まぶたのくぼみ

目のくぼみにどう対処すべきか?今一度基本のケアをおさらい

目のくぼみは老け顔の大きな原因となる

目の下にくぼみができて悩んでいる人もいるのではないだろうか?
目のくぼみは加齢とともに増える悩みの一つで、男女問わずに悩まされるのが一般的だ。
その原因は人によって異なるが、肌のハリや水分の減少、筋肉の衰えや眼精疲労など、様々な原因が考えられている。

いずれにせよ、目のくぼみは早急な解決が必要な悩みといってもいいだろう。
なぜ?と思うかもしれないが、以下のようなケースに繋がることがあるのだ。

 

年齢以上に見られてしまう

目のくぼみは老け顔の原因となっていることをご存知だろうか?
意外に思えるかもしれないが、目がくぼんでしまうと目の下にクマや影ができたように見え、老けて見られるようになるのだ。

もちろん老け顔の原因はそれ以外にも様々ある。
例えば肌の乾燥や肌荒れもそうだし、スキンケアを怠っている場合など、人それぞれ色んな原因が考えられる。
しかし、目のくぼみは最も大きな老け顔の原因であり、悩みのタネになりやすいのだ。
鏡を見た時「最近老けてきたな…」と感じたら、まず目の周辺の状態をチェックしてみると良い。

 

見た目に自信がなくなる

上記の通り、目のくぼみは老け顔の大きな原因となっている。
このため、人によっては見た目に興味肝心が薄れてしまったり、自信喪失に繋がったりするおそれもあるのだ。

人間はやはり誰でも若々しく見られたいものだろう。
年齢以上に見られるのは極力避けたいだろうし、それ自体が好ましいこととは言えない。
だが、目の下にできたくぼみが気になってしまうと、少しずつ見た目に自信がなくなる可能性がある。
鏡を見るたびにうんざりするだろうし、自分の老け顔を見るのが嫌になってくるだろう。
目のくぼみがストレス源となるが、ストレスそれ自体が体の老化を誘発しかねないため注意が必要だ。

このように、目のくぼみが好ましくない理由は老け顔と自信喪失の2つにある。
特に気を付けておきたいのは老け顔ではないだろうか?
美容に興味関心がある人はもちろん、そうでない人にとってもやはり気になってしまうものだ。

では、目のくぼみと一生付き合っていくことになるのかと言えば、実際はそうでもない。
くぼみができる原因は人それぞれだが、それを解消するための手段も多数あるのだ。
日頃からのケアが重要だし、くぼみを解消するには時間も必要だが、もし気になっているなら取り組むだけの価値があるだろう。
問題はどのような方法があるかだが、以下で挙げる7つによる改善・解消方法が考えられる。

目のくぼみの基本的なケアとは?

目のくぼみを解消するための方法を以下で紹介する。
多少面倒な方法や継続が必要な方法もあるが、何もやらないよりは遥かにマシだろう。
取り組みやすいものも多数あるので、ぜひ普段の生活に取り入れてみてほしい。

①スキンケアを欠かさない

肌の水分が失われると、乾燥肌や肌荒れなどのトラブルを招く。
しかし、実は目のくぼみも肌の水分減少が原因になっていることもあるのだ。

目の下の皮膚は非常に薄く、容易に水分が奪われてしまう。
すると目の周辺が乾燥してしまうだけでなく、一部が凹んだように見えてしまうのだ。
このため、日頃のスキンケアは目のくぼみを予防することにも繋がるといえよう。

②ポイントは保湿だ。

毎日化粧水で適度に目の下を保湿するだけでなく、場合によってはジェルやクリームとの併用も欠かせない。
特に肌が乾燥しやすい秋~冬はもちろん、夏場も冷房による肌の乾燥があるため、こまめな保湿を心がけよう。

③アイクリームで目元の乾燥と衰えを予防する

アイクリームで目元の乾燥などを抑える方法も考えられる。
化粧水などを使ったスキンケアは基本中の基本で、目のくぼみが気にならない人でも行ったほうが良い。
だが、これを毎日続けるとなると意外に大変だし、途中で面倒になってしまう人も少なくはないかと思われる。

そのため、アイクリームを利用して目のくぼみをケアすることもおすすめだ。
何故ならスキンケアの手間を削減できるし、目のくぼみ対策に効果的な成分を配合したアイクリームもある。
またスティックタイプの製品も多く、目の下にピンポイントで塗れることもメリットといえる。

他にも様々な方法があるが、悩んだ場合はアイクリームを取り入れてみてほしい。
1日1~2回のケアで済むようになるので、スキンケアに煩わしさを感じている人にも最適だ。

④ストレッチを行って目の周辺を鍛える

目の周辺にある筋肉の減少も目のくぼみの原因となっている。
普段は意識したことがないかもしれないが、加齢とともに筋肉は衰えていくものだ。
一般的には手足の筋肉の衰えを感じると思うが、目の周辺の筋肉が落ちてしまうこともある。
特に歳を重ねてから目がくぼんだ人は、筋肉に原因があると見ても良いだろう。

そうした目の筋肉の衰えに対処するには、ストレッチなどで目の周辺を鍛えることが一番だ。
決して面倒ではないので、毎日コツコツと続けてみてほしい。

⑤マッサージによる予防もおすすめ

目の周辺を定期的にマッサージし、目のくぼみを予防する手段も考えられる。
上でも触れたとおり、目のくぼみは筋肉の衰えによるものもあるが、マッサージはそれを予防したり、目の周辺の血流改善も期待できる。
眼精疲労の予防にも繋がるため、1日に数回はマッサージしてやると良いだろう。

ただし、何事もやりすぎは禁物だ。
目を傷めないように注意してほしい。

⑥サプリメントでコラーゲンやビタミンCを補う

現在は様々なサプリメントが市販されている。
中には美容に良い成分を配合した製品もあるが、特に目のくぼみを予防するならコラーゲン・ビタミンCを補うのが良いだろう。
コラーゲンは肌の保湿に欠かせない成分で、ビタミンCは抗酸化作用が強く美肌には欠かせない栄養素だ。

しかし、サプリメントのみで目のくぼみが改善される保証はない。
あくまでも栄養を補うものであって、間接的に目のくぼみ予防を行うようなものだ。
そのため、アイクリームなど他の方法とセットにするのが良いだろう。

⑦しっかりと睡眠時間を確保する(不眠や睡眠不足を改善する)

寝不足気味だったり、不眠で悩んでいたりはしないだろうか?
現代人は睡眠不足が多いとも言われているが、睡眠は美肌にとって重要なだけでなく、目のくぼみ予防にも欠かせないのだ。

睡眠不足が乾燥肌などの肌トラブルを招き、目の下にクマが生じる原因となりうる。
更に悪化すると目の下がくぼみ、老け顔に見られてしまうのだ。

もし睡眠不足を感じているなら、質の良い睡眠を覚悟できるよう環境を改善してみよう。
そうすることで目のくぼみだけでなく、健康面にも様々な良い影響が得られるだろう。

 

改善されない場合は外科的手法も検討する

アイクリームやマッサージなどを試しても目のくぼみ改善されない時は、クリニックへ行ってみることもおすすめする。
最終手段ではあるが、目のくぼみを外科的手段で解消することも不可能ではないのだ。
例えば目の周辺にヒアルロン酸を注入する方法は古くからあり、シワを伸ばしたりくぼみを改善する効果がある。
しかし費用がかかるだけでなく、料金が高額になる可能性もあるので気を付けてほしい。

まとめ

目のくぼみは老け顔の原因になるし、見た目に自信がなくなる可能性もある。
一方で様々な解決手段があるので、もしお悩みならケアに本腰を入れてみてはいかがだろうか?
アイクリームのように手軽な手段から始め、改善が見られないならクリニックで相談するのも良いだろう。

目のくぼみは美容外科・整形外科で治療することもできる

目は年齢が出やすい部位と言われている。


例えば加齢とともに小じわが目立ち始めるし人によっては乾燥肌が気になり始めるだろう。
つまり目を見れば大まかな年齢も判断できる、ということである。

歳を重ねると、他にも様々な体の変化が出てくると思うが、意外と悩みやすいのが目のくぼみだ。
目のくぼみは目立つ人とそうでない人がいるが、年齢の影響を受けやすく、状態によっては実年齢以上に老けて見られることもある。
いわゆる老け顔の原因とされており、コンプレックスも抱えやすいのがネックだ。

しかし、目のくぼみは治療したり改善することもできる。
特に即効性を求める人や、すぐにでも改善したい、という人は、美容外科で専門の治療を受けてみてはいかがだろうか。

プチ整形を始め、美容外科と整形外科では美容に関する様々な治療を受けられるのが強みだ。
現在は全国各地にクリニックがあるが、目のくぼみを改善・解消するためのメニューを提供しているところも多い。

例えば以下のような専門治療を受けることができる。
いずれも目のくぼみ改善に期待が持てるが、いくつかのデメリットもある。
もし美容外科で治療を受けようと考えている人は、デメリットも加味した上で決断してほしい。

 

ヒアルロン酸注射(注入)

目のくぼみを改善する方法は様々あるが、即効性を求めている人におすすめしたいのがヒアルロン酸注射だ。
美容外科や整形外科で施術を受けることができるポピュラーな方法で、今やプチ整形と並んで定番といってもおかしくないだろう。

ヒアルロン酸注射は、文字通りヒアルロン酸を目のくぼんだ部分に注射する施術法だ。
聞いたことがある人も多いと思うが、注射してすぐにくぼみが改善されたり、目元がふっくらとするのが特徴である。
そのため、即効性の高さが一番のメリットといっても良いだろう。

また、リスクの低さもヒアルロン酸注射の強みである。
元々ヒアルロン酸は私達の皮膚下にある物質で、常に体内で生成されているのだ。
それを注射するだけなので副作用はほぼ無いに等しく、肌トラブルになる危険性も非常に低い。
なお、ヒアルロン酸は年齢とともに減っていく物質のため、目のシワを改善するために注射する人もいる。

一方、ヒアルロン酸注射最大のデメリットは費用と施術回数だろう。
ヒアルロン酸は注射しても徐々に体内へ吸収され、最終的に注射した分が失われてしまう。
つまり再度注射が必要とされており、その回数は年に3~4回が目安なのだ。
各季節ごとに1回は注射を受けないといけない計算である。

