はごく一部しかない。
むしろアイクリーム自体は他のスキンケア用品に比べて低価格といえよう。

なお、定期コースで購入できるものや、お試し品を提供している場合もある。
定期コースなら割引価格で買えるので、出費を抑えたい人は活用しよう。

また、いきなり数千円の出費はしたくない、という人はお試し品がおすすめだ。
製品によっては通常価格の数分の1で試すことができる。

1回数分のケアで目のくぼみ対策が可能

目のくぼみケアに時間を割きたくない人も多いだろう。
特に忙しいとケアする時間すらもったいないが、アイクリームなら多忙な人にも最適だ。

アイクリームは使い方が非常に簡単で、くぼんだ部分に塗るだけでよい。
それ以外のケアは不要だ。

塗る回数も1日1~2回でよいうえ、1回あたり2~3分で済んでしまう。
これなら忙しい朝でも問題なく使えるだろう。

ただし、使い方にはちょっとしたコツがある。
後述するが、効果を高めるためにもしっかり覚えてほしい。

インターネットですぐに購入できる

現在はインターネットを使えば何でも買うことができる。
当然アイクリームもネット通販で購入可能だ。
ドラッグストアやコスメショップまで足を運ぶ必要がないし、製品をじっくり比較して選べる。
こうした点もアイクリームのメリットといえるだろう。

しかし、自宅へ届くまでに数日かかることに注意してほしい。
通販なので仕方ないが、少しでも早く使いたい人はできるだけ早めに注文しよう。

さまざまな成分を補給できる

目のくぼみをケアするためには何種類もの成分を補給しなくてはいけない。
だが、食事やサプリメントでの補給には限界があるだろう。
食事のメニューが偏ってしまうし、サプリメントも結局はお金がかかってしまう。

一方のアイクリームもお金はかかるが、ケアに必要な成分を一度にまとめて補給できる。
食事を変える必要はないし、サプリメントを何種類も飲まなくて済む。
普段の生活にアイクリームを取り入れるだけでよいのだ。

配合成分は製品によって違うが、目のくぼみ用を選べば問題はない。
食事を変えたりサプリメントを飲んだりするのが面倒な人は、ぜひアイクリームを試してみてほしい。

どこにでも持ち歩ける

アイクリームはコンパクトな製品が多いため、気軽に持ち歩けるのも魅力だ。
このため、自宅以外でも目のくぼみをケアすることができる。

例えば旅行の際にバッグへ入れておけば、宿泊先でもケアが可能だ。
朝忙しくて使う暇がなかった時でも、バッグに入れておけば会社や外出先で使用できる。

アイクリームは毎日使わないといけないが、、外出先で使用できるのは大きな強みといえよう。
時には使い忘れることもあると思うが、いつでも使えるように普段から持ち歩いておくのもおすすめだ。

アイクリームを使う時のコツ・注意点

目のくぼみのケアはアイクリームさえあれば問題ない。
しかし、ただ使うだけでは効果を実感できない可能性もある。
以下で挙げる点はいずれも重要性が高く、アイクリームの効果にも関わってくる。
ポイントを押さえ、正しい使い方を身に付けておこう。

まずはパッチテストを実施する

アイクリームを使い始める前に、まずパッチテストの実施をおすすめしたい。
基本的に肌への影響はほとんどないといえるが、肌の状態や体質によっては成分が合わない場合もある。
痒みや発疹などの副作用が出てしまうリスクもゼロではないので、パッチテストを行って状態をチェックしてほしい。

パッチテストは手首の裏側や、二の腕などで実施してみるとよい。
アイクリームを塗った後にパッチを張り、24・48時間ほど置いてみよう。

もし肌に異常を感じた場合、その製品は肌に合っていないと考えられる。
なるべく使用を控えたほうがよいだろう。

塗る際は一方向へ伸ばしていく

パッチテストで異常が見られなければ、アイクリームを使っても問題はない。
毎日アイクリームを使い、目のくぼみをケアしていこう。

なお、アイクリームを塗る時は一方向へ伸ばすことを意識しよう。
色々な方向へ伸ばすと、なかなか浸透させられないからだ。

目頭から目尻に向けて伸ばすのが一番塗りやすいだろう。
クリームタイプのものは指の上でいったん伸ばし、目頭から塗っていくとよい。
スティックタイプも最初は目頭に当て、外側へ向けて塗るのがおすすめだ。

マッサージするように浸透させていく

アイクリームを塗った後、そのままにするのは望ましくない。
ただ塗っただけでは成分が奥まで浸透しない可能性がある。
効果が薄れてしまうので、奥まで浸透させることが必要だろう。

このため、アイクリームを塗った後は指でマッサージしておこう。
指で円を描くように塗り込んでいけば、肌の奥まで成分を浸透させることができる。
決して難しくはないし時間もかからないので、マッサージも癖付けておくとよいだろう。

マッサージ後のケアは不要だが、空気が乾燥しやすい時期は化粧水や保湿ジェルを塗るのもおすすめだ。
肌を乾燥から守るとともに、アイクリームの成分を中に閉じ込められる。

強くこすらない

ただし、目のくぼみの部分を強くこすらないよう注意してほしい。
マッサージは、指の腹で優しく肌を撫でるように行うことが必要だ。

成分を浸透させるために強くこすってしまうと、肌を傷つけるおそれがある。
メラニンなどの色素が沈着するため、シミができることもあるだろう。

塗り込みたい気持ちも分かるが、強くこすらなくても成分は奥まで浸透するのだ。
いずれにせよ、マッサージは優しく行うことを心がけてほしい。

ケチってはいけない

アイクリームは価格が安いとはいっても、1ヶ月あたり数千円の出費となる。
場合によっては節約したい気持ちも生まれてくるだろう。

だが、アイクリームを使う時は絶対にケチらないでほしい。
使用量を減らすと長持ちこそするが、効果は薄れてしまう可能性が高いのだ。

例えば使用量を半分にした場合、肌へ浸透する成分も半分になってしまう。
効果も半減してしまうので、効果が実感できるまでの時間が伸びるだろう。
人によっては効果が全然出ず、お金だけ無駄になるかもしれない。

そのような事態を防ぐには、パッケージに書かれた目安を守るべきである。
ケチったところでよい結果を得られないため、お金を節約したい人は定期コースや各種割引を活用しよう。

まとめ

目のくぼみのケアにはアイクリームが最適だ。
他の方法と比較して手軽さに優れるし、わずかな時間でケアできるのが強みといえる。

しかし、使い方にはコツがある。
ただ塗るだけではなく、マッサージして塗り込み、ケチらずに使うことを覚えてほしい。
正しい使い方を覚えれば、アイクリームの効果を実感しやすくなるだろう。

どうして凹む?目のくぼみができてしまう主な理由と対策方法

目のくぼみができる理由は?

目の周りがくぼんできたり、凹んできたりしている人もいるのではないだろうか。
このような目のくぼみは決して珍しいものではなく、誰にでも起こるものと考えても差し支えはない。
若い人はさほど気にならないかもしれないが、年齢を重ねていくうちにくぼんでくるパターンもあるほどだ。

目のくぼみは影響も大きく、老けて見られることも多くなる。
若く見られたい人にとっては、かなりのデメリットになってしまうだろう。

しかし、なぜくぼみができてしまうのだろうか。
その理由は人によって異なるが、主に次のようなものが挙げられる。
もしくぼみが気になり始めた人は、まずは自分の原因を探ってみるのもよいだろう。

皮下脂肪やコラーゲンが減少した

まず挙げられる理由が皮下脂肪やコラーゲンの減少だ。
実は目の周りにはいくらかの脂肪が付いており、さらに皮膚の下にはコラーゲンもある。
皮下脂肪は目元をふっくら見せる役割を持っているし、コラーゲンは肌の保湿に欠かせない成分だ。

ところが、これらが減少してしまうと目の周辺にくぼみができてしまう。
脂肪が減少すると目の下のふくらみがなくなるし、コラーゲンが減ると肌の保湿力が低下し、乾燥肌の増加を招く。

いずれも目のくぼみとは切っても切れない関係にあるため、目がくぼみ始めたら皮下脂肪やコラーゲンの減少を疑ってみよう。
改善するためには、美容形成外科で脂肪やコラーゲン注入をする方法ことも可能だ。

急激あるいは無理なダイエットによるもの

上記に関係しているが、急激に痩せたり、無理なダイエットを行ったりすると目がくぼむこともある。
ダイエットによって体脂肪が減ることが理由だが、実は目の回りにある皮下脂肪が減るパターンもあるのだ。

一般的なダイエットの目的は、お腹周りや太もも、二の腕など、気になる部分を引き締めるか、減量のために行う人が多いだろう。
確かにブヨブヨなのは気になるし、健康のためにも体重の管理は重要である。