更に費用も少々割高で、安くとも1回あたり3~4万円の費用が必要になる。
ヒアルロン酸注射は自由診療のため保険適用外で、原則として全額自己負担となっている。
クリニックによって実際の費用は異なる点にも気をつけよう。

レーザー治療

レーザーは脱毛でお馴染みかもしれないが、現在は目のくぼみの施術でも取り入れられている。
近年注目を集めている方法の一つで、何より安全性の高さが一番のメリットといえるだろう。

一般的なレーザー治療では医療用レーザーを使用している。
これは医療用のために出力が若干抑えられたレーザーで、安全性を確保しているのが特徴だ。
よく脱毛で使われるレーザーはすべて医療用で、目のくぼみを改善する際にも使われている。

一方のネックは費用と効果、そして何より施術を受けられるクリニックが少ない点だろう。
特にレーザー治療は自由診療が一般的であり、場合によっては費用が高額になるおそれがある。
ただし、これは他のレーザー治療や脱毛でも同じことだ。

またヒアルロン酸注射と違ってレーザーを照射するため、確実に効果が現れる保証はない。
人によって効果が全然出なかったり、さほど変化が見られない可能性もある。

施術を受けられるクリニックも少なく、住んでいる地域によっては一つも無い、といったケースも考えられる。
もし治療を受けたい人は、まずクリニック探しから始めることが重要だ。
ただ、他の方法と比べて総合的に判断するべきだろう。

 

まぶたの切開手術

そして3つ目がまぶたの切開手術である。
こちらも聞いたことがある人はいるだろう。

よくシワを伸ばす目的で施術を受ける人がいるが、目のくぼみを緩和させる手段としても有効である。
特にくぼみの周辺にシワができている場合、切開手術を受けてみてはいかがだろうか。
余っている皮膚を切除することで、くぼみを目立たなくすることができる。

ただし、まぶたの切開手術は傷跡が残る可能性が高い。
これが一番のデメリットであり、手術を受ける人が懸念している点でもあろう。
現在は技術が進歩しているため、昔のように大きか傷跡が残る可能性はほとんど無い。
しかし、小さい傷が残ることは考えられるので、クリニックでよく相談してから決めることをおすすめする。

なお、手術費用はクリニックによって異なる。
比較的安く済む場合もあるが、逆に高く付くこともあるため、事前に確認しておこう。

 

美容外科・整形外科以外の改善方法

目のくぼみは美容外科や整形外科で治療することができる。
ただ、費用が高くなってしまうし、手軽さでは欠けているだろう。

実はそれ以外にも目のくぼみを改善する方法は多数ある。
効果は外科的手法より薄れてしまうが、手軽さでは勝るため、まず実践してみてはいかがだろうか。
主に以下の手法が手軽でおすすめだ。

 

アイクリームの利用

目のくぼみで悩んでいる人全てにおすすめの方法がアイクリームだ。
アイクリームというと様々な種類があるが、目のくぼみをケアできる商品も多数販売されている。
つまり目のくぼみ専用の製品を使えば、美容外科などに通わずとも気軽に改善できるのだ。

もちろんながらアイクリームも万全ではなく、効果に関しては個人差がある。
だが、一本数千円という安さで買える点や、自宅でケアできる手軽さを考慮すると、美容外科や整形外科よりメリットが勝るだろう。
使用は1日1~2回、わずか数分で済んでしまうため、そもそもクリニックへ通う余裕がない人にも適している。

製品によっては初回割引や返金保証を受けられることがある。
こうした面も考えた場合、アイクリームが一番最適な目のくぼみ対策になるだろう。

 

サプリメントの使用と食生活の見直し

もう一つがサプリメントの使用や食生活の見直しだ。
現在は非常に多くのサプリメントが売られており、その中には美容に良い成分を含んだものもある。
特に目のくぼみを改善するのであれば、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌に良い成分を含んだサプリメントが適しているだろう。

サプリメントは健康食品扱いのため、効果が現れる保証はない。
だが、アイクリームと同じく費用を抑えられることから、試してみる価値は十分にあるだろう。

それと並行して食生活の見直しも必要になる。
不摂生な生活は美容に悪影響が及ぶし、目のくぼみが悪化する可能性も否定できない。
サプリメントを飲んでも効果が出ない、という事態に繋がる場合もあるだろう。

いずれにせよ、サプリメントの使用と食生活の見直しは目のくぼみ改善に最適な方法である。
より効果を高めたいなら、アイクリームと合わせて実践するのも良いだろう。

 

まとめ

美容外科・整形外科は全国に数多くあり、目のくぼみの治療を手掛けているところも少なくない。
だが、費用や手軽さがネックとなるため、実際は人を選ぶだろう。

その点アイクリームやサプリメントは手軽に始められる方法である。
ヒアルロン酸注射で改善するのも良いが、その前にアイクリームなどを試してみてはいかがだろうか。

老け顔の原因は目のくぼみにある?老け顔の特徴とくぼみ対策まとめ

そもそも老け顔とはどんな顔か?

老け顔で悩んでいる人もいるのではないだろうか?
一般には老けて見られる人を老け顔と言うが、そもそもどんな顔なのか疑問が浮かぶと思う。
自分では全然そのように感じていなくても、誰かから老け顔と指摘される可能性もあるだろう。

では、どのような顔を老け顔と言うのだろうか?
これといった定義は無いが、以下の5つが当てはまる。

年齢以上に見られてしまう

老け顔で一番やっかいな点がこれだろう。
まだ20代なのに30代に見られたり、30代前半なのに40代に見られるなど、年齢以上に見られてしまうのが老け顔だ。
恐らく経験がある人もいるのではないかと思われる。
老け顔は年齢以上に見られるのが当たり前で、大きな悩みにもなりやすいのがネックといえる。

覇気がなくやつれた印象になる

また、老け顔の人は顔に覇気がなく、どこかやつれた印象を持ってしまうこともある。
顔全体がぼんやりとした感じになることもあるだろう。
老け顔の人全てがそうではないが、覇気がない・やつれていると取られることは珍しくない。

肌のハリがない

老け顔の人の多くに共通しているのが肌のハリのなさだ。
一般的に肌のハリがあると若々しく見られるが、逆にハリがなくなってしまうと老けて見られやすい。
恐らく心当たりがある人もいると思うが、肌のハリは水分量と大きく関係している。
肌のコラーゲンが失われ、水分が蒸発しやすくなっている可能性も考えられる。
いずれにせよ、ハリがなくなるとシワも増えてしまうから、早急な対策が必要だ。

目の周りがたるんでいる

目は人に様々な印象を与えるが、老け顔という印象を与えてしまうおそれもある。
特に目の周りにシワがあったり、たるんだりしていると、年齢以上に老けて見られてしまうことが多い。
その原因は肌の乾燥もあるが、シワが増えてきた・たるんできたと感じている人は注意が必要だ。
そのままほうっておくと余計老け顔になってしまうので、たるみへの対処も欠かせないだろう。

目がくぼんでいる

老け顔に見られる人は少なくないが、目がくぼんでいる人も老け顔とされやすい。
目の周辺の筋肉が衰えてしまったり、水分量が少なくなると目の周りがくぼむこともあるのだ。
恐らく最も多い原因であり、老け顔に見られやすい特徴といっても過言ではないだろう。
年齢を重ねてから年齢以上に見られるようになった人は、目の周りがくぼんでいないか確認をおすすめしたい。

ただ、老け顔だからといって実生活にはほとんど影響がない、といってもおかしくはない。
しかし老け顔ならではのデメリットもあり、人によっては生活に影響が及ぶ可能性がある。
例えば以下の2つが挙げられるだろう。

ストレスの原因になる

老け顔だと人から言われなくても、自分で鏡を見るたびに嫌になる可能性も十分にある。
だが、それを気にしすぎると、ストレスの原因になってしまうこともあるだろう。
老け顔がストレスの原因になることは珍しくはないが、ストレスが体に様々な悪影響を及ぼす。
気にしないのが一番ではあるが、そう簡単に割り切れるなら苦労はしないだろう。

内面もネガティブになってしまう

また、老け顔が気になってしまうと内面がネガティブになる場合もある。
性格が後ろ向きになったり、暗いことばかり考えてしまうようになると、余計老け顔や体の老化が進んでしまう。
悪循環におちいりかねないため、老け顔自体の解消が必要になるだろう。

老け顔の原因の一つ「目のくぼみ」の対策

老け顔の原因は様々あるが、特に大きな原因と考えられるのが目のくぼみだ。
目の周りがくぼむだけで老けて見られることは多く、ほとんどの人が悩まされる原因である。

逆に目のくぼみの対策を取れば、老け顔が改善・解消される場合もあるのだ。
もしくぼみが気になるようなら、以下で挙げる4つの対策を取り入れてみてはいかがだろうか?

毎日スキンケアを怠らない

目のくぼみを解消するなら、毎日のスキンケアを怠らないようにしよう。
何故ならくぼみの原因は肌の乾燥やコラーゲン不足など、肌に関するトラブルと密接なつながりがあるためだ。
一見すると無関係に思えるかもしれないが、目の周囲のコラーゲンが不足すると乾燥肌を招き、目がくぼむケースは多い。
そのためスキンケアを徹底すれば、くぼみを和らげることができるのだ。

問題はケアの方法だが、化粧水やクリームを使い、肌が乾燥しないようにするのが一番だろう。
たとえ小さな積み重ねでも、コツコツ毎日繰り返していけばくぼみの改善に繋がることがある。
普段スキンケアをしていない人は、今日からでも始めてみてはいかがだろうか。

サプリメントで栄養を補給する

サプリメントを飲んで栄養補給するのも良いだろう。
現在は様々な栄養素のサプリメントが売られているが、目のくぼみ改善が期待できる栄養の補給も対策になる。
例えばコラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンCなどは、いずれも美肌には欠かせない栄養の代表だ。

もちろん必ず効果が出るわけではないが、美肌のためにサプリメントで補給するのも悪いことではない。
上記の栄養はいずれも肌に潤いを与えたり、肌サイクルを正常に保ったりしてくれる。
食事で補いにくい栄養も多いため、サプリメントを利用すれば手軽に補給できるだろう。

ただし、栄養過多にならないよう注意が必要だ。
複数のサプリメントを飲むのは避けたほうが良いだろう。
現在何らかの薬を飲んでいる人も、医師に相談してから判断することをおすすめしたい。

生活習慣を改善する

生活習慣が乱れてないだろうか?
目のくぼみと何ら関係がないように思えるが、不摂生な生活が肌トラブルを招き、その結果くぼみができる場合もあるのだ。
また生活習慣の影響で目の周りの筋肉が衰え、くぼんでしまうこともある。
老け顔にも繋がりかねないため、一度習慣を見直してみてはいかがだろうか。

目のくぼみを予防するためには、まず夜更かしをしないことだ。
不眠や寝不足は肌トラブルの原因となるため、極力避けなければいけない。

食生活も見直したほうが良いだろう。
上でも少し触れたが、肌サイクルを正常に保つには様々な栄養が必要になる。
サプリメントで補給するのも手だが、やはり普段の食事で補えるのが一番だ。
偏食は避け、肉・魚・野菜のバランスを意識してみよう。

アイクリームも検討する

目のくぼみはコラーゲンなどの減少が原因の場合もある。
コラーゲン不足が老け顔を招くケースだが、このような時はアイクリームを使ってみると良い。

アイクリームは目元に塗るタイプのクリームで、コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンCなど様々な成分が配合されている。
これらの成分が目のくぼみに効果的なため、一度利用してみるのも良いだろう。

目のくぼみを改善するには日々のスキンケアが欠かせないが、アイクリームなら手軽にケアできる。
毎日数回目元に塗るだけで良いため、忙しい時でも簡単にケアできるのがメリットだ。
ただし、一口にアイクリームといっても様々な製品が販売されている。
目のくぼみのケア・対策ができる製品を選ぶようにしよう。

まとめ

老け顔は様々な特徴があるが、その中の一つに目のくぼみがある。
くぼみは老けて見られる主な理由であり、多くの人が悩まされる原因といっても良いだろう。

だが、目のくぼみも日頃のケアで改善・解消することが不可能ではない。
もちろんコツコツ続ける必要はあるが、もしくぼみや老け顔が気になるなら、ケアを始めてみてはいかがだろうか?

女性だけのものではない?男性の目のくぼみの原因とケア・対策方法

目のくぼみは男性にもある!その原因とは?

加齢とともに目の周りがくぼんでくる人は多いが、その多くは女性だ。
理由は定かではないが、歳を重ねるうちに顔が痩せてきたり、その影響で目がくぼんで見えたりするケースは珍しくない。
何とかしたいと考えている人も多いと思うが、実は目のくぼみは女性特有のものでもないのだ。

あまり目立つようなことはないものの、男性も目のくぼみには注意が必要である。
実際は気にしない人が大半だと思うが、くぼみが影響して美容面に様々な影響が出てくる場合があるのだ。
例えば以下の2つは気を付けるべき点である。

疲れ目に見えてしまう

目の下にクマがあると、疲れているように見られることは珍しくない。
恐らくクマができたことがある男性もいると思うが、その原因が目のくぼみの場合もあるのだ。

目の周辺がくぼんでしまうと、そこに影ができたようになる。
すると実際はクマができてないのにクマがあるように見えてしまうのだ。
目のくぼみが原因で疲れ目に見える。
そのようなことに繋がるので、美容に気を使っている男性は注意が必要だ。

年齢以上に老けて見られる

しかし、疲れ目以上にやっかいなのが老け顔だろう。
老け顔といっても人それぞれで、年相応に老けて見られるなら特に問題は無いといえる。

だが、年齢以上に老けて見られた場合はどうだろうか?
大半の人が嫌に感じてしまうだろう。
例えば実年齢は40歳なのに50歳以上に見られてしまうと、へこんでしまう可能性も無いとはいえない。
目のくぼみは年齢以上の老け顔に見られる原因の一つだ。
美容に気を使っているなら、やっかいな悩みとなるだろう。

では、男性にも目のくぼみができる原因はなんだろうか?
これが最も重要なポイントだが、実は様々な原因が考えられる。

コラーゲンが不足している

まず考えられるのが栄養不足だ。
目の周辺には毛細血管が張り巡らせており、目に必要な栄養を運んでくれている。
しかし肌の潤いやハリを司っているコラーゲンが減少すると、目がくぼんでしまうことがあるのだ。
コラーゲン不足は乾燥を招くため、もし目の周りが乾燥しやすい人は注意してほしい。

目の周りの血行不良

血行不良も原因の一つと考えられている。
上でも触れた通り目の周りは毛細血管が多数あるが、血行が悪いと栄養がしっかり運ばれない。
そして下瞼が落ちてくぼんだり、クマができたりすることに繋がるのだ。
特に睡眠不足で悩んでいる人、眼精疲労を感じている人に多い原因ともいえるだろう。

加齢による筋肉の衰え

目の周りにもしっかりと筋肉が付いている。
しかし、これが加齢などによって衰えてしまうと、目の周辺がくぼむ原因となりうるのだ。
筋肉が落ちてしまうと目の全体がくぼむだけでなく、顔が痩せこけてしまう可能性もある。
余計老け顔に見られるため、筋肉を付けることも必要になるだろう。

体重の減少やダイエット

最近痩せたりダイエットをした人は、それがくぼみの原因とも考えられる。
単に減量するだけならまだ良いが、目の周囲の脂肪が落ちてしまうとくぼんでしまう場合がある。
さほど多いとは言えないものの、このようなケースもあることを覚えておいてほしい。
特に急激なダイエットは禁物だ。

男性の目のくぼみは比較的少ないが、老け顔の一因になることに注意が必要だ。
くぼむ原因も色々あるので、まずは原因を探ってみるのも良いだろう。

目のくぼみの対策やケアの方法

目がくぼんだ場合、何らかの対策を取るか、こまめなケアは必須となるだろう。
美容に興味がないならそのままにしても良いが、老け顔に見られたくない人が多いはずだ。

実は目のくぼみも様々な解消法が存在する。
効果は人によって違うが、コツコツ続けることでくぼみが解消される可能性もある。
予防も兼ねて、ぜひ取り組んでみてはいかがだろうか?

目の周りの筋肉を鍛える

加齢によって目がくぼんできたなら、筋肉を鍛えてみるのも良いだろう。
筋肉の衰えを予防できるだけでなく、逆にくぼみが緩和していく可能性もある。

なお、目の筋肉は顔を動かすことで自然と鍛えられる。
普段から表情を豊かにするなど、意識して変えてみるのが良い。
他にも色んな鍛え方があるので、自分にあった方法を見つけてみるのもおすすめだ。

こまめにマッサージする

マッサージして血行を改善するのも良い。
血行不良が目のくぼみに繋がる可能性もあるため、こまめに揉んでやるのが効果的だ。
マッサージは眼精疲労の解消にも繋がるし、まさに一石二鳥といえる。

ただし、何事もやりすぎは禁物だ。
マッサージをしすぎて目の周辺が痛くなってしまう場合もあるだろう。
無理にせず、1日に2~3回マッサージする程度にしておこう。

ホットタオルで血流を改善する

マッサージと同じように、ホットタオルで血流を良くする手段もある。
眼精疲労を取る方法として知られているが、目のくぼみの予防にも効果的だ。

まず電子レンジなどでホットタオルを作り、しばらく置いて粗熱を取る。
少し熱いと感じる程度に冷めたら、目を閉じた状態でまぶたに乗せてみよう。
そのまま数分間置くだけで血流が改善される。
ただ、ホットタオルを作れない時は上記のマッサージを行おう。

生活習慣を改善する

生活習慣を見直すことも大切だ。
特に気を付けておきたいのが睡眠と偏食である。

睡眠は目を休ませるために必要だが、夜更かしすると目に余計な負担を掛けてしまう。
そのうち睡眠不足になり、血行が悪くなってくぼみに繋がる可能性もあるのだ。
クマもできやすくなるから、質の高い睡眠を取ることは必須ともいえる。

一方、偏食も目のくぼみの原因となりかねない。
栄養不足や血行不良を招きかねないので、バランスが良い食事を心がける必要がある。
特に外食をする時は主菜・副菜のバランスを意識してみよう。
不足しがちな栄養をサプリメントで補うのも手だが、栄養の過剰摂取には注意が必要になる。

目元のアイクリームでケアする

より手軽にケアしたいならアイクリームがおすすめだ。
そのほとんどは女性向けの製品だが、男性が使ってもいっさい問題はない。
1ヶ月分が数千円ほどで買えるため、本格的にくぼみが目立ち始めたら検討すべきだろう。
1日に数回塗るだけでケアできるため、他の手段と比べても気軽に取り組める。

ただし、アイクリームといっても様々な製品がある。
コラーゲンを配合したものなど、目のくぼみ対策に使える製品を選ぼう。
それ以外のクリームを使ってもくぼみは改善されないし、お金の無駄になるだけだ。

美容外科でヒアルロン酸を注射する

これは最終手段だが、美容外科を検討するのも良いだろう。
美容外科では様々な治療を受けられるが、最もポピュラーな施術がヒアルロン酸注射だ。
くぼみが気になるところにヒアルロン酸を注入し、目元をふっくらさせる施術である。

ただしお金が掛かるのはもちろん、しばらくすると効果が失われる場合もある。
あくまで最終手段のため、余程くぼみが気になるのでなければ不要だろう。
逆に上記のケア方法でも改善されないなら、真剣に検討したほうが良いと考えられる。

まとめ

目のくぼみを気にしている男性は少ないだろう。
そもそもくぼんでいる人自体少ないかもしれない。

しかし、目のくぼみは疲れ目・老け顔の大きな原因だ。
もし気になるなら、日頃から予防やケアに務めるべきだろう。
現在はアイクリームも市販されているし、対策は決して難しいものではない。
今からでも遅くはないので、気になっている人はケアを考えてみてはいかがだろうか?