しかし、無理なダイエットをしてしまうと、細くしたい部分の脂肪が落ちず、他の部分が痩せることもあるのだ。
どこが痩せるかは人それぞれだが、目の周辺の皮下脂肪が減少してしまうことも考えられる。

体重が減っても目がくぼんでしまうと、老けて見られてしまうだろう。
このため、ダイエット方法には注意したほうがよい。

筋肉が衰えてしまった

私達の体には多くの筋肉が付いているが、当然目の周辺にも存在する。
眼輪筋と呼ばれており、瞬きや涙の分泌調整など、さまざまな働きを担っている。
だが、眼輪筋は意外に衰えやすく、目がくぼんでしまう原因にもなるのだ。

筋肉は少しずつ衰えていくものだが、眼輪筋の衰えを感じる機会は少ないだろう。
しかし、日頃から意識しておかなければ、目のくぼみが悪化する可能性もある。

加齢が原因によるもの

加齢によって目がくぼんでしまう人も多い。
人間は誰もが平等に歳を重ねていくが、どのように衰えていくかは人それぞれだ。
例えば美容面に限った場合、髪が薄くなっていく人もいれば、肌の保湿力が低下して乾燥肌が増える人もいる。
それと同じように、目のくぼみができてしまう場合もあるのだ。

もちろんくぼみができない人もいるが、加齢によりコラーゲンが減少するなどして目の下がくぼむことも珍しくはない。
だが、それを歳のせいだからと放置したり、諦めたりすることだけは避けるべきだろう。

目のくぼみの改善・緩和にはアイクリームがおすすめ

加齢を含め、目のくぼみができる原因は少なくない。
それぞれの原因に合わせたケアも欠かせないが、手間がかかってしまう手段もある。
効果が疑わしいものもあるので、効率的に目のくぼみをケアするなら取れる方法は限られるだろう。

では、どのような方法で対策すればよいか?
おすすめなのはアイクリームの活用だ。

アイクリームは珍しいイメージがあるかもしれないが、非常に魅力的な対策手段といえる。
メリットも多いので、悩んだ時こそ検討してみてほしい。

目のくぼみのケアは美容形成外科で脂肪やヒアルロン酸を注入するなど、色々な方法で改善できる。
ところが、費用が高く付いてしまうため、万人におすすめできるものではない。

一方のアイクリームは、他の方法よりも費用面など優れている点が多い。
特に長続きしない人や、出費を抑えたい人に適している。

1日たったの数分でケアできる

アイクリームがもっとも優れているところは、1日数分でケアできてしまう点だろう。
ほとんど時間を取られないので、面倒くさがりな人にもピッタリではないだろうか。

忙しい朝でも時間をかけずに済むし、就寝前でもすぐに使って眠りにつける。
スキマ時間を活用できるため、気が向いた時にケアできるのはアイクリームの大きな利点だ。

なお、使用回数は製品によって異なるが、1日1~2回の製品が多い。
使用回数は少ないほうが負担も感じなくて済むだろう。

コストパフォーマンスに優れる

美容形成外科でヒアルロン酸の注入などを受けると、1回あたり数万円の費用がかかってしまう。
それを何度か繰り返さないといけないので、数十万円の出費は確保したほうがよいだろう。

しかし、アイクリームならそこまでお金をかける必要がない。
1本あたり数千円で販売されており、少なくとも1ヶ月は使用できるからだ。

1年に換算すると数万円の出費になるが、定期コースなどの割引を活用すれば出費を抑えられる。
ヒアルロン酸注入などに比べ、いかにコストパフォーマンスに優れているか分かるだろう。

さまざまな美容成分を補給できる

簡単に美容成分を補給できることもアイクリームのメリットといえる。
目のくぼみケアにはヒアルロン酸やコラーゲンなど、さまざまな成分の補給が欠かせない。
しかし、サプリメントや普段の食事で補給するのは難しいし、化粧水のようなスキンケア製品も手軽さに欠ける。

その点、アイクリームは目のくぼみに塗り込むため、直接成分を補給することができる。
化粧水などより気軽に使えるので、普段使いには最適だろう。

いつでもどこでも使える

アイクリームは非常にコンパクトな製品が多い。
ほとんどの製品は10g・20g程度なので、手軽に持ち運べるのがメリットだ。
オフィスなどの外出先での使用はもちろん、出張や旅行の際にも簡単に持ち歩くことができる。