目のくぼみはそのままにするのはNG!日頃のケアが大切な理由

年齢とともに衰えていく目の周り

目に関する悩みは尽きることがないだろう。
視力の低下はもちろんのこと、眼精疲労などで悩んでいる人もいるのではないだろうか。

こうした目の悩みは実生活にも多大な影響を及ぼす。
しかし、目に関する悩みはこれだけではなく、人によってはくぼみも悩みの一つとなるだろう。

目のくぼみの原因は様々だが、加齢が影響していることも決して珍しくはない。
年齢とともに目の周りの筋肉や水分が少なくなっていき、その部分がくぼんだように見えてしまうためだ。

実際にくぼんでしまう人もいるが、目の下にあるクマと見間違えてしまうことも多い。
だがクマは一時的なものに対して、目のくぼみはずっと残ってしまう違いに注意が必要だ。
そのまま放っておいてもくぼみは無くならないし、むしろ悪化してしまう可能性だって十分にありえるだろう。
もし全然クマが取れない・治らないと思った時は、目のくぼみも疑ってみたほうがいい。

ただ目のくぼみは実生活に何ら影響を与えないのが実情だ。
例えば視力が低下した場合は文字が見えにくくなるし、眼精疲労はストレスに繋がることもあるだろう。
どちらも実生活に多大な影響があるうえ、健康を残ってしまうリスクも潜んでいる。
少しでも早く、かつ何らかの方法で解決するべき目の悩みとも言えるだろう。

ところが、目のくぼみに関しては実生活に影響が及ぶ可能性は無い。
仮に目がくぼんだとしても視力は低下しないし、そもそも眼精疲労はデスクワークやスマホの使いすぎが原因だ。
こうした事情もあることから、目のくぼみは放置してしまう人も多い症状の一つといえる。
目のくぼみで悩む人は多いと思うが、生活面で実害を感じている人はほぼいないだろう。

目のくぼみはしっかりとケアするべき

それなら目のくぼみをそのままにしても良いか、というと、実際はそうそう簡単な問題ではないことが分かる。
確かに視力に及ぶ影響なども無いといえるが、悩んでいる時こそ速やかにケアをするべきだろう。
なぜなら、目のくぼみが影響して年齢以上に老けて見られてしまう可能性があるからだ。

いわゆる「老け顔」の原因は色々ある。
例えば頬の筋肉が衰えて痩せこけている場合もあるし、乾燥肌が影響している人もいるだろう。
他にもほうれい線などのシワや、シミが老け顔の原因になっているパターンも多い。

ただ、それ以上に影響するのが目のくぼみなのだ。
目の周辺がくぼむと目の下に影ができやすくなる。
これが一見クマのように見えてしまうが、老けて見られる原因でもあるのだ。

またくぼんだ部分がシワになってしまったり、乾燥肌を招く場合だってある。
いずれも老け顔の大きな原因だが、気づかないまま放置されるケースも少なくはない。

だからこそ目のくぼみはしっかりケアし、くぼみを低減させたり治したりする必要があるのだ。
確かに実生活に及ぶ影響はほぼ無いに等しいが、美容面における影響は計り知れないだろう。
面倒に感じる人もいると思うが、くぼみが気になってきた時こそケアするタイミングである。

なお、目のくぼみをケアする方法は非常に多いし、さほど手間がかからないものもある。
効果については個人差があるが、空き時間を活用して実践してみてはいかがだろうか。

アイクリームを用いる

最も手軽なケア手段がアイクリームだろう。
アイクリームはコラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など様々な成分が配合されている。
こうした成分が皮膚の奥まで浸透し、目の周辺に潤いを与えたり、保湿してくれたりするのだ。

アイクリームが目のくぼみ対策に良い理由は、このような成分にあるといって良い。
毎日数回塗るだけで済むため、手間も時間もほとんどかからないだろう。
目のくぼみケアに適した製品も多くあるので、色々見比べながら選んでみてほしい。

ただし、アイクリームをケアに用いるなら数ヶ月使い続けるようにしよう。
数日でくぼみが無くなるわけではないし、製品によって効果に違いが見られるためだ。
早ければ数週間で変化が見られると思うが、ひとまず2~3ヶ月は試してみることをすすめたい。

ストレッチを実施する

目の周りをストレッチして鍛えるのもいいだろう。
目のくぼみの原因は様々あるが、筋肉の衰えもその要因の一つになっている。
特に筋肉の衰えを感じている人なら、アイクリームと合わせてストレッチを行ってみるのが一番だ。

なお、ストレッチといっても方法自体は非常に簡単だ。
まず目を思い切りぎゅっと瞑るようにしたら、その後ゆっくり目を開く。
これを繰り返すだけで鍛えられるので、かなり手軽な手段といってもいいだろう。
他にも色んな方法があるため、各自実践できそうなものを探してみて欲しい。

ただしストレッチは毎日続けることが大切だ。
1日で終わってしまわないよう、習慣化しておく必要があるだろう。

食生活を改善する

余裕があるなら、食生活を改善してみてはいかがだろうか。
目のくぼみと何の関係があるのか、と思われそうだが、実は食生活と肌の関わりは非常に深いのだ。

特に目の周りが乾燥していたり、潤い不足を感じているなら食事の見直しをおすすめしたい。
肌の感想がくぼみの原因になっている場合もあるため、試して見る価値は十分あるだろう。

中でも意識して摂取したい栄養素はビタミンBとビタミンC、そしてビタミンEの3種類だ。
ビタミンCは言わずもがな、ビタミンBは目の動きを活性化させる働きを持つ。
ビタミンEも美容に良い栄養素であり、意識的に取りたいところである。

なお、ビタミンCを多く含むのは柑橘類、ビタミンBなら牡蠣やうなぎ、納豆、ビタミンEなら落花生やナッツ類がおすすめだ。
ただ毎日補給するのは大変なので、サプリメントに頼るのもいいだろう。

ヒアルロン酸注射をする

本格的に目のくぼみを治したいなら、外科的手段に頼る方法もある。
最もポピュラーともいえる方法が、目の周辺にヒアルロン酸を注射する施術だろう。

ヒアルロン酸の注射は美容外科でおなじみの手段だが、目のくぼみにも最適な方法とされている。
非常に細い注射針でヒアルロン酸を注入し、目の周りをぷっくりとさせるのだ。

ただし費用が割高であることや、場合によっては数回の注射が必要になる。
トータルで数十万円かかることも珍しないので、懐に余裕がある場合のみ検討するべきだろう。

その一方、ヒアルロン酸注射は文字通り目に見えて改善されるので、すぐ治したい人には最適な手段といえる。
アイクリームなどでもくぼみが改善されない時は、美容外科・クリニックで相談してみるといいだろう。

脂肪を注入する

ヒアルロン酸注射と似たような方法として、自分の脂肪を注入する手段もある。
こちらは二の腕などの余っている部分の脂肪を吸出し、目の周りに注入する方法となっている。

かなり珍しい手段かもしれないが、ヒアルロン酸注射と同じように目のくぼみを治すことができる。
また効果が半永久的に続くため、持続性についてもメリットは大きい。

ただし1回の注入で効果が出なかった場合、2回目の注入を行う必要がある。
費用も少し高いため、予算面も考慮しないといけないだろう。

まとめ

目のくぼみが実生活に影響を与えることはほとんど無いが、美容には多大な影響を及ぼしてしまう。
特に老け顔に見られるのは誰もが避けたいところだろう。

しかし、目のくぼみは様々な方法でケアできるので、日頃からできるケアを取り入れてみてほしい。
長く続けることで、徐々にくぼみが目立たなくなる可能性もある。

目のくぼみ対策にはアイクリームが良い理由と製品の選び方

目のくぼみにアイクリームが最適な理由

 

目のくぼみは老け顔に見られる原因の一つだ。
例えば実年齢が30歳の人でも、くぼみが原因で40代・50代に見られる場合だってある。
それくらい顔が老けて見られるため、気になる人は早めに対策を講じるべきだろう。

なお、目のくぼみをケアする手段は様々ある。
例えば食事からコラーゲンを摂取したり、目の周りの筋肉を鍛える方法などだ。
こうした対策法は手軽にできるのがメリットだが、効果に関してはさほど期待できない場合も多い。

一方、目のくぼみ対策にアイクリームを使う人もいる。
アイクリームは様々な製品が販売されており、1ヶ月分が数千円で購入できるものも少なくない。
食事やサプリメントなどでコラーゲンを摂取するよりも、効果が高い対策法といってもいいだろう。

アイクリームは目のくぼみ対策にぴったりのアイテムでもある。
何故なら、以下のような特徴・メリットを持っているからだ。

・コラーゲンなどを配合した製品が多い

アイクリームに配合されている成分は多種多様だ。
中には目のくぼみ対策用に作られた製品もあるが、そうした製品はコラーゲンなどを配合している。
コラーゲンの他にもヒアルロン酸やセラミド、ビタミンC誘導体など、目のくぼみに効果的な成分が使われているのだ。

こうした成分の入ったアイクリームなら、目のくぼみをしっかりとケアできる。
老け顔で困っている人こそ使うべきアイテムといえるだろう。

・1日数回塗るだけでケアできる

目のくぼみのケアは非常に大変だ。
方法にもよるが、毎日時間をかけてしっかり行わなくてはいけない。
しかし、途中で嫌になって止めてしまったり、面倒になったりすることもあるだろう。

アイクリームの多くは、1日2~3回程度塗るだけで良い。
つまり簡単にケアできるのが特徴であり、アイクリームのメリットでもあるのだ。
1回あたり30秒~1分程度で済むため、塗る時間もほとんど掛からない。
手間を取らないため、毎日のスキンケアに掛かる労力も削減できるだろう。

・持ち運びが簡単

アイクリームの多くは小さいパッケージになっている。
容量が少ないというネックの裏返しでもあるが、小さいゆえに持ち運びが非常に楽なのだ。
いちいち置き場を取らなくて済むし、バッグに入れて外出することもできる。

携帯性の良さはメリットでもある。
例えば長時間家を空ける時に外出先で使ったり、旅行へ行く時でもホテルなどでケアできる。
場所を問わず、どこでも使えるのはアイクリームならではの魅力だ。

・食事改善などより効果が期待できる

各成分をサプリメントから補給するてもあるが、アイクリームは直接塗って使うのが特徴だ。
そのため食事改善や栄養補給よりも効果が期待できるのだ。
コラーゲンやヒアルロン酸などの成分が直接肌へと浸透し、目のくぼみをしっかりケアできる。
もちろん使い続ける必要はあるが、食事などを改善するよりも効果的といえるだろう。

・保湿成分を配合した製品もある

アイクリームを使った後は保湿を行わなくてはいけない。
しかし、製品によっては保湿成分を配合しており、その手間を省けるのだ。
保湿などは少々面倒かもしれないが、保湿成分配合の製品はその点手間を省ける。
目のくぼみのケアと保湿が同時に行えるなら、スキンケアに充てる時間を節約できるだろう。

・同時にマッサージも行える

アイクリームを塗る時は適量を手に取り、くぼみが気になる部分へなじませるように塗っていく。
その際に目元のマッサージも行えるため、一石二鳥でもあるのだ。
目のくぼみのケア方法は様々あるが、マッサージも重要なケア方法だ。
それを同時に行えるのだから、横着したい人や、くぼみを少しでも和らげたい人にも最適だろう。

このように、アイクリームは様々な特徴を持っている。
目のくぼみや老け顔で悩んでいる人は、一度試してみる価値があるのではないだろうか。

 

アイクリームを選ぶポイント

アイクリームは多様な製品が売られている。
一見すると、どの製品も似ているように思えるが、適当に選んではいけない。
くぼみをケアするからこそしっかりと選んでおきたいところだ。

アイクリームを買う時は、特に以下の点に気を付けて選ぶのが好ましい。
見つけた製品をすぐ買わず、いったんチェックすることが大切だ。

・数種類の製品を比較する

まずアイクリームを選ぶ時は、数種類の製品をピックアップしよう。
その中から自分に合ったものを購入するのが一番だ。

比較する際は価格や配合成分のほか、ユーザーの口コミも見ることをおすすめする。
たとえ魅力的な製品であっても、評判が悪いものはできるだけ避けたほうが良い。
ただ、気になる製品があればお試し購入してみるのも良いだろう。

・価格は予算の範囲内に収まるか

アイクリームは様々な製品が売られているが、価格についてはピンきりだ。
中には値が非常に張るものもあるし、逆に安い価格で購入できるものもある。
いずれにしても、月々の予算を決めて買うことが望ましいだろう。

なお、アイクリームは数ヶ月間使い続ける必要がある。
1ヶ月で効果を実感できる場合もあるが、逆に3~4ヶ月掛かることもあるからだ。
こうした点も踏まえると、予算を決めておくことが重要だろう。

少しでも出費を抑えたいなら、定期コースを申し込んでみるのも良い。
通常購入よりも安く、割引などの恩恵を受けられるからだ。

・配合成分をチェックする

クリームに配合されている成分もしっかり確認しよう。
アイクリームの成分は製品によって違うため、必ずチェックが必要な点ともいえる。
特に目のくぼみの場合、コラーゲンなどの潤い成分は必要不可欠だ。

また、他にも保湿成分や美肌成分など、自分の好みの成分が入っているか見ておこう。
スキンケアの手間を省けたり、肌のターンオーバーを手助けしてくれたりと、成分によって様々な恩恵を受けられる。

・添加物の有無を確認する

添加物も確認が必要なポイントだ。
スキンケア化粧品には、鉱物油や香料、アルコールなど様々な添加物が使われている。
しかし、こうした添加物が肌に影響を与える場合も多く、肌荒れやかゆみなどの副作用が出るおそれがある。
特に目の周りは皮膚が薄いため、できれば無添加のクリームを選ぶべきだろう。

アイクリームの中には無添加・無香料の製品もある。
基本的に肌へ与える影響が少なく、敏感肌体質の人でも安心して使えるのが魅力だ。

・副作用の有無をチェックする

副作用などの悪影響が無いかも見ておきたい。
スキンケア化粧品で副作用が出る製品は少ないが、無いとも限らないので注意が必要だ。
特に敏感肌体質の人はもちろん、過去に発疹やアレルギー反応が出た人も気を付けておきたい。

ただし、副作用が出るかどうかはその人の体質も影響するし、使用時の肌の影響も関わってくる。
もちろん副作用の無いアイクリームが好ましいが、念のため注意したほうが良いだろう。

・サンプルでパッチテストを行うのも手

もし不安があるなら、サンプルやお試しを購入してパッチテストを実施するのもおすすめだ。
手首など他の部分でチェックすれば、肌へどのような影響が出るか簡単に確認できる。
その分出費は増えてしまうが、安心して使うためにも検討してみてほしい。

 

まとめ

目のくぼみで悩んでいるなら、ぜひアイクリームを使ってみよう。
様々なメリットがあるし、手頃な価格で購入できる製品も多い。

保湿なども行えるのが魅力だが、製品が多い分選ぶのは大変だろう。
いくつかの製品を比較し、自分に合ったものを選んで欲しい。

目のくぼみが原因で二重になる?その理由とおすすめケア方法

目のくぼみが原因で二重になる理由

 

今まで一重だったのが気づいたら二重になっていた。
そんな経験をお持ちの人もいるのではないだろうか?
鏡で見た時に目がくっきりしていたなど、

一重が二重になるケースは決して珍しくない。

 

 

一重が二重になるといったら、普通はプチ整形を思い浮かべるだろう。
ところが、プチ整形もしてないのに一重になったのであれば、

もっと別の原因を考えるべきだろう。
確かにプチ整形で目を整形する人もいるが、

自然に一重になった場合は別の要因が影響していることが多いのだ。

 

 

その原因ともいえるのが目のくぼみだ。
老け顔の代名詞とも呼べる目のくぼみだが、

加齢によってくぼんでしまう人は意外と少なくない。
年齢以上に老け顔に見えたり、

顔がやつれたように見られたりした人もいるのではないだろうか。
こうしたくぼみは実生活に何ら影響はないのだが、

やはり老け顔に見られてしまうのは辛いものがある。

 

 

また、目の周辺のコラーゲンの減少や、

筋肉の衰えによってくぼんでしまうパターンも多い。
コラーゲンは肌のハリや潤いをキープし、

筋肉もまた同様の働きを持っている。
しかし、これらが減少することによって目の周辺がくぼんでしまい、

結果上記で触れた老け顔を誘発してしまうのだ。

 

 

目のくぼみが老け顔に影響することは珍しくないが、

実はこれが二重の原因になっている場合がある。
一見関係がないように思えて、実は大きく影響しているため、

自然と一重が二重になった人は注意が必要だ。

 

 

まず目がくぼんだ場合のことを考えてみよう。
目がくぼむと、その部分が凹んでしまうことになるが、

くぼみの大きさによって皮膚が引っ張られる。
特に目の上側がくぼんでいると、

そこへまぶたの皮膚が落ち込んでしまうことから引っ張られて二重になってしまうのだ。

 

 

しかし両目が二重になるならまだ良いが、

ほとんどの人は片目だけ二重になってしまう。
例えば左目が一重、右目が二重・奥二重になるといったパターンは意外に多い。
それだけならまだしも、

結局くぼみがあることには変わらないので、老け顔に見られる事実に変わりはない。
更に不自然な印象を持たれたり、

まぶたがおもそうに見られることもあるだろう。

 

 

いずれにしても、目のくぼみがあるなら早めに解消するべきだ。
そのままでは二重のままだし、

片目だけというのも不自然さを感じてしまうだろう。
年齢以上に見られてしまうデメリットもあるため、解消は必須といっても良い。

 

 

 

くぼみをケアするおすすめの人法

問題は目のくぼみをケアする方法だが、実は決して難しくはない。
毎日取り組めるものもあるし、外科的手法で解消する方法もある。
メリット・デメリットもそれぞれあるが、

自分に合った方法を選んでみると良いだろう。

では、どんな方法で目のくぼみをケアできるのだろうか?
主に考えられるものは以下の6つだが、手軽さや確実性はそれぞれ異なる。

 

 

・保湿を欠かさない

目がくぼんでいる場合、特に重要なのが保湿だ。
目のくぼみは肌の乾燥によっても起こるため、

保湿を行って適度に潤いを保つことが重要になる。
逆に潤いが無ければ肌が乾燥し、くぼんでしまう原因となりうる。

目の保湿で最も手軽な手段は化粧水の使用だろう。
特にまぶたの保湿は重要性が高いため、

毎晩就寝前にしっかり保湿してやろう。
空気の乾燥しやすい季節はこまめに水分を補給したり、

保湿ジェル・クリームの使用も検討してほしい。

 

 

・血流を良くする

目の周りの血行を良くすることも予防に繋がる。
「なぜ?」と疑問符が浮かぶかもしれないが、

実は血流が悪いと目にクマやくぼみができやすくなるからだ。
普段から目の疲れを感じている人は、

血流の悪化がくぼみの原因になっているとも考えられる。

問題は血流を改善する方法だが、

ホットタオルで目の周辺を温めてやるのが一番だろう。
濡らしたハンドタオルなどを電子レンジで温め、しばらくの間まぶたに乗せておくだけで良い。
目の周辺の血流が改善し、

くぼみなどを予防できる。
もし外出先などで血流を改善したいなら、

目の周りを適度にストレッチしてみよう。

 

 

・目の疲れを取る

よくスマホを使う人や、デスクワークに従事ししている人は、

おそらく眼精疲労を感じていることだろう。
現代は疲れ目の人が多いと言われているし、

デスクワークやスマホで目を酷使しやすい。
しかし、目の疲れもくぼみの原因となりうるため、

目の疲れをしっかり取ることも予防になる。

眼精疲労の改善に良いのは、

やはりホットタオルによる血行の改善だ。
それ以外にも目を休ませたりアイマスクを着用するなど、

様々な手段が考えられる。

もし可能なら、デスクワーク以外の仕事を行うのも良いだろう。
疲労の元から離れることで目の疲れを和らげ、

リフレッシュするのが一番だ。

 

 

 

・コラーゲンの摂取

目のくぼみはコラーゲンの減少も原因となる。
コラーゲンは年齢とともに減少するが、

体内では生成されくいのが欠点といえる。
歳を重ねてから乾燥肌体質になった、

肌がカサカサするようになったという人は、

コラーゲンの減少を疑うべきだろう。

このため、目のくぼみを予防・改善する手段としてコラーゲンの摂取が考えられる。
現在は様々なサプリメントが販売されており、

手軽に補給できるのが魅力だ。
数百円ほどで買える製品もあるが、

サプリメントの品質には注意してほしい。

コラーゲンの形成を促すビタミンCを意識して補給するのも良いだろう。
レモンなどの柑橘類は、

特にビタミンC含有量が多いため、毎日食べるのもおすすめだ。

 

 

・アイクリームの利用

だが、目の疲れを取ったりコラーゲンを補給しても、

目のくぼみが一向に改善されない場合もある。
当然ながら人によるが、

ほとんど変化がない人も中にはいるだろう。

より確実に目のくぼみを改善したいなら、

アイクリームの利用も検討するべきだ。
現在はくぼみを予防したり、

対策できるアイクリームが色々と販売されている。
こうした製品を使うことで、目の保湿やコラーゲン補給などよりも効果が期待できるだろう。

ただしアイクリームも継続して使い続ける必要がある。
すぐに改善されるわけではないので、

1~2ヶ月は様子を見るのが理想的だろう。

製品によって質が異なる点にも注意したい。
品質が粗悪なアイクリームは効果が期待できないうえ、

肌トラブルを招く危険もある。
購入時は成分などをしっかりチェックし、

品質が良いものを選ぶべきだ。

 