容器自体も軽く、化粧水やジェルのようなガラス容器を用いた製品はほとんどない。
持ち歩いても重さをほとんど感じさせないし、割れる心配がないのも利点といえよう。

ただし、紛失しやすいことには注意が必要だ。
自宅で使う場合はもちろんだが、持ち歩く際も専用のポーチやバッグを用意したほうがよいだろう。

長く続けやすい

アイクリームは1日数分でケアできることから、長く続けやすい点もメリットだ。
他の方法だと長く続きしない人はもちろん、面倒くさがりな人にも適している。
習慣化もさせやすいため、日課にすることも難しくはないだろう。

その反面、アイクリームは毎日使い続ける必要がある。
効果が実感できるまでに要する時間は人によるが、まず1~2ヶ月は使ってみるべきだ。
ただ、1ヶ月も使っていれば自然と習慣化できるだろう。

まとめ

目のくぼみは皮下脂肪の減少から加齢まで、色々な原因によって引き起こされる。
どのような原因があるにせよ、気になる人は徹底的にケアしたほうがよい。

問題はケア方法だが、手軽にできるアイクリームがおすすめだ。
インターネットで簡単に買えるので、一度試してみてはいかがだろうか。

加齢による目のくぼみが与える影響と改善するための方法5つ

目のくぼみは加齢の影響も大きい

歳を重ねていくうちに、私達の体はさまざまな変化が起こる。
若い頃と比べて無理が効かなくなったり、体力の低下を感じたりしている人も少なくはないだろう。
こうした変化は加齢によるところが大きいが、健康だけではなく美容にも影響を及ぼすことがある。

例えば乾燥肌が増える人もいれば、シミやクマができやすくなる人もいる。
これらは歳を取って肌年齢が老化したことが原因で、人によっては実年齢以上に肌年齢が衰えている場合もある。

だが、加齢による美容への影響はそれだけではない。
歳を重ねることで目の周辺がくぼんでしまう人も多いのだ。

目のくぼみは美容の大敵と言っても過言ではないだろう。
美容面にさまざまな影響を及ぼすため、そのままにすることだけは絶対に避けるべきだ。

確かに気にならなければ問題はないが、以下のような影響を覚悟しなくてはいけない。
美容に対する意識が高い人にとって、いずれも無視できないだろう。

年齢以上に老けて見られる

まず目のくぼみが及ぼす大きな影響が老け顔だ。
年齢に比べて老けて見られる原因になりやすく、状態によっては実年齢+10歳以上、というパターンも考えられる。
老け顔は誰もが避けたいところだと思うが、その原因となる目のくぼみをケアするか、何かしらの対策をしなくてはいけない。

眼力がなくなってしまう

また、眼力がなくなってしまうこともデメリットといえよう。
気にする人は少ないかもしれないが、眼力が衰えると覇気がないように見えてしまう。
まぶたが重いようにも見えるため、人によってはネガティブな印象を受けるだろう。
美容面に悪い影響しかないため、目のくぼみは早急に改善することが望ましい。

肌に張りがなくなる

目がくぼむと、その場所にシワができてしまう場合もある。
シワができる理由は目の周りの脂肪やコラーゲンの減少だが、肌に張りがなくなると、余計老けて見られるようになるのだ。
さらにくぼみが深くなり、クマができたように見えることもある。
肌も乾燥しやすくなるので、美容にとっては悪い影響しかない。

このように、目のくぼみは美容面に影響を与える場合が多い。
もちろん気にしないならそれでもよいが、自分の顔を鏡で見た時、どことなく老けて見えるのは決して気持ちがよいものではないだろう。
やはり若く見られたいと考えるのが普通だ。

目のくぼみは美容の大敵であるが、改善することも決して難しいものではない。
少しでも若く見られたい、老け顔だけは避けたいと考えている人は、改善に向けて対策を取ってみてはいかがだろうか。
後述するが、目のくぼみは色々な方法で改善することができる。

いずれにせよ、目のくぼみを緩和させるためには早めに取り組むことが必要だ。
今すぐに試せる手段もあるので、くぼみが気になってきた人はぜひ一度試してみてほしい。

目のくぼみを改善する方法

では、目のくぼみはどのようにして改善するべきだろうか?
以下では、誰でも始めやすい方法を5つピックアップしている。
自分にあった方法を見つけ、ぜひ実践してほしい。