 

 

・ヒアルロン酸の注入

最終手段ともいえるが、ヒアルロン酸の注入も候補に入るだろう。
外科的手法でもあるが、整形外科やクリニックで施術を受けることができる。
くぼんだ部分にヒアルロン酸を注入し、肌にハリを与えるのが特徴だ。
これによって目のくぼみを解消し、老け顔も和らげることができる。

しかし、ヒアルロン酸の注入は短期間しか持たない場合もある。
人によっては何度か注入を繰り返さなくてはいけない。

だが注入の度に高額な施術費用が生じるため、

費用負担の大きさが最大のネックといえるだろう。
より手軽にくぼみを解消したいなら、

上記で触れたアイクリームのほうが良いと考えられる。

 

 

 

まとめ

二重に憧れる人は多いと思うが、もしそれが目のくぼみによるものだったらどうだろうか?
仮に二重になったとしても結局老け顔に見られてしまうから、決して喜ばしいものではないだろう。

目のくぼみは解消が必要な肌トラブルの一つだ。
保湿や目の血流改善、アイクリームなど、現在は様々な方法で予防や解消が可能である。
もし自然と目が二重になった時は目のくぼみを疑い、改善することも検討してみよう。

乾燥肌が原因?目のくぼみを治すならアイクリームがおすすめ

乾燥肌はとても多い悩みの一つ

肌トラブルの中で多いものの一つに乾燥肌がある。

空気が乾燥する季節になると悩む場合が多いが、逆に年中悩まされる人も少なくはないだろう。

現在乾燥肌で困っている人もいるのではないだろうか?

 

 

肌が乾燥してしまう原因は様々ある。
その多くは表面の水分が失われることで、肌がカサカサになってしまうものだ。

しかし、それはあくまで一時的なもので、夏場など湿度の高い季節になると元通りになるパターンが多い。

 

逆に季節を問わず乾燥肌で悩んでいる人は、肌のコラーゲンが失われている可能性もある。

コラーゲンは比較的知名度が高く、健康食品やスキンケア商品で聞いたことがある人も多いのではないだろうか?

サメの軟骨などに含まれている成分だが、コラーゲンは数ある肌成分の中でも極めて保水力が高く、肌の水分をキープする役割を担っている。

肌が常に潤っている人はコラーゲンが多く、しっかりと肌の水分をキープしている状態なのだ。

逆に乾燥肌の人は、肌の保水力そのものが低くなっていると考えられるが、その原因の一つがコラーゲン不足と言える。

コラーゲンが何らかの原因で失われ、肌がカサカサに乾燥してしまうパターンだ。

 

乾燥肌の悩みは尽きないと思うが、見た目以上に老けて見られる原因にもなりかねない。
例えば手がカサカサの状態だと、年齢以上に肌年齢が老化しているため、老けて見られてしまうだろう。

 

だが、手が乾燥しているだけならまだマシなほうと言えるかもしれない。
それ以上にやっかいなのは顔の肌の乾燥で、特に目の周辺が乾燥すると頭が痛い思いをするだろう。

 

目の周辺は肌が比較的薄く、乾燥しやすい場所でもある。
しかし、乾燥が進んでしまうと表面がカサカサになるだけでなく、目がくぼんだように見えることもあるのだ。
いわゆる目のくぼみの原因は、人それぞれ様々な理由が考えられるが、実はその一つが乾燥肌と言われている。
誰もがそうというわけではないが、原因の一つであることは頭の片隅に入れておくと良いだろう。

 

目の周辺の肌はとても薄いが、当然ながら表層下にはコラーゲンがある。
ただ、何かしらの原因で目の周辺のコラーゲンが失われると、肌がカサカサに乾いてしまうのだ。
それだけならまだいいが、コラーゲンは肌の潤いを保つとともに、弾力をキープする役割も担っている。このため、コラーゲンが失われることは肌の弾力を失うことにも繋がるのだ。

 

では、目の周辺の弾力が失われたらどうなるだろうか?

その結果が目のくぼみで、人によってはかなり大きくくぼんでしまう場合もある。
一見すると目にクマができたようにも見えるが、実際はコラーゲン不足による目のくぼみということも珍しくはない。

 

目のくぼみの程度は人によるが、いずれにしても老け顔の原因になることは問題だ。
場合によっては実年齢よりも10歳上老けて見られてしまいう可能性も否定はできないだろう。
女性ならある程度メイクでごまかすことも可能だが、結局は根本的な解決にはなっていない。
目のくぼみで老け顔に見られている人や、悩んでいる人は原因そのものを解決するべきだろう。

 

それなら、どうやってくぼみを解消するべきだろうか?
色々な手段が考えられるが、コラーゲンの補給が必要になってくるだろう。

 

現在は様々なスキンケア商品があり、コラーゲンを配合しているものも少なくはない。

こうしたコラーゲン配合商品を利用すれば、目のくぼみを解消できる可能性も十分ある。

しかし、目のくぼみに関しては話が複雑で、どのような製品を選んでも良いとは限らない。

しっかり対策し、かつ解消を目指すのであれば、アイクリームを使ってみるのが一番だろう。

 

 

アイクリームを使う利点と製品の選び方

目のくぼみ対策ができるアイクリームは様々な製品が市販されている。
コラーゲン配合のスキンケア商品なら、どのような製品でも一定の効果は期待できるが、やはりアイクリームに勝るものはない。

何よりもメリットが大きいからだ。
例えば、アイクリームには次のようなメリットがある。

・目の肌トラブルに特化している
・ピンポイントで塗りやすい
・価格が手頃で買いやすい
・持ち運べるためどこでも利用できる

 

特に目の肌のトラブルにピンポイントで使える点は代えがたいメリットと言えるだろう。

更にアイクリームはペンのようなタイプが多いため、塗りやすい点も魅力となる。

他のコラーゲン配合商品でも代用が不可能ではないが、塗りづらいことがネックとなっているからだ。

しかし、アイクリームは塗るのが簡単で、しかもムラなく塗れることがメリットである。

 

 

更に価格が安く、コストパフォーマンスが良いこともメリットとなっている。

もちろん品質はピンキリだが、毎月数万円も支払うような事態に陥らずに済むだろう。

財布に優しく、かつ目のくぼみに対策できるのは代えがたい魅力と言っていい。

 

アイクリームは非常にコンパクトなため、どこにでも持ち運べる。

これをメリットと取るかは人それぞれだが、外出先でも手軽に塗れることはメリットと言えるだろう。

塗った後に肌にハリが出る製品もあるため、利用シーンによっては大いに助かるはずだ。

人と会う時でも、老け顔を少しでも和らげることができる。

 

 

このように、目のくぼみ対策にアイクリームを利用するメリットは大きい。
だが、どのような製品を買っても良い、とは言えないのだ。
それこそピンキリであるため、慎重に選ばなくてはいけない。

特に下記の点は重要性が高いので、全部当てはまるアイクリームを購入するべきだろう。

・目のくぼみ対策になるかどうか
・コラーゲンなどの保湿成分を配合しているか
・肌に悪影響を与える成分や添加物が入っていないか
・利用者の評判が良いか(ただし参考程度に)
・予算内に収まるか

 

 

特に注意いておきたいのは、目のくぼみ対策に使えるか否かだろう。
アイクリームといっても様々あるが、目のくぼみに効かなければ全くの意味がない。

また、乾燥肌が原因の場合、コラーゲンなど保湿成分の有無もチェックするべきだろう。

こうした成分が入っていないと、肌の潤いを保つこともできないし、目のくぼみ対策にもならない。

コラーゲン以外にも様々な成分があるが、保湿成分の含有は必須とも言える。

 

肌に悪影響がある成分や添加物の有無も確認が必要だ。
ほとんどの製品は安心して使えるが、安い粗悪な製品はリスクがあるので注意してほしい。

 

他にも利用者の評判や予算内で買えるかなど、考慮するべき点は少なくない。

この中でも、予算については重要性が高い。

アイクリームもしばらくは使い続けないといけないため、値が張る製品の使用は検討が必要だろう。

 

ただ、評判については参考程度に留めることをおすすめしたい。
信憑性の高いクチコミもあるが、逆に役に立たない・信頼性が低いものもある。
どこまで信用するかは人それぞれだが、鵜呑みにしないほうが良いだろう。

 

まとめ

乾燥肌は目のくぼみを招く場合があるが、その原因の大半はコラーゲンの減少だ。

コラーゲンは肌の保湿という重要な役割を持つため、目の周りが乾燥した時は注意しておきたい。

そのまま放置すると目のくぼみを誘発する可能性も出てくるだろう。

 

もしくぼんでしまった時は、アイクリームでケアすることをおすすめしたい。

特に乾燥肌による目のくぼみの場合、アイクリームは手軽にケアできるアイテムだ。

もちろん慎重に選ばなくてはいけないが、くぼみで悩んでいる人は一度考えてみてはいかがだろうか。

加齢とともに深刻化する目のくぼみの原因と改善する方法

目のくぼみは加齢が影響?それ以外の原因とは

人それぞれ様々な悩みがあると思うが、特に美容関係の悩みは尽きないことだろう。

人間は年齢とともに少しずつ衰えていくが、その影響が最も現れるのが見た目だからだ。

少しでも若さを保つために美容化粧品を使ったり、生活に気を使ったりと工夫が必要だが、それだけでも見た目の老化は遅らせることができる。

しかし、結局は遅らせるだけであって、根本的な解決には繋がらない手段も多い。

 

 

特に年齢とともに目立ち始めるのが「目のくぼみ」だ。

目のくぼみはチャームポイント、という人も中にはいるが、実際は老化が影響しているものでしかない。

ほとんどの人が悩んでいるか、改善したいと考えているのではないだろうか?