眼輪筋をトレーニングする

目の周辺には眼輪筋という筋肉がある。
目を開けたり閉じたりする際に使われるほか、目に涙を行き渡らせ、ドライアイを予防する働きも持っている。
非常に大事な役割を担う筋肉であるが、この眼輪筋が衰えてると目のくぼみが生じてしまうのだ。
このため、トレーニングすることでくぼみを改善できる可能性もある。
もしくぼみが気になるなら、一度トレーニングをしてみてはいかがだろうか。

なお、トレーニングする方法はさまざまある。
それこそ数え切れないほどあるので、ぜひネットで調べてみてほしい。

眼輪筋のトレーニングはすぐに効果が出るとは限らないため、毎日続けることが大切だ。
1日数分でよいので、習慣化してコツコツ続けていこう。

温めて血流を改善する

目の周辺を温めることも目のくぼみ改善に効果的だ。
意外に思えるかもしれないが、血行不良も目のくぼみを招く原因の一つである。
血行不良になると血の巡りが悪くなり、眼輪筋の働きが衰えてしまう。
そして目がくぼんだように見えたり、実際にへこんでしまったりするのだ。

特に現代はパソコンやスマホの使いすぎや、デスクワークの影響で目を酷使しやすい。
気がついたら目がくぼんでいるケースも考えられるので、目の血流を改善することが大切だ。

血流をよくする手軽な方法はホットタオルやアイマスクだ。
ホットタオルはすぐに作れるので、目が疲れた時はこまめに温めてあげるとよい。

だが、温めるだけでは一時的な血流改善にしかならない。
もし血行不良が当てはまる人は、根本的な解決策が必要になるだろう。

血流改善や美容によい栄養・食材を取る

では、どのようにして血流を改善するべきか?
考えられるのは食事や栄養面の見直しだ。

血流は普段の私達の生活とも深く関わっており、特に食事は重要な役割を果たしている。
反対に食生活が乱れてしまうと血の巡りが悪くなり、目のくぼみに悪影響を及ぼすこともあるのだ。
一度食生活を見直し、普段食べている料理から不足している栄養を割り出してみるのもよい。

特に意識して補給したい栄養は、ビタミンBやEだ。
いずれも美容にとって重要な栄養だが、老化を予防したり血流を改善する働きを持つ。

他にも、食材ならにんにくや玉ねぎ、イワシなどの青魚を意識して食べるとよい。
お酢も血流を改善させる働きがあるので、これらの食材と合わせて料理に使うのもおすすめだ。

質のよい睡眠を心がける

血流の改善という点では、睡眠の質にも注意したほうがよい。
眠りは私達の美容健康と深く関わっており、質が悪いとストレスや病気の原因になるほか、血行不良を招くことがある。
美容にも悪い柄鏡しか無いため、睡眠環境は一度見直したほうがよいだろう。

睡眠の質を改善する方法は色々とあるが、まずは寝具を変えてみるとよい。
例えば枕の高さが合っていなかったり、敷き布団やマットが硬かったりすると、眠りが浅くなってしまうことがある。
浅い眠りは体に悪影響を及ぼすため、寝具を見直してみることも目のくぼみ対策には効果的だ。

ただし、寝具を変えるだけで睡眠の質が高まるとは言いがたい。
普段の生活も関わってくるため、夜ふかしを避けるなど、習慣を改めることも必要になるだろう。

アイクリームを使って毎日ケアする

食事の改善やトレーニングは面倒だ、という人は、アイクリームを試してみてはいかがだろうか。
毎月数千円の出費が増えるのはネックになるが、費用に見合った効果を期待できる。

アイクリームというと、目元のシワや乾燥肌に対処するスキンケアアイテムのイメージが強いだろう。
確かに間違いではないが、目のくぼみケアに最適な製品や、特化したものも中にはある。
そうした製品を使うことで、くぼみを徐々に改善し、ほとんど目立たなくすることも不可能ではないのだ。

また、アイクリームは1日1回か2回使うだけで済むし、1回あたり1~2分で済む手軽さが魅力である。
忙しい人はもちろん、他の方法では長続きしない人でも気軽に取り組めるだろう。
目のくぼみが気になっている人は、アイクリームから始めてみるのもおすすめだ。

まとめ

加齢が原因で目の周辺がくぼむケースは多い。
そのままにしても健康への影響はないが、美容面に及ぼす影響は大きく、老けて見られる原因となる。
少しでも改善したいなら、眼輪筋を鍛えたり、血流の改善を意識してみるとよいだろう。

アイクリームを試してみるのもおすすめだ。
1日わずか数分でケアできるので、他の方法が面倒に感じた場合や、別の方法と合わせて実践してみるのもよいだろう。