 

目のくぼみは加齢が影響していることに間違いはないが、実はそれだけが原因とは限らないのだ。

確かに加齢も一つの原因だし、それで悩んでいる人も少なくはないだろう。

 

ただし、それだけが原因ではなく、他にも複数の要因が絡んでいるパターンも多い。

大きく分けると、更に以下の4つも原因として考えられる。

 

・目の周辺の筋肉が衰えている
・コラーゲンとヒアルロン酸の減少
・急激なダイエットによる脂肪の減少
・普段から目を酷使している

 

加齢によらない目のくぼみの場合、こうした原因には注意してほしい。

特にくぼみの原因となるのが、目の周辺の筋肉の衰えだ。

これは加齢による場合も多い原因だが、単に衰えてしまった場合の原因でもある。

 

 

私達の目の周りには筋肉が付いているが、この筋肉が目全体を支えている。

しかし、何らかの原因で衰えてしまうと、くぼみになって現れてしまうのだ。

なお、目の周りは皮膚が非常に薄いことから、筋肉の衰えによるくぼみが最も現れやすい。

他の場所は平気でも、目だけが極端にくぼむパターンもある。

 

 

また、コラーゲンやヒアルロン酸の減少が影響している場合も多い。

コラーゲンとヒアルロン酸は、肌に潤いを与えたり、弾力を生む成分で、これらを配合しているスキンケア製品も多数ある。

しかし、年齢とともにコラーゲン・ヒアルロン酸は減っていき、通常は肌の感想やシワの原因になるとされる。

 

実は目のくぼみもコラーゲンなどが影響しているのだ。

目の周辺のコラーゲンなどが減少すると、肌の弾力やハリが無くなってしまう。

すると目の下が凹んだようになり、少しずつくぼみが目立ってしまうのだ。

 

コラーゲンやヒアルロン酸の減少による目のくぼみは、例え筋肉が衰えていなくても起こる。

若い人の目のくぼみの場合、これらが原因として考えられるだろう。

 

 

ダイエットも原因となる。

目の下には皮下脂肪があるが、ダイエットによって脂肪が減ると、その分だけ目がくぼんでしまうのだ。

特に急激なダイエットを行った場合や、体重を極端に落とした場合にくぼみやすい。

ダイエット後に目の下が凹んだ時は、痩せすぎが原因と考えてもおかしくはないだろう。

年齢に関係なく、誰にでも起こりうる原因のため、ダイエットは適切に行うのが望ましいといえる。

 

そして目を酷使することも目のくぼみができる原因だ。

現代人はパソコンやスマートフォン、デスクワークなどで目を酷使しやすい環境に置かれている。

画面を見ている時などに目の疲れを感じる人もいると思うが、そのまま酷使するとくぼみに繋がるので気を付けてほしい。

血流が悪化し、目にクマができて筋力が衰え、最終的にくぼみができてしまうのだ。

適度に目を休ませるなど、目をいたわる生活やケアを心がけておきたいところだろう。

 

 

目のくぼみを改善する手段

どのような原因にせよ、目のくぼみはなるべく早めに解決が必要な問題と言えよう。

自分の見た目に影響を及ぼすのが一番の理由だが、年齢以上に老けて見られる原因になることのほうが重大だ。

目のくぼみ一つで相当老けて見られることもあるため、人によっては早急な対策が必要になるだろう。

 

しかし、目のくぼみを改善する手段は様々ある。

予防にも繋がるので、普段から以下の5つは心がけておくと良いだろう。

 

 

・目の周辺を入念に保湿する
・目を温めてケアをする
・目の周辺にある筋肉を鍛える
・ツボを押して緊張を和らげる
・アイクリームなどでケアを行う

 

上記の中で、特に重要性が高いのは保湿だ。

目のくぼみはコラーゲン不足などが影響するパターンも多いため、こまめな保湿はほぼ必須ともいえる。

もちろん人によるが、目の周辺が乾燥している場合や、シワができている場合は保湿を行うと良いだろう。

 

目の保湿は保湿クリームやジェルなどを使えば簡単にケアができる。

コットンに化粧水を含ませ、しばらく目の下に貼り付けておくのも良い。

いずれにせよ、保湿は基本中の基本なので毎日しっかり行おう。

 

目を温めることも目のくぼみ改善に繋がる。

目を酷使することがくぼみに繋がるため、温めて筋肉の緊張を和らげるのも良いのだ。

最も簡単な方法なので、1日1回は目を温めてケアをしてあげよう。

目を温めるには、電子レンジで蒸しタオルを作り、しばらく目の上に当てておくだけで良い。

これだけで緊張が和らぐので、疲れた時は試してほしい。

 

だが、目の筋肉を鍛えることも欠かせないだろう。

特に加齢で筋肉が衰えた時は、それをカバーするために鍛えるべきだ。

 

目の周辺にある筋肉を鍛える方法は非常に多くある。

手順がややこしいものもあるため、ぜひインターネットで調べて実践してみてほしい。

1回あたりの効果は微々たるものだが、塵も積もれば山となるわけだ。

毎日コツコツ続けることで、少しずつ筋肉を鍛えることができるだろう。

 

なお、目の緊張を和らげるならツボマッサージも最適だ。

目のくぼみを直接解消できるわけではないが、十分な予防策には繋がる。

 

目の周辺には様々なツボが集まっており、これらを指圧することで血流改善が期待できる。

そして凝り固まっている目の筋肉の緊張を和らげ、クマや目のくぼみを予防するのだ。

すでに筋肉が減っているとさほど効果は期待できないが、目を酷使している人や血流が悪い人には最適な予防策といえる。

 

だが、こうした改善・予防策を行っても目のくぼみが改善されるとは言い難い。

保湿することで多少の改善は期待できるが、これだけでは不十分と言っても良いだろう。

このため、アイクリームなどを使ってケアすることは重要性が高いと考えておいたほうが良い。

 

現在は目のくぼみなどをケアする様々な製品が販売されている。

その代表がアイクリームで、保湿の他にも様々なアイケアができるようになっているのだ。

必須とまではいかないが、他の改善・予防策と合わせて実施してみると良いだろう。

ただし、アイクリームなどは肌との相性に注意して欲しい。

かぶれやかゆみなどの副作用が出る可能性もあるため、パッチテストを実施してから使うことをおすすめする。

 

まとめ

目のくぼみは年齢以上に老けて見られたり、クマと勘違いされることも決して珍しくはない。

しかし、その原因は非常に多く、加齢意外にも筋肉の衰えや肌の乾燥、ダイエットなど人によって異なるので注意が必要だ。

 

一方で、目のくぼみを予防・改善する手段も多いため、気になる人は普段から意識して実践すると良いだろう。

ツボマッサージからアイクリームまで、そのバリエーションは数え切れないほどある。

自分に合った方法を選び、目のくぼみをケアしてみよう。

 

そのまま放置するという選択肢もあるが良いとはいえない。

目のくぼみはネガティブな印象を抱く人も多いため、早めに手を打つことをおすすめしたい。

アイキララは本当に効く?目のくぼみへの効果を検証!

今回はアイキララを実際に使ってみた結果の、「正直なところ」を紹介する。

 

作っている会社はどこ?

アイキララは、「北の快適工房」というブランドから発売されているアイクリームだ。「北の快適工房」なんて、正直、聞いたこともなかったが、発売元の会社は「北の達人コーポレーション」。

 

資生堂やらカネボウやらという有名どころの化粧品会社ではないものの、東京証券取引所一部上場の、しっかりした会社ではある。

 

「北の快適工房」のコンセプトは「びっくりするほど良い商品ができた時にしか発売しないこと」。そういうだけあって、ネットでの口コミには良いものが多かったので、取り寄せてみることにした。

 

届いてみてビックリ!第一印象は?

img_0097

アイキララは、通販でしか購入できないので、WEBページから購入。数日後、白いボール紙の封筒で、ポストに投函された。日中は仕事に出掛けていて基本的に不在なので、ポストで受け取れるのはうれしい。

 

開けてみると、丁寧なお礼状やら、企業理念やら、アイクリームの使い方やら、複数のパンフレットが。

 

化粧品の使い方なんてよく分からないから、これは素直に助かった。詳しい説明がないと、いつどうやって使っていいか、サッパリ分からない。その辺のフォローアップが的確なので、好感度は上がった。

 

それに、注射器のような風変わりな容器も、特徴的。

 

容器は箱には入っておらず、プチプチの緩衝材に包まれているだけだった。正直、高級感はなかったが、過剰包装によるコストはカットしているのは良いと思った。

 

実際、同封されていたパンフレットを読むと、中身にはお金や労力をかけて熱心に研究開発している会社のようだ。

 

アイキララの成分は?

まず、成分が配合されているのかをチェック。特徴的なのは「MGA」と「パルミトイルテトラペプチド」の2つの成分だ。

 

超すごいビタミンC「MGA」

アイキララが一番の「ウリ」にしている成分は、「MGA」という特殊なビタミンC誘導体だ。

 

目のくぼみをケアするためには、皮膚の中で痩せてしまったコラーゲンを復活させなければならないが、コラーゲンの生成を促進するのが、ビタミンCの役割。

 

だから、目のくぼみケアに第一に欠かせない成分は「ビタミンC」だ。

 

ただ、ビタミンCはとても壊れやすいので、そのまま塗っても肌の中に届かない。レモンの輪切りを顔に貼っても、コラーゲンは増えない。

 

そんな壊れやすいビタミンCの安定性を高め、肌に浸透しやすく加工したものを「ビタミンC誘導体」という。

 

そのビタミンC誘導体の中でも、アイキララに配合されている「MGA」は最先端のビタミンC誘導体らしい。

 

mga

 

MGAについて調べてみると、MGAは「ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸」の略称で、効果も浸透力も、従来のビタミンC誘導体に比較して格段にパワーアップしているとのこと。

 

つまり、MGAが配合されているアイキララは、コラーゲンの生成促進力が断トツに高いということになる。

 

最先端の抗シワ成分「パルミトイルテトラペプチド」

さらに、「パルミトイルテトラペプチド」という、年齢によるシワやたるみを撃退するパワフルな成分まで配合されている。

 

「パルミトイルテトラペプチド」は、「最先端の抗シワ成分」といわれている。

 

「シワ」は、その部位のコラーゲンが減少したり、損傷したりすることで発生するのだが、「まぶたのくぼみ」がさらに進行していくと、「まぶたのシワ」になる。

 

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a9%e3%83%a9%e7%94%bb%e5%83%8f2

 

パルミトイルテトラペプチド」は、そんな強敵のシワをふっくらさせるくらいだから、もちろんまぶたをふっくらさせる効果も高い。

 

特徴的な容器!使い方は?

img_0099

成分の次は、「使い方」を確認してみよう。

 

使うタイミング

使うタイミングは「毎朝・毎晩」の1日2回だ。

 

私はスキンケアをしていないので洗顔後に塗るだけだが、スキンケアをしている女性は「洗顔後、化粧水で肌を整えた後・乳液を塗る前」に使うようにとのこと。

 

[洗顔]→[化粧水]→【アイキララ】→[乳液]→[クリーム]

 

という順番になる。

 

ちなみに、「オールインワンジェル」という、一つで化粧水や乳液の効果があるタイプの化粧品を使っている人は、オールインワンジェルを使った後に使うようにとのこと。

 

使う量

1プッシュで両目1回分だ(1プッシュを左右両方に分けて使用する)。後述するが、容器が使いやすいので、すぐに適量が分かって便利。

 

塗り方のコツ

薬指で」力を入れずに軽くやさしく塗るようにと記載があった。人差し指や中指だと力が入り過ぎてしまうらしい。

 

余計な力がかかりにくい、薬指の腹を使って、上からトントンと優しく馴染ませ、クリームがなじんできたら、薬指の腹で目頭から目尻にかけて優しくクリームをのばしましょう。

 

また、「付ける前の『温め5秒』」というのが推奨されている。

 

1回分(1プッシュ)を手の甲に乗せ、薬指の腹で押さえるようにして5秒程度温めます。手の甲で人肌程度に温めることで、肌への浸透がよりアップします。

 

冷え性で手や顔が冷たい人は、温めるようにした方が良いし、これはどのアイクリームを使う上でも使えるテクニックだ。

 

使用期間

目のくぼみに効果を実感するためには、「3ヶ月以上」はコツコツ使い続けることを推奨している。

 

肌の細胞が入れ替わる周期は約28日と言われています。そのため、ふっくらとした明るい目元を手に入れていただくためには、肌の周期が3周する3ヶ月以上はコツコツとお使いいただくことをお勧めしております。朝・夜、1日2回の目元ケアとして毎日取り入れてください。

 

28日で1周するということなので、28日経ったところで様子を見て、何かしらの改善傾向が見られれば、そのまま28日×3周=84日(約3ヶ月)続けてみるのが良さそうだ。

 

消費期限

未開封であれば消費期限2年。一方、開封した後は、「保存料や防腐剤を配合しておりませんので、開封後はなるべく2ヶ月以内にお使いください」と記載がある。

 

1本分は朝晩2回の使用で1ヶ月分。何日もサボっていると、2ヶ月以内に使い切れない可能性があるので、毎日まじめに使う必要がある。

 

保存料や防腐剤が入っていないからこそ、鮮度にも気を遣う必要があるのだ。

 

気になる使用感は?

beforeafterjpg

概要が分かったところで、いよいよ実際に自分の顔に使ってみた。その使用感をお伝えする。

 

容器の使いやすさ

まず、注射器のような容器を、ググッと押すのが新鮮で、おもしろい。

 

しかも、ただおもしろいだけでなく、目元に塗るのにちょうどいい1回分が押し出されるのが、よく考えられているなあ、と感心した。

 

よく見ると、説明書には「アイクリーム」ではなく、「アイショットクリーム」と書いてある。確かに、「ショット」と表現したくなるような見た目だ。

 

悩んでいる部位に、ピンポイントでナイスショットを放ってくれそうな期待が高まる。

 

中身の質感

注射器容器からムニュッと出てきたクリーム自体は白くて、なんの匂いもしない。

 

早速まぶたに伸ばしてみると、こってりと濃厚な感触で、一瞬ベタつくかな?と思いきや、いやいや、スルスルとなんの抵抗なくのびていく。まぶたの摩擦は目のくぼみの原因になるので、こののびは重要だ。

 

正直、1プッシュで両目分足りるのか?と思ったが、このクリームはのびるのびる!1プッシュで充分だった。

 

そして、スルスルのびるのに、しっとりするのが、なんだか不思議な感じがした。全くベタつかないのに、肌の内側からうるおっていく感覚だ。

 

全成分を見直してみると、「コメヌカ油、あんず油、アボカド油……」と、いかにも肌に良さそうな油分が並んでいた。

 

以前、アロマオイルのマッサージを受けたときに聞いた話だと、質の良いオイルはベタつかずに、肌の奥へとスーッと浸透するのだそうだ。だから、表面はサラサラっとしているのに、内側がモチッとした肌になるらしい。

 

なんだか、アイキララの中身は、その話を思い出すような感触だった。

 

目のくぼみへの効果

アイキララをまぶたのくぼみに塗った直後から、心なしかまぶたがふっくらし始めたような気がした。まだまだ気のせいだろうと思ったが、なんと。翌朝になると、昨日よりも明らかにまぶたの厚みが増している。

 

一晩ではさすがにコラーゲンは増えないだろうが、まぶた内部の水分がキープされたのは間違いがないようだ。

 

2週間経過すると、明らかな違いが感じられた。落ちくぼんで線が出ていたまぶたのくぼみが、ぐっと持ち上がってきて、線が目立たなくなった。

 

説明書きには「28日間で肌の細胞が1周」と書いてあったので、半周頃から効果が感じられたことになる。

 

肌へのやさしさは?

効果は想像をはるかに超えていたが、肌にやさしくないと、使い続けることに不安を感じる。

 

実は、アイキララのホームページには、肌に刺激を与える成分配合の有無について、情報が載っていないので、購入する前に引っかかったのがこのポイントだ(私が見つけられなかっただけかもしれないが……)。

 

そこで、手元に届いてから全成分を調べてみると、結論として非常に肌にやさしい成分でできていた。

 

着色料・香料・鉱物油の類いは無添加だし、パラベンはもちろん、防腐剤自体が無添加だ。こんなに肌にやさしいのに、なぜ大々的に宣伝しないのかは謎だが、敏感肌の人でも使える処方になっていた。

 

詳しくは、次の「全成分」の項目で説明しよう。

 

全成分を調べてみた

全成分は次の通りだ。全体的に、とても効果のある成分と、安全性の高い成分で構成されていることが分かる。

 

◎印を付けた部分は、保湿成分・美容成分。全体の中で、どれだけ保湿成分・美容成分の占める割合が多いのかが分かる。29の全成分のうち、実に22が保湿成分・美容成分だ。

 

残りの7つの成分も、アイクリームを構成する上で必要最低限の成分しか配合されておらず、アイキララは本当に効果のある成分だけで作られている。

 

成分名 説明
DPG ◎保湿成分
コメヌカ油 ◎保湿成分
パルミチン酸エチルヘキシル ◎保湿成分
グリセリン ◎保湿成分
ベヘニルアルコール ◎保湿成分
トリエチルヘキサノイン ◎保湿成分
ステアリン酸 ◎保湿成分
ステアリン酸グリセリル 乳化剤
セテス-25 乳化剤
ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸 ◎ビタミンC誘導体
パルミトイルテトラペプチド-7 ◎抗シワ成分
パルミトイルトリペプチド-1 ◎抗シワ成分
クリシン ◎抗炎症成分
N-ヒドロキシコハク酸イミド ◎血行促進成分
ステアレス-20 界面活性剤
グルコン酸クロルヘキシジン 抗菌成分
アンズ核油 ◎保湿成分
アボカド油 ◎保湿成分
カニナバラ果実油 ◎保湿成分
ヒマワリ種子油 ◎保湿成分
ナットウガム 増粘剤
BG ◎保湿成分
ジメチコン ◎保湿成分
トコフェロール ◎ビタミンE・血行促進成分
コレステロール ◎保湿成分
シア脂 ◎保湿成分
エチルヘキシルグリセリン ◎保湿成分
カプリル酸グリセリル 界面活性剤

 

有効性に根拠はある?

MGAの配合されているアイキララは医学誌である「医学と薬学」にその有効性を検証した結果が掲載されている。

 

IMG_0207

 

IMG_0208

 

20代以上の女性43名に4週間の間「アイキララ」を使用してもらった所、使用前と比較して目の下の皮膚の色(明るさ・色味)、目の下の皮膚の弾力などが改善したという事が書かれている。

 

化粧品で医学誌に掲載されるというのはかなり珍しい事のようだ。

 

価格は高くもなく安くもない?

価格は、1本10g入りで通常価格が2,980円(税抜)。市場の相場が分からないので、この価格が高いのか安いのかよく分からなかったが、聞いた話だと、アイクリームというのはスキンケア化粧品の中でも最も高価なものらしい。

 

例えば、桃井かおりや綾瀬はるかのCMでおなじみの「SKⅡ」のアイクリームは、15gで11,000円。これに比較すると、2,980円というのがいかにお得な値段なのかが分かる。

 

しかも、定期便に申し込むと最大20%OFFの2,384円まで下がるから、本当に安い。

 

結局、買って良かった?

私は、アイキララを使ったことで、目のくぼみがかなり軽減された。私が最初に見たWEBページに「目の下用」と書いてあったこともあって、最初は購入を少し躊躇してしまった。

 

しかし、目のくぼみのメカニズムを知っていく上で、目の下用であっても、まぶたのくぼみにも効果があるだろうと踏んで購入してみたところ、これが見事にハマった。

 

しかも、試してみて分かったことは、アイクリームというのは、1回こっきりではなく、何ヶ月間も継続して使う必要がある。

 

そうなると、単に効果だけでなく、「お財布へのやさしさ」も重要で、そういう意味ではアイキララは、安くて効果が出るコスパの良いアイクリームだなと思った。

 

総合おすすめ度

総合点数:29点

おすすめ度 備考
目のくぼみケア ★★★★★ 強力な最先端ビタミンC誘導体MGA配合
保湿力 ★★★★★ パルミトイルテトラペプチド、米油、あんず油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油配合
低刺激 ★★★★★ 無添加(着色料・香料・鉱物油・パラベン・防腐剤)
伸びの良さ ★★★★★ スルスルよく伸びてストレスなし
香り ★★★★☆ 無臭(無臭好きなので私は高評価だが、香りがないと嫌な人にはおすすめしない)
コスパ ★★★★★ 定期便利用での最安値は

1本あたり10g・2,384円(税抜)

※1gあたり238円

気になるところといえば、香りくらいしか思い付かなかった。私は化粧品臭いニオイがするのは苦手なので、無臭で全く問題ないのだが、中には香りがないと嫌だという人もいるかもしれない。

 

目のくぼみに最短で効果を出すためには、なんといってもビタミンC誘導体の質が重要なことが、今回身に染みて分かった。

 

MGAというすごいビタミンCが配合されており、しかも価格が手頃なアイキララは、目のくぼみが気になる全ての人のファーストチョイスとしておすすめできる。

 

2週間で効果を実感するアイキララの詳細ページへ

aikiraratanpin